サイゾーpremium  > 特集  > 政治・経済  > グリーをシカトの「ダイヤモンド」…「使えない経済誌」はコレだ!
第1特集
一刀両断!「使える経済誌」vs「使えない経済誌」【1】

グリーの抗議もシカトの「ダイヤモンド」!? 「使えない経済誌」はコレだ!

+お気に入りに追加

――書店やコンビニの経済誌・ビジネス誌コーナーに行くと、数多くの雑誌が並んでいて、どの経済誌を読み、どこまで信用してよいのか、もはや判断できない状態!ということで、斬り捨て御免の本企画! “雑誌界の墓場”ことサイゾーが「使える経済誌」「使えない経済誌」をバッサリと一刀両断いたします!

1305_keizaishi.jpg
「週刊 東洋経済 2013年 4/20号」(東洋経済新報社)

 経済誌は、その時々の景気に合わせて「意見」をコロコロと変えることで生き延びてきたふしがある。そこで今回は、各誌の過去記事や経済誌記者など事情通の意見をベースに、それぞれの強みや特徴などを一誌ずつ紹介・解説していきたい。

 まずは一般に流通している経済誌の中から「使える経済誌」をご紹介しよう。「使える」の定義としては、まず経済誌としての情報の信頼性の高さ。それから、経済界の裏ネタをどれだけスクープしてきたのか? といった部分を指標としている。本来であれば、「オリンパス事件」などをスクープした「月刊FACTA」を「使える経済誌」として入れたいところなのだが、同誌は年間定期購読の会員制雑誌という特殊性のため、あえて今回は除外した。

 トップバッターの「週刊東洋経済」(東洋経済新報社)は不動の存在感。日本の株式市場の情報の礎となる『会社四季報』(同)を販売する出版社の基幹メディアとしてのプライドが見てとれる。「『週刊東洋経済』は、意思決定権を握る企業のマネジメント層を中心に、高い信頼を得ています。驚くべきは創刊年が1895年であること(当時の誌名は「東洋経済新報」)。100年以上続いている経済誌なんて日本では唯一無二ですよ」と中堅経済アナリストお墨付きの雑誌である。

 続いての「日経マネー」(日経BP社)は読者の対象を40代から60代までの中高年に想定しており、株式投資などの流動的な内容を扱っている。例えば09年7月号で推奨されているコマツだが、当時の株価は1410円。ところが今年4月5日現在の終値では2201円と躍進。同じく推奨されていた3790円だったトヨタ自動車も5090円(4月5日現在)と上昇。アベノミクスの影響もあるにせよ、見事に株価の上昇を当てている。

「日経マネー」よりも若い層の読者を得ている「週刊エコノミスト」(毎日新聞社)は、「高級腕時計やゴルフ会員権、 ブランド品が売れ始めた!」(13年4月9日号)など、タブロイド夕刊紙並みのセンセーショナルな見出しを打っているが、いざ中身を開くと、財界人たちによる寄稿で占められていて、経済状況を考察する記事は皆無に等しい。「『エコノミスト』は経済界の人たちの原稿をいい加減に集めてくるため、内容に一貫性がない」(経済誌記者)との指摘も。ただし、09年7月14日号で、不動産投資顧問事業や投資事業などを行う子会社を持っていた株式会社ダヴィンチ・ホールディングスの資金繰り悪化をスクープしている。当時、ダヴィンチ・ホールディングス側は主要取引銀行などとの良好関係などを背景に、全面否定。しかし、10年に約263億円の連結最終赤字を計上後、約110億円の債務超過に転落し上場廃止した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』