サイゾーpremium  > 連載  > 性具知新  >  【連載】「性具知新。」/女性の自慰に対する啓蒙活動

【今回のおどうぐ】
女性の自慰に対する啓蒙活動
(G-mode Vibe Pro)

1301_seigu.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

■ゲスト
岩井志麻子(作家)

 食品衛生法規格基準をもクリアする安全性と、メイド・イン・ジャパンにこだわった確かな信頼性で、業界に新風を吹きこむエスエスアイ・ジャパン。3回目の今月は、同社代表取締役・秋久勇一氏が登場。本誌でもおなじみの作家・岩井志麻子さんをゲストに、まだまだタブーな風潮が根強く残る”女性のオナニー”のカジュアル化について考える。

──今回の性具はパステルカラーがいかにも女性ウケしそうな「G-mode Vibe Pro」シリーズです。

岩井志麻子(以下、岩井) これぐらいオシャレで色もキレイだと、そのまま部屋に飾っておけそうですね。ライトアップとかして。サルサ、タンゴ、ベリーのタイプがありますが、どんな特徴があるんですか?

エスエスアイ・ジャパン代表取締役社長・秋久勇一(以下、秋久) ダンスを踊っているときの女性のなまめかしい腰の動きを参考にし、独特な回転を実現しました。

岩井 なるほど。このベリーなんて、動きがまるでベリーダンスのよう……。これは夢が広がりますね。阿波踊りやハワイアンなんてのもできそう。ただ、太さはどうなんでしょう? 経産婦の私でもちょっと大きいなって思ってしまうぐらいですけど。

秋久 そういったご要望にお応えして、現行モデルはこのサイズだけですが、ひとまわり小さい試作品もできているんです。グッドデザイン賞の受賞歴もあるデザイナーさんにお願いしまして。将来的には太さに加えて、硬さも選べるようにする予定です。

岩井 それはいいね。好みって人それぞれだし、生身のチンチンは選べませんから。

秋久 あとは、弊社の人気シリーズ「鉄人バイブ」でも採用しているスイッチの誤動作防止システムを、今後本シリーズにも採用する予定なんですよ。

岩井 素晴らしい。私の知りあいのオカマが、満員電車でリュックに入れてあったバイブが勝手に動きだしたせいで、女子高生から痴漢に間違われて「私はオカマよ!」って叫んだっていう事件が過去にあったんですよ。これで、そういう悲劇にも遭わずに済むってことですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』