サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【2000年以降】新世代アニソン期
第1特集
SMAPやGLAYも!アニソンとタイアップの蜜月関係【2】

有名アーティストのCD・レコードで見る!年代別アニソン・タイアップ楽曲の歴史

+お気に入りに追加

──やしきたかじんから浜崎あゆみ、Dragon Ashまで、新旧問わず有名アーティストたちの多くはアニソンを歌っている。年代別にその楽曲を挙げてみた。中には、アニソンとして認知されていないものも!

【1960年代】アニソン黎明期

1308_anime_03.jpg

■アニソンはここから始まった
上高田少年合唱団
「鉄腕アトム」(1963年)
『鉄腕アトム』
(1963~1966年)


1308_anime_04.jpg

■提供社名まで歌詞に
デューク・エイセス
「鉄人28号」(1964年)*ソノシートにて発売
『鉄人28号』
(1963~1966年)


1308_anime_05.jpg

■ダブルミリオンの大ヒット!
石川進・曽我町子
「オバQ音頭」(1966年)
『オバケのQ太郎』
(1965~1967年)


1308_anime_06.jpg

■アニソンシンガーの誕生
堀江美都子・コロムビアゆりかご会
「紅三四郎」(1969年)
『紅三四郎』
(1969年)


■子どものための唱歌だった
当時は「テレビまんが」と呼ばれ、子どものための存在だったアニメ。当然その主題歌も、子どものために作られたものばかりだった。タイアップではないが、「鉄人28号」は歌詞の中にスポンサー企業「グリコ」の社名を盛り込んでいた。また、「オバQ音頭」のレコードが記録的ヒットを飛ばす。アニメソングの商業的な可能性を示した最初の例といえる。

【1970年代】コロムビア全盛期

1308_anime_07.jpg

■アニメOPに実写で登場
須藤リカ/南こうせつとかぐや姫
「海のトリトン」(1972年)
『海のトリトン』
(1972年)


1308_anime_08.jpg

■“アニソンの帝王”の代表曲
水木一郎
「マジンガーZ」(1973年)
『マジンガーZ』
(1972~1974年)


1308_anime_09.jpg

■ジュリーも歌った!
沢田研二
「ヤマトより愛をこめて」(1978年)
劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』
(1978年)


1308_anime_10.jpg

■アニサマ2013でもテーマ曲に
ゴダイゴ
「THE GALAXY EXPRESS 999」(1979年)
劇場版『銀河鉄道999』
(1979年)


■才能が集結するアニメソング
売れないアーティストが、アルバイトとしてアニソンを歌うケースが増え始める。結果的にさまざまなバックボーンを持つアーティストがアニソン業界に集まり、菊池俊輔や渡辺宙明といった作曲家によって、音楽性の多様化が始まる。また、ハイティーンにヒットするアニメの出現で、アニメ番組がプロモーションの場として評価され始めるのもこの頃から。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』