サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【医療/岩波明】松尾スズキ原作で描かれた閉鎖病棟の"閉塞感"
第1特集
各業界の"本職"に聞く「オレたちのタブーを破った映画」【4】

精神科医・岩波明が注目する 閉鎖病棟独特の”閉塞感”をリアルに描いた映画

+お気に入りに追加

岩波明(いわなみ・あきら)
1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒。精神科医。都立松沢病院をはじめ、多くの精神科医療機関で診療に当たり、現在、昭和大学医学部精神医学教室教授。多数の著作を持ち、2月には『精神科医が読み解く名作の中の病』(新潮社)が発売される。

1303_wide_4.jpg

 病気や医療現場の実際をよく知らずに表面的に扱っている作品はインパクトを感じられません。その点『クワイエットルームにようこそ』【9】は、精神病院の内部がかなり克明に描かれており、精神医療の実態に迫った作品といえるでしょう。28歳のフリーライター明日香が睡眠薬のOD(オーバードーズ)で内科に救急搬送され、胃洗浄後、希死念慮(自殺願望)があると見なされ、精神病院に転院させられます。目が覚めたところは「クワイエットルーム」と患者が呼ぶ保護室。そこから女子閉鎖病棟で過ごす14日間を描くというストーリーです。

 病棟には、過食嘔吐を繰り返す拒食症、統合失調症などさまざまな患者がいるのですが、その様子が実にリアル。統合失調症患者がライターで髪に火をつけてチリチリになってしまうシーンがありますが、現実にも起こることです。精神科の閉鎖病棟は非常に不安定な患者さんのための施設ですから、病棟の出入り口が施錠され、外部からは隔離された別世界。刑務所のようだといわれれば、一面においては確かにそうですね。暴力シーンも出てきますが、男性患者の病棟だとカツアゲありイジメあり、殺人未遂も起こったりする。特に民間の精神病院などは、わずかな数の医師で多くの入院患者を管理しているところもあり、なかなか目が行き届かないことも多いですから。

 統合失調症の患者さんの入院期間は数年にわたることもありますが、病室は狭く、カーテンの仕切りくらいでプライバシーもあまりないところが多い。その点もリアルでし実態を反映しています。ジャック・ニコルソン主演の名作『カッコーの巣の上で』【10】はアメリカの精神病院が舞台ですが、清潔で非常に広々としている。実際に欧米にはそのような病院が多く、日本の現状とは対照的。日本の精神病院の、特に入院環境の劣悪さは批判の的となってかなりの年月がたちますが、まだまだすべてが改善されているとは言い難い状況です。これは、個々の病院の責任というよりも、こうした状況へと誘導した昔の厚生省にこそ責任があるのですが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』