> 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第16回──【COMIC編1】

松尾スズキ×すぎむらしんいちの『老人賭博』は90年代サブカル好き以外にも受け入れられるか?

―― ──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!...

松尾スズキ×すぎむらしんいちの『老人賭博』は90年代サブカル好き以外にも受け入れられるか?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第16回──【MOVIE編】

大根仁のフェティッシュ全開! 映画版『モテキ』で長澤まさみと麻生久美子が放つ魅力

―― ──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし! 2011年10月号 MOVIEクロスレビュー ■超人気マンガ、...

大根仁のフェティッシュ全開! 映画版『モテキ』で長澤まさみと麻生久美子が放つ魅力
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第16回──【MUSIC】

最注目のビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」を生んだV系文化の蓄積とキャラクター消費

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュ...

最注目のビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」を生んだV系文化の蓄積とキャラクター消費
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【ANIMATION編2】

『電波女と青春男』は「何か起こりそうだけど結局何も起こらない『涼宮ハルヒ』」だ!?

―― 2011年9月号 ANIMATIONクロスレビュー ■シャフトと神聖かまってちゃんの結託 『電波女と青春男』 監督/新房昭之 原作/入間人間 シリーズ構成/綾奈ゆにこ 制作/シャフト 放映/TBS系に...

『電波女と青春男』は「何か起こりそうだけど結局何も起こらない『涼宮ハルヒ』」だ!?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【ANIMATION編1】

ノイタミナ枠『C』は野心的なアイディアであるも、戦闘シーンに問題あり!?

―― ──大人も楽しめる日本のハイクオリティ・サブカルチャーのひとつ、アニメーション。日々進化し続ける技術と想像力に、どうついていったらいいのだろうか……。アニメの真の魅力を浮き彫りにする新批評。 2011...

ノイタミナ枠『C』は野心的なアイディアであるも、戦闘シーンに問題あり!?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【COMIC編2】

醜男の悲恋が胸に刺さる! よしながふみが描くジェンダー観を揺るがす『大奥』

―― 2011年9月号 COMICクロスレビュー ■マンガ好きをうならせる男女逆転時代劇 『大奥』(7巻) 作/よしながふみ 掲載/「月刊メロディ」(白泉社) 価格/650円 発行/6月28日 謎の疫病がは...

醜男の悲恋が胸に刺さる! よしながふみが描くジェンダー観を揺るがす『大奥』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【COMIC編1】

元気なときに読むと気分が悪くなること必至!? ネットで注目を浴びる地獄のミサワ『カッコカワイイ宣言!』

―― ──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!...

元気なときに読むと気分が悪くなること必至!? ネットで注目を浴びる地獄のミサワ『カッコカワイイ宣言!』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【MOVIE編】

芦田愛菜と松山ケンイチの生々しい関係が見えてくる!? 『うさぎドロップ』

―― ──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし! 2011年9月号 MOVIEクロスレビュー ■大娯楽SF3部作...

芦田愛菜と松山ケンイチの生々しい関係が見えてくる!? 『うさぎドロップ』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第15回──【ANIMATION】

『ゲド』の悲劇は回避された!? 宮﨑吾朗監督が本家と成し遂げた「なんちゃって」ではないジブリらしさ

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュ...

『ゲド』の悲劇は回避された!? 宮﨑吾朗監督が本家と成し遂げた「なんちゃって」ではないジブリらしさ
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第14回──【DRAMA編2】

相武紗季と速水もこみちの健闘もむなしく、脚本が途中で息切れしてしまった『リバウンド』

―― ■香取慎吾主演月9、舞台は結婚相談所 『幸せになろうよ』 演出/澤田鎌作ほか 脚本/井上由美子、古家和尚 出演/香取慎吾、黒木メイサ、藤木直人ほか 放映/フジテレビ系にて、毎週月曜21:00~21:5...

相武紗季と速水もこみちの健闘もむなしく、脚本が途中で息切れしてしまった『リバウンド』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第14回──【DRAMA編1】

性欲への異常なこだわりが出色! 『鈴木先生』の気持ち悪さは、最高に気持ち良い!!

―― ■視聴率20%超えの人気作完結編 『JIN-仁-』 原作/村上もとか 演出/平川雄一朗ほか 脚本/森下佳子 出演/大沢たかお、綾瀬はるか、中谷美紀ほか 放映/TBS系にて、毎週日曜日21:00~21:...

性欲への異常なこだわりが出色! 『鈴木先生』の気持ち悪さは、最高に気持ち良い!!
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第14回──【COMIC編2】

ケータイ小説的モノローグとチープな敵役で残念な出来 『悪魔とラブソング』

―― ■天狗と高校青春ライフが同居する少女マンガ 『町でうわさの天狗の子』(8巻) 作/岩本ナオ 掲載/「月刊flowers」(小学館) 価格/420円 発行/6月10日 天狗信仰の残る緑峰町で、天狗の神様...

ケータイ小説的モノローグとチープな敵役で残念な出来 『悪魔とラブソング』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第14回──【MOVIE編】

まるでアメコミ版『ビバリーヒルズ高校白書』!? 『X-MEN ファースト・ジェネレーション』のナイーブさとは?

―― ──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし! 2011年8月号 MOVIEクロスレビュー ■エイブラムス+ス...

まるでアメコミ版『ビバリーヒルズ高校白書』!? 『X-MEN ファースト・ジェネレーション』のナイーブさとは?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第14回──【NOVEL編】

4年ぶり10作目最新刊刊行記念!? なぜ『ハルヒ』シリーズはゼロ年代に人気を勝ち取れたのか

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュ...

4年ぶり10作目最新刊刊行記念!? なぜ『ハルヒ』シリーズはゼロ年代に人気を勝ち取れたのか
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第13回──【COMIC編2】

コマの間から匂い立つ感情 『青い花』が描く、性欲込みの女性同士の恋愛とは?

―― ■百合と女子高と江ノ電と 『青い花』(6巻) 作/志村貴子 掲載/「エロティクス・エフ」(太田出版) 価格/1000円 発行/5月12日 舞台は神奈川県・江ノ電沿線地域。交際していた従姉妹の結婚に傷心...

コマの間から匂い立つ感情 『青い花』が描く、性欲込みの女性同士の恋愛とは?
サイゾープレミアム

2019年12月号