サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > ありきたりな題材の使い方!? 飛躍が待た...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──COMIC編

ありきたりな題材の使い方!? 飛躍が待たれる渡辺ペコの『にこたま』

+お気に入りに追加
1012_shimashima.jpg

■完結間際!「モーニング」人気作
『シマシマ』(11巻)
作/山崎紗也夏
掲載/「モーニング」(講談社)
価格/580円 発売日/9月22日アロマエステのオーナー・汐は、実は同時に、眠れない女性に添い寝相手の男性を派遣する〈添い寝屋 ストライプ・シープ〉の代表を務めている。ガイ・ラン・リンダ・マシュの4人のイケメンを擁する添い寝屋稼業を舞台に、汐とガイをはじめとする微妙な関係や、それぞれの恋愛模様を描く。なお、10月発売の12巻で完結した。


【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★★☆☆
素直に嬉しい最終回手前の成長
おかしな「常識」の中で生きる「普通」の人々。そんな微妙なズレを描いてきた本作には、たびたび外部からの視線が突き刺さってきた。そしてまさに最終回手前に相応しい急展開。だが、その回答は知ってもらうこと。まだ途中だし、問題もあるけれど、当面はなんとかやっていける。手に入れたものは少ないが、不安も少ない。心の傷を乾かすような痛みから、次第に逃れつつある彼らの成長を見つめることができるのは、素直に嬉しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ