サイゾーpremium  > 連載  > 性具知新  > 【連載】「性具知新。」/オナホールのさらなる一般化

【今回のおどうぐ】
オナホールのさらなる一般化
(サイクロン・50)

1302_w1_main.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 今月で4回目を迎える当連載では、ハイテクの粋を凝らした電動オナホール「サイクロン・50」をピックアップ。第2回に登場したワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏に、電動オナホールの魅力や歴史、市場でのポジショニングなどをレクチャーしてもらった!

──今月の“性具”は電動オナホールですが、一見するとハンドライトのようで、とてもオナホールには見えませんね。

ワイルドワン代表取締役社長・武藤哲哉(以下、武藤) ウチに来るお客様たちも珍しそうに眺めていますよ。しかし、オナホールとしての利便性はなかなかに工夫が凝らされていて、いろいろなオナホールを見てきた人間としてはビックリしました。

──どんなところが優れているんですか?

武藤 まず、なんといっても軽くてコンパクト。従来の電動オナホールは重たくて床や台に置いて使わなければならなかったり、軽くしたためにパワー不足で刺激が弱かったりしました。そこで「サイクロン・50」はワンハンドで使えるのに、かなりパワフルな稼働を実現しています。また、回転の速さを5段階で調整できるなど、自分好みのペースでオナニーできるんです。

──ペース配分は大事ですよね。AVのシーンで調整してみたり。

武藤 アダルトゲームのユーザーにはオナホールの動きを調節して数時間のオナニーを楽しむような人もいますが、彼らにもピッタリの商品です。また、柄の部分は人間工学に基づいて、長い時間ホールドしても疲れないような構造になっていますし。

──最強モードはパワフルですが、痛かったりしませんか?

武藤 内部の専用カップは柔らかく、肌に優しくフィットしてくれるので、まったく痛くはありません。また、イボイボやスパイラルなど5種類のカップを付け替えることで、違った刺激を楽しむこともできます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報