サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 「POPEYE」は○? 辛口"ファッショ...
第1特集
アパレル社員が斬る"使えない"ファッション誌はこれだ!

「POPEYE」は○? 辛口"ファッション誌"批評 有名アパレルメーカー社員座談会

+お気に入りに追加

 星の数ほどあるファッション誌だが、アパレル業界関係者が参考にしているのは一体どの雑誌なのか? いざ話を聞くと、ファッション誌のトホホな現状が明らかになってきた――。

[座談会参加者]

A:大手セレクトショップ男性スタッフ
B:海外ブランドショップ男性デザイナー
C:女性向けブランドショップ女性スタッフ
D:大手セレクトショップ女性スタッフ

A 今回は、「サイゾー」でファッション系の使えるメディア、使えないメディアを選ぶってことだけど、ファッション誌に関しては、最近全然買わなくなった。それこそ若い頃は「Hot-Dog PRESS」(講談社/2004年休刊)とかを読んでいたけど。

B 全体的に、今のファッション誌は、懇意にしているブランドの新作をずらずら並べているだけの商品カタログになってるからね。今はストリート系とかモード系っていう雑誌のスタイルが見えないものが多すぎる。

C そうそう! 私が今働いているのは、渋谷的なギャル系と個性の強い原宿系の中間みたいなブランドなので、5年ぐらい前まではサーフ系の雑誌「Fine」(日之出出版)を読んでました。それで久しぶりに読んでみたら、すごくつまらなくなっててびっくり(笑)。昔は「Tシャツ特集」でも、ビーチのロケでイメージカットを撮影して、紹介している服に合う雰囲気を演出していたけど、今は白い背景に商品を羅列してるだけのページが多くて、ヒドイ。

A 撮影のために商品を無料でリースすることもあるけど、雑誌の編集者やスタイリストも時間がないからなのか、良いものを選ぼうとなんてしてないからね。「時間もないので、とりあえず端から端まで貸してください」とか言われたこともあったよ。

D しかも、どういう企画のページに載るかを教えてくれなかったりするから、出来上がった雑誌を見たら掲載されたカットがすごく小さかったり、ひどい時にはどこに載ってるのかすらわからない(苦笑)。

C プレスの人に聞いた話だと、力関係でいうと、よっぽどのハイブランドじゃない限り、メーカーより雑誌のほうが強い。うちの商品を掲載してもらおうと、編集部に売り込みに行ったら、門前払いされたこともあるとか。青文字系では、「JILLE」(双葉社)とか「mini」(宝島社)あたりは力が強いらしい。

D 女性誌はまだ影響力があるんだ? 個人的には、「MORE」(集英社)とか「Zipper」(祥伝社)は、カタログっぽくて、わざわざ買わなくてもいいかなと(笑)。

B タイアップ記事が多いと、買いたくなくなります。雑誌のタイアップって、明らかにほかのページと構成が違っていて、誌面を見ればすぐわかっちゃう。先日、雑誌の広告営業が来たんだけど、1ページ当たりの掲載料は50万円って言われました。どれだけ効果があるかわからない広告に、そんなに出せないよ。

D 50万円なら雑誌広告としては、安いほうじゃないかな。雑誌にもよるんでしょうけど、大体相場は1ページ100万円って聞いたことがあります。

A 反対に、最近面白いのは「POPEYE」(マガジンハウス)。1年ほど前に誌面を大きくリニューアルして、以前から標榜していた「シティボーイ」というコンセプトを強調して打ち出すようになった。それと同時に、スタイリストに長谷川昭雄さんを起用して、デザイナーからの評価も高いよ。

一昔前のテレビ・ディレクター風!?
『POPEYE』

1307_zadankai_02.jpg

(絵/都築潤)

1976年にマガジンハウスから創刊され、80年代のユースカルチャーに多大な影響を与えたライフスタイルファッション誌。現在の発行部数は5万部弱。12年5月号でリニューアルを行い、アパレル関係者からは好評。襟付きシャツとオシャレネクタイ、半ズボンは、シティボーイ的にはマストアイテム。一昔前のテレビ・ディレクターよろしく、上着は肩か腰に巻くもの。一部モデルが着用している大江健三郎風の黒縁眼鏡からも、その知性がにじみ出ている。


C 私は、ストリートスナップを大々的に掲載してる「FRUiTS」「TUNE」(共にストリート編集室)が、着こなし方の参考になるし、モデルは基本的に読者なので、「この服、私も欲しいな」と思わせるような作り方をしていると思う。

B 僕の場合、ファッション情報はネットで仕入れるようになりました。ハイストリートをテーマにしたウェブマガジン「Houyhnhnm(フィナム)」のブログや、海外のファッションウェブマガジン「HYPEBEAST」「HIGHSNOBIETY」は情報が早いからよく見てる。「ELLE girl」(ハースト婦人画報社)や「NYLON JAPAN」(トランスメディア)は、「ELLE girl CURATOR」とかって雑誌名を冠したブロガーを集めているけど、日本のファッション系ブロガーの中には、ここらへんからネタを拾ってきてる人も多いはず。日本の雑誌は、今のトレンドを確認するために見るっていう読み方が多くなったかな。

D 海外の影響は強く感じますね。最近だと、海外セレブのスナップを集めた雑誌「WOMAN Celebrity Snap」(日之出出版)が売れているとか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』