サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 日本国内の行くべき【美術館】8選!
第1特集
奮闘続くアート業界関係者座談会【2】

サブカル展は森美術館の十八番?今足を運ぶべき日本の美術館8選

+お気に入りに追加
1309_zadankai_01.jpg

■ベーコン展がスマッシュヒット
【1】東京国立近代美術館
開館/1952年 所在地/東京都千代田区北の丸公園3-1 館長/加茂川幸夫 得意ジャンル/近現代芸術所蔵/約1万2000点

少々アクセスの悪い立地にあるが、「生誕100年 岡本太郎展」(11年3~5月)、「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」(12年2~5月)など、幅広い年代にリーチする企画展を毎年開催している。今年はなんといっても「フランシス・ベーコン展」(3~5月)が目玉だった。国内に収蔵作品がないわけではないが、一堂に会する機会は珍しかったのか、若年層の来場者も多かったという。


1309_zadankai_02.jpg

■六本木の中心でジョジョも会田誠も
【2】森美術館
開館/2003年 所在地/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階 館長/南條史生 得意ジャンル/現代美術 所蔵/約200点 

六本木ヒルズの中心部にそびえる、森タワー内に作られた、日本最高所にある私立美術館。52階には森アーツセンターギャラリーも入っている。館長の南條氏はヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナーなどを務めたバリバリの美術畑生え抜き。昨年は会田誠展において「ポルノ被害と性暴力を考える会」から抗議を受けたが、見事に突っぱねるという、プライベート美術館ならではの対応を見せた。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』