サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ディーヴァ】たちのキテレツ&トンデモ発言集
第1特集
西野カナは浜崎あゆみの劣化版!ディーヴァの進化と退化【2】

混乱するYUKI、お祈りを欠かさないUA……ディーヴァたちのキテレツ&トンデモ発言集

+お気に入りに追加

――かつて倖田來未の「羊水発言」が物議を醸したが、ディーヴァたちの思考回路は、常人とはやはり異なるのかもしれない──。そう思えてしまう歌姫の発言を、過去の音楽誌などのインタビュー記事からピックアップしてみた。

1308_diva_05.jpg

【歌姫1】繊細な歌詞はぶっ飛ばす!
CHARA
『Junior Sweet』エピック/1997年

「♪窓が曇って~どうたらこうたら~っていうのはもうすっ飛ばして、自分の感情のウゥーッ! みたいなのを出したいの。わたし、ずうずうしいのかな」
出典:「ROCKIN’ON JAPAN」1991年11月号

[解説]
女・岡村靖幸と呼ばれたこともあったCHARAのデビュー当時の発言。女性シンガーの歌詞といえばこまやかな風景描写から繊細な心理描写へ、という定番の流れですが、回りくどさをぶっ飛ばしたい気分にあふれております。

1308_diva_06.jpg

【歌姫2】お人形なんかになりたくない!
安室奈美恵
『SWEET 19 BLUES』エイベックス/1996年

「あたしはイヤなものはイヤって言えるんです。デビューのときからずーっとそう」
出典:「PATi PATi」1996年9月号

[解説]
歌以外は他人に任せているけど別にお人形じゃない、という安室の自負が見える一言。昔からスタッフに「髪はストレートでなきゃダメ」「メイクはこうでなきゃ」と言われ続けて、それに反発し続けたといいます。

1308_diva_07.jpg

【歌姫3】困ったときはキリスト頼み!
UA
『11』ビクター/1996年

「イエス様っていうのがもうすごい偉いと思ってて、おかあさんに怒られる時はいつも『イエズス様! おねがいしま~す!!』とかって、もうイエズス様にいっつも祈る子やってん」
「ROCKIN’ON JAPAN」1996年12月号

[解説]
小さい頃の自分を振り返っての発言。カトリック系の幼稚園に通っていたために「困ったときの神頼み」の対象はイエス=キリストだった様子。神様へのお祈りを欠かさない良い子だったことが想像できますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』