サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 『SPEC』放映開始記念!? 演出家・堤...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──DRAMA編【2】

『SPEC』放映開始記念!? 演出家・堤幸彦の来歴解体研究

+お気に入りに追加

──日本のテレビドラマの作りを大きく変化させた演出家・堤幸彦。当時革新的で、多くの後進演出家たちに影響を与え、フォロワーを輩出した、その手法のバックボーンに迫る。

1012_planets_spec.jpg
『SPEC』の公式HPより。

 映画『20世紀少年』3部作、『BECK』で、堤幸彦節がはじけていないことを心配した人も、今クールのドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(TBS)を見て安堵したことだろう。

 堤節が確たるものとなったのは1999年の『ケイゾク』(同)で、『SPEC』にもこの血が流れている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ