> 連載  > 性具知新
連載
性具知新。【最終回】

AV女優・一条綺美香もバイブバーに感嘆! 女性の自発的な性を促す場

―― アダルトグッズとさまざまな”性”を扱ってきた「性具知新」のコーナーもいよいよ最終回。今月はワイルドワンプロデュースの”バイブを見て、触って、動かせる”バー「Vibe Bar」にズームイン。48歳とは思...

AV女優・一条綺美香もバイブバーに感嘆! 女性の自発的な性を促す場
連載
性具知新。第5回

ハンガーオナニーを発見したAV女優と共に語る"女性の性開発"

―― さまざまなアダルトグッズをテーマに現代の性を考える当コーナー。今月は、妖艶なフェロモンでファンを魅了するAV女優の北条麻妃氏を招き、アダルトグッズの企画・開発から販売までを行うワイルドワンの代表取締役...

ハンガーオナニーを発見したAV女優と共に語る
連載
性具知新。第4回

いずれは"セックスアンドロイド"も登場か!?ワイルドワン社長が明かすオナホールの未来

―― 今月で4回目を迎える当連載では、ハイテクの粋を凝らした電動オナホール「サイクロン・50」をピックアップ。第2回に登場したワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏に、電動オナホールの魅力や歴史、市場での...

いずれは
連載
性具知新。第3回

「日本は韓国・中国に負けない!」作家・岩井志麻子が考察する「"女性のオナニー"のカジュアル化」

―― 食品衛生法規格基準をもクリアする安全性と、メイド・イン・ジャパンにこだわった確かな信頼性で、業界に新風を吹きこむエスエスアイ・ジャパン。3回目の今月は、同社代表取締役・秋久勇一氏が登場。

「日本は韓国・中国に負けない!」作家・岩井志麻子が考察する「
連載
性具知新。 第2回

ティアが学ぶアダルトグッズの女性購買者の変化「バイブも男性も「一回だけ」では女心はつかめない!」

―― 2回目は、アダルトグッズの企画・開発を手がけ、渋谷から沖縄までの日本8店舗に加えて、広州や香港でも販売を行うワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏が登場。美形ルックスでファンを魅了するAV女優のティ...

ティアが学ぶアダルトグッズの女性購買者の変化「バイブも男性も「一回だけ」では女心はつかめない!」
連載

お笑い芸人・ダブルブッキングが真面目に語り合う 安全なオナホールとは何か

―― 企画開発から製造までを純国産で貫き、高性能かつ安全性の確かな製品を提供しているアダルトグッズメーカーDNA。本企画では、同社でイメージガールを務める橘早希ちゃんが、ゲストと最新のアダルトグッズの魅力や...

お笑い芸人・ダブルブッキングが真面目に語り合う 安全なオナホールとは何か
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』