サイゾーpremium  > 連載  > 性具知新  > 【連載】「性具知新。」/オナホールのさらなる一般化

【今回のおどうぐ】
オナホールのさらなる一般化
(サイクロン・50)

1302_w1_main.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 今月で4回目を迎える当連載では、ハイテクの粋を凝らした電動オナホール「サイクロン・50」をピックアップ。第2回に登場したワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏に、電動オナホールの魅力や歴史、市場でのポジショニングなどをレクチャーしてもらった!

──今月の“性具”は電動オナホールですが、一見するとハンドライトのようで、とてもオナホールには見えませんね。

ワイルドワン代表取締役社長・武藤哲哉(以下、武藤) ウチに来るお客様たちも珍しそうに眺めていますよ。しかし、オナホールとしての利便性はなかなかに工夫が凝らされていて、いろいろなオナホールを見てきた人間としてはビックリしました。

──どんなところが優れているんですか?

武藤 まず、なんといっても軽くてコンパクト。従来の電動オナホールは重たくて床や台に置いて使わなければならなかったり、軽くしたためにパワー不足で刺激が弱かったりしました。そこで「サイクロン・50」はワンハンドで使えるのに、かなりパワフルな稼働を実現しています。また、回転の速さを5段階で調整できるなど、自分好みのペースでオナニーできるんです。

──ペース配分は大事ですよね。AVのシーンで調整してみたり。

武藤 アダルトゲームのユーザーにはオナホールの動きを調節して数時間のオナニーを楽しむような人もいますが、彼らにもピッタリの商品です。また、柄の部分は人間工学に基づいて、長い時間ホールドしても疲れないような構造になっていますし。

──最強モードはパワフルですが、痛かったりしませんか?

武藤 内部の専用カップは柔らかく、肌に優しくフィットしてくれるので、まったく痛くはありません。また、イボイボやスパイラルなど5種類のカップを付け替えることで、違った刺激を楽しむこともできます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載