サイゾーpremium  > 連載  > 性具知新  > 【連載】「性具知新。」/厳格な安全基準の必要性

【今回のおどうぐ】
厳格な安全基準の必要性
(オナホール「G-ModeHOLE LX-1」)

1211_seigu.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

■ゲスト
ダブルブッキング(お笑い芸人)

 企画開発から製造までを純国産で貫き、高性能かつ安全性の確かな製品を提供しているアダルトグッズメーカーDNA。本企画では、同社でイメージガールを務める橘早希ちゃんが、ゲストと最新のアダルトグッズの魅力や変革しつつある業界の展望について考えていく。今月はお笑いコンビ「ダブルブッキング」と共に、安全なオナホールについて学ぶ!

──今回の性具は、オナホール「G-Mode HOLE LX-1」です。

橘早希(以下、早希) はい。このオナホールに使われている素材はこの商品の為に新開発された「DNAゲル-Ⅲ」というもので、日本食品分析センターの「安全性試験の基準」をクリアしています。普通の食品と同じくらい人体への安全性は高く、口に入れても大丈夫なんですよ。

川元文太(以下、川元) 本物の人間みたいな質感。臭いもないし、ベタベタしていないし……。

早希 日本食品分析センターの「安全性試験の基準」は、例えば、赤ちゃんの”おしゃぶり”などにも対応する厳格なものです。

川元 うち、娘がいるんだけど、これなら間違って口に入れても大丈夫だ。

黒田俊幸(以下、黒田) それは見えないところに隠しておきなさいよ。子どもは安全だけど、家庭が危険になるでしょ!

──この試験をきちんと受けたのはアダルトグッズ業界では初めてだそうです。

川元 へぇ。でも、アダルトグッズでそこまでする必要はあるんですか?

黒田 ねえ。お金も手間もかかりそうだし。

早希 これまでのグッズは製造元も銘記されず、安全性も不確かなものでした。PL法【註:製造物責任法。製造物の欠陥により損害が生じた場合、損害賠償責任について定める】もあって、性的な目的として人体に使用するものではなく、あくまで”ジョークグッズ”というカテゴリー。でも、最近はアダルトグッズが身近なものとしてとらえられるようになり、安全性を謳う商品も増えてきました。そこで、DNAではきちんとした基準をクリアしているという証明を提示して、ユーザーに信頼してもらえるグッズを販売していこうと考えています。

黒田&川元 結構、真剣な理由なんですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』