サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 女性誌ジャンル別【最新モデル】動向
第1特集
雑誌とモデルと芸能プロのアヤしい三角関係【2】

このファッション誌にはこの人気モデルあり! 女性誌ジャンル別最新モデル動向

+お気に入りに追加

──多岐にわたる女性ファッション誌を無理やり6ジャンルに絞り込み、ジャンル分析と共に看板モデルをご紹介!

赤文字系

1307_az_magazin_vivi.jpg

■赤文字総崩れの中ひとり気を吐く
ViVi
発行/講談社 発行部数/約33万部 創刊/83年

【オトコ関係がむしろウリ!?】
藤井リナ(28)
84年7月2日生まれ スターダストプロモーション所属

専属モデルだった蛯原友里、押切もえが一時代を築いた「CanCam」(小学館)だが、年を取った彼女たちの移籍と共に読者も「AneCan」に移行。オトコ受けを狙ったコンサバカジュアルに需要がないのか、赤文字系雑誌は全般的に売り上げが落ち込んでいる。現在は、実質ギャル誌へと路線変更した「ViVi」がひとり気を吐いている状態。媚びない色気を醸し出す、藤井リナ、エリーローズ、紗羅マリー、トリンドル玲奈などナマイキ系のハーフモデルが人気を集める中、同誌は現在、創刊30周年を記念してプロアマ問わずの専属モデルオーディションを開催中。過去にはローラも専属モデルを務めていたように、芸能界のハーフモデルブームの一端を担っている。

青文字系

1307_az_zipper.jpg

■いち現場数千円で読モフル稼働
Zipper
発行/祥伝社 発行部数/約14万部 創刊/93年

【彼女に未来はあるのか!?】
きゃりーぱみゅぱみゅ(20)
93年1月29日生まれ アソビシステム所属

現在最も勢いがあるのが「Zipper」、「CUTiE」(宝島社)、「KERA」(インデックス・コミュニケーションズ)などの青文字系雑誌。読者モデル中心の構成で、きゃりーぱみゅぱみゅやAMOYAMOなどもこれらの雑誌から羽ばたいていった。モデルは街頭スナップで発掘されることが多く、毎年春には雑誌編集者たちが美容系専門学校の入学式の校門前で未来のスターを探しているとか。一般的な読モのギャラはいち現場5000円程度と安く設定されているが、名前が売れると芸能事務所に所属し、ギャラも跳ね上がる。武智志穂、田中里奈、青柳文子など熱狂的なファンを数多く持ちながら、タレントとしての一般的な知名度は皆無に近いモデルが多いことも特徴。

ギャル系

1307_az_magazin_edge.jpg

■なぜか押尾学獄中手記も!
EDGE STYLE
発行/双葉社 発行部数/約15万部 創刊/10年

【めっちゃいい子です!】
鈴木奈々(24)
88年7月9日生まれ ツインプラネット所属

「Popteen」(角川春樹事務所)、「egg」(大洋図書)、そして「EDGE STYLE」など、ギャルという共通点はあるものの幅広いバリエーションを持つ多くの雑誌が存在。青文字系同様、小森純や鈴木奈々など読者モデルから人気タレントになっていくパターンが多いが、読みもの記事での生い立ちや悩みなどの自分語りがウリであるためバラエティ番組への進出もスムーズ。身近で等身大な存在がウリでファンとの絆も大切にするため、プロデュースグッズなどの販売にも積極的だが、ゆえにステマ騒動を起こしやすい土壌が形成されているとの指摘も。一方で、押尾学の獄中手記を公開するなど芸能人の独占告白記事も多く、非常に個性的。

ティーン誌系

1307_az_magazin_seven.jpg

■大昔は週刊マンガ誌でした
Seventeen
発行/集英社 発行部数/約31万部 創刊/68年

【10代に圧倒的な人気のカリスマ】
西内まりや(19)
93年12月24日生まれ ヴィジョンファクトリー所属

多くの若手女優を輩出した「Seventeen」の現在の人気モデルは、『ピカルの定理』(フジテレビ系)のレギュラーも務める西内まりやである。もともとは、もう少し下の世代向けのライバル誌「ニコラ」(新潮社)で専属モデルを担当、卒業直後に「Seventeen」に移籍した。「ニコラ」のほか「ピチレモン」(学研パブリッシング)などローティーン向けのファッション誌では、SUPER☆GiRLSの前島亜美やE-girlsの山口乃々華など、アイドルユニット所属のタレントが専属モデルを務めるケースも増えている。西内のヴィジョンファクトリーやLDHなどがこの分野で勢いを伸ばしており、逆にこの分野の雄スターダストプロモーションの影響力は低下傾向にある。

宝島系

1307_az_magazin_sweet.jpg

■いまだ100万部超のマンモス雑誌
sweet
発行/宝島社 発行部数/約100万部 創刊/99年

【最近はすっかりモデルに専念】
梨花(40)
73年5月21日生まれ スターダストプロモーション所属

宝島社が発行するファッション誌は独特で、いわゆる専属モデル制は取らず、表紙には著名タレントを起用。付録つき雑誌でヒットを飛ばした同社は、付録をつくるための関係工場が中国に存在するという。中でも最も売れている「sweet」は、号によってはいまだに100万部を超えることもあるというマンモス雑誌。強いブランド力を持つため、広告出稿したがるクライアントは非常に多い。タイアップ記事が多く誌面的には面白みがないという意見もあるが、売れている雑誌なので出たがるタレントは多い。表紙の顔ぶれは梨花や安室奈美恵、平子理沙など、固定ファンを持つ同誌にとっての鉄板モデルやアーティストが多いのも特徴。

アラサー系

1307_az_magazin_more.jpg

■どうしても「with」と混同するよね
MORE
発行/集英社 発行部数/約41万部 創刊/77年

【卒業したらやることあるの?】
篠田麻里子(27)
86年3月11日生まれ サムデイ所属

競合誌の多いカジュアル系アラサー雑誌。「MORE」と「with」(講談社)を中心に、「美人百花」(角川春樹事務所)、「and GIRL」(エムオン)や、美容やコスメを中心とした「ar」(主婦と生活社)など百花繚乱。「non-no」(集英社)を卒業した女性の受け皿として作られた「MORE」では、AKB48の篠田麻里子が専属モデルを務めているが、「Ray」(主婦の友社)専属の香里奈、今春「non-no」を卒業した佐々木希など、このジャンルには女優兼モデル的な活動をする芸能人が多い。比較的高年齢層向けの雑誌ゆえ、1着10万円の洋服が掲載されていたこともあったが、現在ではワンピースでも高くて1万円台。モデルもファッションもリーズナブルな時代である。

【註】各発行部数は、日本雑誌協会の発表による、13年1~3月に発売された号の平均印刷部数

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ