サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【医療/岩波明】松尾スズキ原作で描かれた閉鎖病棟の"閉塞感"
第1特集
各業界の"本職"に聞く「オレたちのタブーを破った映画」【4】

精神科医・岩波明が注目する 閉鎖病棟独特の”閉塞感”をリアルに描いた映画

+お気に入りに追加

岩波明(いわなみ・あきら)
1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒。精神科医。都立松沢病院をはじめ、多くの精神科医療機関で診療に当たり、現在、昭和大学医学部精神医学教室教授。多数の著作を持ち、2月には『精神科医が読み解く名作の中の病』(新潮社)が発売される。

1303_wide_4.jpg

 病気や医療現場の実際をよく知らずに表面的に扱っている作品はインパクトを感じられません。その点『クワイエットルームにようこそ』【9】は、精神病院の内部がかなり克明に描かれており、精神医療の実態に迫った作品といえるでしょう。28歳のフリーライター明日香が睡眠薬のOD(オーバードーズ)で内科に救急搬送され、胃洗浄後、希死念慮(自殺願望)があると見なされ、精神病院に転院させられます。目が覚めたところは「クワイエットルーム」と患者が呼ぶ保護室。そこから女子閉鎖病棟で過ごす14日間を描くというストーリーです。

 病棟には、過食嘔吐を繰り返す拒食症、統合失調症などさまざまな患者がいるのですが、その様子が実にリアル。統合失調症患者がライターで髪に火をつけてチリチリになってしまうシーンがありますが、現実にも起こることです。精神科の閉鎖病棟は非常に不安定な患者さんのための施設ですから、病棟の出入り口が施錠され、外部からは隔離された別世界。刑務所のようだといわれれば、一面においては確かにそうですね。暴力シーンも出てきますが、男性患者の病棟だとカツアゲありイジメあり、殺人未遂も起こったりする。特に民間の精神病院などは、わずかな数の医師で多くの入院患者を管理しているところもあり、なかなか目が行き届かないことも多いですから。

 統合失調症の患者さんの入院期間は数年にわたることもありますが、病室は狭く、カーテンの仕切りくらいでプライバシーもあまりないところが多い。その点もリアルでし実態を反映しています。ジャック・ニコルソン主演の名作『カッコーの巣の上で』【10】はアメリカの精神病院が舞台ですが、清潔で非常に広々としている。実際に欧米にはそのような病院が多く、日本の現状とは対照的。日本の精神病院の、特に入院環境の劣悪さは批判の的となってかなりの年月がたちますが、まだまだすべてが改善されているとは言い難い状況です。これは、個々の病院の責任というよりも、こうした状況へと誘導した昔の厚生省にこそ責任があるのですが。

 精神疾患の描かれ方として対照的なのは、村上春樹原作で、映画化もされた『ノルウェイの森』。明言されていませんが、ヒロインの直子は統合失調症だと思われます。しかし、この作品での病気の描かれ方は美しすぎて、医師としてはありえないと思ってしまう。もちろん村上春樹は、確信犯的に美化したのでしょうが。

『スキャナー・ダークリー』【11】は、SFファンにとっては、原作からしてある意味タブー破り。フィリップ・K・ディックの小説はたいていラストにSF的な啓示がありカタルシスを得られることが多い。しかし本作は最後まで救いようがなく、ディックファンとしては「ちょっと……」という思いがありますから(笑)。

 舞台は、「物質D」という覚せい剤のような薬物が蔓延する近未来のアメリカ。潜入捜査官のフレッドが麻薬常習者たちと共同生活を送り、密売人の捜査をするうち、自らも麻薬に溺れてしまうという話です。

 実はディック自身が覚せい剤の常用者で、「隠者の家」なる共同体を作ってジャンキーたちと生活をしていたことがある。つまりこの作品はその体験から着想を得ているわけで、覚せい剤患者が小説を書き、しかもそれが映画化されてしまったという点でもタブー破りかもしれませんね。

 覚せい剤を乱用すると、統合失調症に似た「覚せい剤精神病」を発病します。作品の冒頭で、虫がいると言ってシャワーを浴び続ける男が出てきますが、あれは「皮膚寄生虫妄想」という症状。また、登場人物はお互い疑心暗鬼になりますが、これは幻聴などが活発になるがゆえの「被害妄想」でしょう。そこから犯罪が起きることもしばしばあります。

 覚せい剤精神病は重大な病気で、使用をやめても幻覚が続いたり、何年も後に突然フラッシュバックが起こることもまれではない。いま話題の脱法ハーブも覚せい剤に似た作用があるため危険性が高く、突然死することさえあります。この作品でも、最後にディックの友人たちのその後がテロップで流れますが、みな死亡か社会復帰が不可能な状態。それが現実なのです。

(構成/安楽由紀子)

1303_wide_shita9.jpg

【9】『クワイエットルームにようこそ』
監督:松尾スズキ/出演:内田有紀、宮藤官九郎ほか/発売:角川エンタテインメント
原作は松尾スズキの芥川賞候補作。うまくいかない現実から逃避するためODしたヒロインは、閉鎖病棟で風変わりな患者たちとふれあいながら、自分はなぜこの病棟にいるのかを問い直す。(07年公開)


1303_wide_shita10.jpg

【10】『カッコーの巣の上で』
監督:ミロシュ・フォアマン/出演:ジャック・ニコルソンほか/発売:ワーナー・ホーム・ビデオ
詐病によって精神病院に入院してきたマクマーフィーは、従順だったほかの患者たちと共に、管理主義者の婦長に反抗していく。アカデミー賞主要5部門を独占した不朽の名作。(76年公開)


1303_wide_shita11.jpg

【11】『スキャナー・ダークリー』
監督:リチャード・リンクレイター/出演:キアヌ・リーブスほか/発売:ワーナー・ホーム・ビデオ
ボブと名乗っていた潜入捜査官のフレッドは、しだいに薬物に依存するようになる。そして、フレッドがボブだと知らない上司から「ボブ」の監視を命じられ、しだいに錯乱していく。(06年公開)


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ