サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 女性誌ジャンル別【最新モデル】動向
第1特集
雑誌とモデルと芸能プロのアヤしい三角関係【2】

このファッション誌にはこの人気モデルあり! 女性誌ジャンル別最新モデル動向

+お気に入りに追加

──多岐にわたる女性ファッション誌を無理やり6ジャンルに絞り込み、ジャンル分析と共に看板モデルをご紹介!

赤文字系

1307_az_magazin_vivi.jpg

■赤文字総崩れの中ひとり気を吐く
ViVi
発行/講談社 発行部数/約33万部 創刊/83年

【オトコ関係がむしろウリ!?】
藤井リナ(28)
84年7月2日生まれ スターダストプロモーション所属

専属モデルだった蛯原友里、押切もえが一時代を築いた「CanCam」(小学館)だが、年を取った彼女たちの移籍と共に読者も「AneCan」に移行。オトコ受けを狙ったコンサバカジュアルに需要がないのか、赤文字系雑誌は全般的に売り上げが落ち込んでいる。現在は、実質ギャル誌へと路線変更した「ViVi」がひとり気を吐いている状態。媚びない色気を醸し出す、藤井リナ、エリーローズ、紗羅マリー、トリンドル玲奈などナマイキ系のハーフモデルが人気を集める中、同誌は現在、創刊30周年を記念してプロアマ問わずの専属モデルオーディションを開催中。過去にはローラも専属モデルを務めていたように、芸能界のハーフモデルブームの一端を担っている。

青文字系

1307_az_zipper.jpg

■いち現場数千円で読モフル稼働
Zipper
発行/祥伝社 発行部数/約14万部 創刊/93年

【彼女に未来はあるのか!?】
きゃりーぱみゅぱみゅ(20)
93年1月29日生まれ アソビシステム所属

現在最も勢いがあるのが「Zipper」、「CUTiE」(宝島社)、「KERA」(インデックス・コミュニケーションズ)などの青文字系雑誌。読者モデル中心の構成で、きゃりーぱみゅぱみゅやAMOYAMOなどもこれらの雑誌から羽ばたいていった。モデルは街頭スナップで発掘されることが多く、毎年春には雑誌編集者たちが美容系専門学校の入学式の校門前で未来のスターを探しているとか。一般的な読モのギャラはいち現場5000円程度と安く設定されているが、名前が売れると芸能事務所に所属し、ギャラも跳ね上がる。武智志穂、田中里奈、青柳文子など熱狂的なファンを数多く持ちながら、タレントとしての一般的な知名度は皆無に近いモデルが多いことも特徴。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』