サイゾーpremium  > 特集  > 武闘派ヤクザ後藤元組長 出家の裏にあった...
第1特集
囁かれる"3つの噂の真相"

武闘派ヤクザ後藤元組長 出家の裏にあった"思惑"

+お気に入りに追加
0906_sp1_wide_asahi.jpg
後藤忠政元組長(写真中央)の出家を伝える「週刊アサヒ芸能」(徳間書店 4月23日号/左)と「週刊実話」(日本ジャーナル出版 4月30日号/右)。

「後藤さんが出家するらしい」

 今年3月、週刊誌記者たちの間で情報が飛び交った。後藤忠政組長といえば山口組の幹部であり、「武闘派」「経済ヤクザ」として知られながら、昨秋に山口組を除籍処分となったことが話題になった大物ヤクザである。

 浮き沈みの激しいアウトロー社会では、仏教や神道を信奉する人間は意外に多いが、これは 「政治家なども同様。しかし、出家というのは聞いたことがありません」(実話誌記者)という。

 そして、4月8日。神奈川県伊勢原市ので、後藤元組長の得度式が執り行われ、元組長は剃髪し、法衣を授かった。式は、親類のほか親交のある作家や弁護士など40人ほどが列席、厳かに行われたという。この寺は、93年に朝日新聞本社で自決した民族派右翼の故野村秋介氏の菩提寺でもある。

「後藤さんは故野村氏の実子を含めて関係が深いといわれるので、そのご縁でしょうね」とは先の記者。ただし、元組長は「寺に迷惑がかかる」として、住み込まない在宅出家だという。

 さて、同記者によると、元組長の出家の真意をめぐる憶測には、大きく分けて3つあるという。まずは、ヤクザ社会に嫌気が差したこと。

「これには異論を唱える人もいるんですが、後藤さんは山口組の幹部の中でも何かと話題の多い人。まったくのデタラメから信憑性の高いものまで、多種多様な怪文書や怪情報が飛び交っていましたからね。人気もあるけど、妬まれることも多かったんです」

MEMO後藤元組長
4月8日、後藤忠政元組長が出家した。経済ヤクザともよばれ、バブル期からその勢力を飛躍的に拡大していった。

 たとえば、92年の伊丹十三(故人)監督襲撃問題。後藤組の幹部らが、映画『ミンボーの女』の内容に抗議して、伊丹監督を襲って重傷を負わせたという事件だが、これには「よくぞやってくれた」と拍手喝采が送られた一方で、「余計なことを」という声もあった。

 当時の新聞には「『あそこの組(後藤組)はスタンドプレーがよう目につく。菱の代紋をはき違えとるのとちゃうか。(われわれが)暴力団対策法でまいっとるゆうのに』。

 大阪の繁華街・ミナミにあるマンションの一室。山口組直系の組幹部の一人は吐き捨てるように言った」(92年12月3日付産経新聞)などと報じられている。暴対法は92年3月に施行されており、ヤクザ社会に微妙な緊張感があったのは確かだろう。

 これ以外にも除籍処分の発端とされる細川たかしらを招いたゴルフコンペ問題のほか、警視庁北沢署巡査長の私物パソコンから流出したことで発覚した愛人問題(07年)、米UCLAでの腎臓移植問題(08年発覚)、日本航空(JAL)株式の100万株取得(99年)など、元組長に関する報道は多い。妬まれてわずらわしさを感じることもあったかもしれない。

 もうひとつ考えられる理由は、「隠れみの説」だ。「これは警察関係者も含めて、多くの人が考えている説です」とは前出の実話誌記者。

「後藤さんは経済ヤクザとしても知られていますから、今までの蓄財をどうするか。宗教法人を隠れみのにするのではないかというわけです」(同)

 最後は「パフォーマンス説」。後藤元組長は、06年に東証二部上場の不動産業者とともに電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で逮捕・起訴され、08年3月に無罪判決を受けている。共犯とされた不動産業者は無罪が確定したものの、元組長に対しては検察が控訴し、そろそろ控訴審がスタートすると見られている。

「ヤクザ社会と縁を切ったと見せることで、裁判を有利に進めようというパフォーマンスだと警察は見ているようです。しかし、一時は警視庁内に『後藤組対策本部』もあったほどで、後藤さんの逮捕は悲願でした。二次団体の対策本部を作ることは、異例中の異例なんです。だから、簡単には諦めないんじゃないですか」(同)

 得度式でも警視庁、神奈川県警、静岡県警の関係者が周辺を探っていたというから、まだまだ警察の追及は続いており、元組長が俗世との関係を断つのは難しそうだ。
(三島 優)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』