> 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──【DRAMA編】

見どころは石原さとみと大島優子のみ!? 『霊能力者小田霧響子の嘘』

―― ──ついに"ドラマの帝王"木村拓哉ですら視聴率の取れなくなったドラマ大恐慌時代。そんなテレビ離れ世代にこそ見て欲しい、テレビマンたちの力とは? ドラマの見方が変わる新目線批評。 2011年2月号 DR...

見どころは石原さとみと大島優子のみ!? 『霊能力者小田霧響子の嘘』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──COMIC編【2】

片思いのマゾヒスティックな快楽! 『失恋ショコラティエ』に身悶えろ!!

―― ──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!...

片思いのマゾヒスティックな快楽! 『失恋ショコラティエ』に身悶えろ!!
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──COMIC編【1】

達者なマンガ技巧を見せるも最後はテンション切れ!? 誠実な佳作『惑星のさみだれ』

―― ──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!...

達者なマンガ技巧を見せるも最後はテンション切れ!? 誠実な佳作『惑星のさみだれ』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──MOVIE編

でたらめな殺人鬼が笑える!? 園子温のスプラッタエンタテインメント『冷たい熱帯魚』

―― ■フェイスブック発展のウラ側を描く (C) 2010 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved. 『ソーシャル・ネットワーク』 監督/デヴィッド・フ...

でたらめな殺人鬼が笑える!? 園子温のスプラッタエンタテインメント『冷たい熱帯魚』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──【DRAMA編】

『ケイゾク』から12年、堤幸彦の試みは海外ドラマの取り込みへ──

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュ...

『ケイゾク』から12年、堤幸彦の試みは海外ドラマの取り込みへ──
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──特別座談会

『告白』?『もしドラ』? それとも「AKB48」? カルチャー時評・年末総括座談会 今年の各ジャンル話題作総まくり!

―― ──今年7月号よりスタートし、今回で7回目を迎えた本連載。2010年最後となる今月は、今年1年の映画・マンガ・小説・ドラマ・アニメ各ジャンルで話題となった作品と、カルチャー界全体の動向を総括すべく、特...

『告白』?『もしドラ』? それとも「AKB48」? カルチャー時評・年末総括座談会 今年の各ジャンル話題作総まくり!
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──ANIMATION編

『ハートキャッチプリキュア!』は自己批評と物語の完成度を両立させた大傑作だ!!

―― ──大人も楽しめる日本のハイクオリティ・サブカルチャーのひとつ、アニメーション。日々進化し続ける技術と想像力に、どうついていったらいいのだろうか……。アニメの真の魅力を浮き彫りにする新批評。 2011...

『ハートキャッチプリキュア!』は自己批評と物語の完成度を両立させた大傑作だ!!
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──COMIC編

かわぐちかいじが描く歴史改変SF『僕はビートルズ』は小品に終わる可能性あり!?

―― ──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!...

かわぐちかいじが描く歴史改変SF『僕はビートルズ』は小品に終わる可能性あり!?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──MOVIE編

とにかく陽気に! 『ダークナイト』の次に来る2010年の傑作『キック・アス』

―― ──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし! 2011年1月号 MOVIEクロスレビュー ■キムタク古代をど...

とにかく陽気に! 『ダークナイト』の次に来る2010年の傑作『キック・アス』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第7回──DRAMA編

裏テーマは"vs『篤姫』"!? 『ハゲタカ』演出家の挑戦は"坂本龍馬"像をアップデートできたか?

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュ...

裏テーマは
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──DRAMA編【2】

『SPEC』放映開始記念!? 演出家・堤幸彦の来歴解体研究

―― ──日本のテレビドラマの作りを大きく変化させた演出家・堤幸彦。当時革新的で、多くの後進演出家たちに影響を与え、フォロワーを輩出した、その手法のバックボーンに迫る。 『SPEC』の公式HPより。  映画...

『SPEC』放映開始記念!? 演出家・堤幸彦の来歴解体研究
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──MUSIC編

『つまんね』『みんな死ね』をリリースした神聖かまってちゃんのドンづまり感とは?

―― ──今、本当に注目すべき音楽とはなんなのか? 「ROCKIN’ON」では読めない、新世代による新世代のためのミュージック批評。 2010年12月号 MUSICクロスレビュー ■"着うたの女王"12枚目...

『つまんね』『みんな死ね』をリリースした神聖かまってちゃんのドンづまり感とは?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──NOVEL編

伊坂幸太郎の『マリアビートル』は相変わらずの予定調和に過ぎないのか!?

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望……そんな良質な小説だからこそ! ここでは愛ある批評を捧げます。 2010年12月号 NOVELクロスレビュー ■"りさたん"3年ぶり4...

伊坂幸太郎の『マリアビートル』は相変わらずの予定調和に過ぎないのか!?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──COMIC編

ありきたりな題材の使い方!? 飛躍が待たれる渡辺ペコの『にこたま』

―― ■完結間際!「モーニング」人気作 『シマシマ』(11巻) 作/山崎紗也夏 掲載/「モーニング」(講談社) 価格/580円 発売日/9月22日アロマエステのオーナー・汐は、実は同時に、眠れない女性に添...

ありきたりな題材の使い方!? 飛躍が待たれる渡辺ペコの『にこたま』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──MOVIE編

リアルでアートな映画版『ゲゲゲの女房』には色っぽいシーンも!?

―― ──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし! 2010年12月号 MOVIEクロスレビュー ■原作は評判十分...

リアルでアートな映画版『ゲゲゲの女房』には色っぽいシーンも!?
サイゾープレミアム

2019年12月号