サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 先鋭的で【キケンな芸術家】たち10選!
第1特集
サイゾー的 現代美術家ガイド!【2】

体を張るChim↑Pomに反原発デモを逆走する丹羽良徳…キケンな芸術家10選!

+お気に入りに追加

サブカルを浸食する造型物

【1】金氏徹平
1978年生まれ。おもちゃやコーヒーの染みなど身の回りのものを用い、モチーフの境界を溶かすような造型物などを制作。2009年に横浜美術館での個展を最年少で実現した。写真家・梅佳代らとのユニット「ハジメテン」としても活動する。

1309_artist_02.jpg
1:《Teenage Fan Club #23》2009
1309_artist_03.jpg
2:《Muddy Stream from a Mug #9》2009
1309_artist_04.jpg
3:《White Discharge(建物のようにつみあげたもの #23)》2013

copyright the artist courtesy ShugoArts

体を張って“常識”を問う!

【2】Chim↑Pom
2005年結成、6人組のアーティスト集団。渋谷センター街を跋扈する野生のネズミを捕獲してピカチュウのように塗装した作品などが有名。都市社会のタブーや原発問題にも体を張って挑む作風が、美術外からも賛否両論を集める。

1309_artist_05.jpg
1:《RED CARD》2011
1309_artist_06.jpg
2:《S-H-O-P-P-I-N-G》2012
1309_artist_07.jpg
3:《LEVEL 7 feat. 『明日の神話』》 2011

©Chim↑Pom Courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo

反原発デモを逆走する!

【3】丹羽良徳
1982年生まれ。社会主義者を胴上げするためにルーマニアの共産党で交渉したり、旧東ドイツエリアの水たまりの水を口で吸って西ドイツ側に移したり、公共空間を舞台に交換や不可能性をテーマに制作。近年は国家や歴史も表現の射程に。

1309_artist_08.jpg
1:《デモ行進を逆走する》2011
1309_artist_09.jpg
2:《水たまりAを水たまりBに移しかえる》2004
1309_artist_10.jpg
3:《ルーマニアで社会主義者を胴上げする》2010

©Yoshinori Niwa Courtesy of Ai Kowada Gallery

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』