サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 美術館はサブカル展頼り!?【アート業界関係者覆面座談会】
第1特集
奮闘続くアート業界関係者座談会【1】

ジブリにマンガ、サブカルチャー展頼り!? 奮闘続くアート業界関係者覆面座談会

+お気に入りに追加

――要注目の企画展があちこちの美術館で開催されている近年。瀬戸内国際芸術祭やあいちトリエンナーレなど、地方の芸術祭も盛り上がっている。しかしそのお膳立てをするアート業界は、リーマンショック以降の傾きであちこちにほころびが……。業界関係者たちに、今のアート界の現状と問題点、そして関係者しか知らないゴシップを徹底的に聞いた!

【座談会参加者】
A:美術館スタッフ、30代

B:美術ライター、20代
C:ギャラリースタッフ、20代

1309_news_zadankan.jpg
『TOKYO美術館 2013-2014』(エイ出版社)

A 「サイゾー」でアート特集ということなんだけど、今そんなにアート業界って盛り上がってるように見えるのかな? 中にいる実感としては正直、景気のいい話が多いという感じは全然しないんだけど……。

B 地方のアートイベントが増えていて、メディアで取り上げられる機会も増えているからじゃないでしょうか? 「瀬戸内国際芸術祭」(香川)や「あいちトリエンナーレ」(愛知)、新潟の「大地の芸術祭の里 越後妻有アートトリエンナーレ」あたりが今まさに会期中ですが、ちょっとしたアート好きの間では、わりと話題に上がりますよね。

C ギャラリーや美術館が集中している東京だけでなく、町おこしも兼ねた地方の事業としてアートが扱われる場が増えたのはいいことに思えますよね。アーティストからしても、美術館で展示して終わり、というだけでない流れを作れるし。まぁ、地方ではパブリックアートになりやすい、モニュメント化しやすい作品を作れる作家やパフォーミングアーツ系の作家が呼ばれやすくて、小型の繊細な作品を得意とするような作家は相性が悪いですが。

A こうした地方のアートイベントのモデルケースになってるのは、2000年から始まっている越後妻有なんだよね。越後妻有トリエンナーレは総合ディレクターが北川フラムさん(代官山「アートフロントギャラリー」ディレクター)で、総合プロデューサーはベネッセ会長の福武總一郎さん。この組み合わせはそのまま瀬戸内国際芸術祭も同じ布陣で、彼らが越後で培ってきたメソッドをそのまま応用させているわけで、そりゃ初回から来場者数が26万人(のべ)にもなるはずだ。

B 新潟のアート好きの間では、「越後妻有トリエンナーレ」のボランティアスタッフを務めるのが一種のステータスになってるみたいですね。ただ、地方の行政が主導しているところだと、担当者が開催年ごとに替わったりして、ゼロからのリスタートになる場合もある。芸術監督を外部から招聘して、キュレーターを指名して、スタッフを雇って……と毎回やっていると、なかなかノウハウが蓄積されないところはありますね。

C だからやっぱり、プロデューサーや芸術監督の力は大きいですよね。愛知は、メイン会場になっている愛知芸術文化センターというホールに以前からちゃんとキュレーターがいて、オペラやクラシックコンサートをやる一方で、実験音楽家ジョン・ケージ【註1】の追悼公演をやるようなコンテンポラリーへの理解もあったりして、比較的文化事業への意欲がある行政だと、携わった人から聞きました。今回の「あいちトリエンナーレ」は、建築評論家の五十嵐太郎さんが芸術監督なんですよね?

B そうそう。だから内容も、土地や建物を利用した展示が多い。地方のアートイベントとはいっても、愛知はやっぱり都会だから、越後や瀬戸内みたいに自然豊かな風土の中で……というわけにはいかないので。

 愛知の場合は、第1回(2010年)からかなり地元が盛り上がって、早くから受け入れ態勢になっていました。シャッター商店街になっていた旧問屋街の長者町に若いアーティストが移住してきて、まるまる一棟ビルを改造したアーティストの集うビルができたりしてます。ああいう盛り上がり方ができるのは、結構成功例なんじゃないでしょうか。越後の場合は、そこにいたるまで時間がかかったと聞きます。

A 「あいちトリエンナーレ」は05年の愛知万博の成功を受けて、「何かまたデカいイベントをやって人を集めたい」と県側が考えたのがスタートとして大きいんだよね。愛知に限らず、最近こうしたアートイベントが増えたのって、ハコモノ行政からソフトへの移行という面があるんだと思う。でも、それにしても数が多すぎる。お客さんやメディアも、そろそろ食傷気味なんじゃない?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』