> 201206の検索結果

201206 の検索結果

連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第2回

う●この臭いで親子ケンカをしたキンコメ高橋健一の名言「負けない戦いは戦いじゃない」

―― 今月の格言「負ける戦いはしない。負けるだろうという戦いはもちろん、負けるかもしれないとか、苦戦するかもしれないという戦いは最初からしないことです。」孫正義(そん・まさよし)

う●この臭いで親子ケンカをしたキンコメ高橋健一の名言「負けない戦いは戦いじゃない」
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第22回

デフレ対策の金融緩和がデフレを深刻化させた!? 金融緩和にまつわる日本市場の逆説

―― さる4月27日、日本銀行は追加の金融緩和をおこなうことを決定しました。2月に10兆円規模の金融緩和をしたのに続いて、今回は5兆円規模の追加緩和です。金融緩和というのは、金融機関がもっている国債などを日...

デフレ対策の金融緩和がデフレを深刻化させた!? 金融緩和にまつわる日本市場の逆説
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
女のからみ酒[最終回]

「一発ヤレる最終手段」

―― “女医が教える最高のセックス”とか、”銀座ナンバーワンホステスが語る女をオトす方法”とか、セックスにせよくどき文句にせよ、男は女に教えを乞おうとする風潮がございます。モテ本には「とにかく女の話の聞き役...

「一発ヤレる最終手段」
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【5】

タバコで東大辞めても悔いなし! 文学者・小谷野敦が語る“禁煙ファシズム”との闘争宣言

―― 喫煙をきっかけに、東京大学の職を失った文学者・小谷野敦氏。あまりにも過剰すぎる禁煙ファシズムについて、持論を聞いた。

タバコで東大辞めても悔いなし! 文学者・小谷野敦が語る“禁煙ファシズム”との闘争宣言
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【4】

タバコ対策は病院のイジメだ! 厚労医系技官・木村盛世氏が語る“厚労省の陰湿さ”と規制の真相

―― 野田内閣発足以降、厚生労働省は、職場の受動喫煙対策を盛り込んだ「労働安全衛生法」の改正案の提出、「がん対策推進基本計画」に喫煙者4割減という目標を打ち出すなど、反喫煙の方針を矢継ぎ早に出している。

タバコ対策は病院のイジメだ! 厚労医系技官・木村盛世氏が語る“厚労省の陰湿さ”と規制の真相
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【3】

哲学者・萱野稔人が語る禁煙ブームの本質──もはや“健康ファシズム”に抗うのは不可能! 不寛容さがもたらした規制と逆説

―― ここまでは行政の規制のあり方から禁煙・嫌煙ブームを検証してきたが、その本質はどこにあるのだろうか?本誌連載陣のひとりでもある、津田塾大学准教授の萱野稔人氏が解説する。

哲学者・萱野稔人が語る禁煙ブームの本質──もはや“健康ファシズム”に抗うのは不可能! 不寛容さがもたらした規制と逆説
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【9】

常に忙しくしている女性は可能性あり!? 後腐れもなく別れられる理想的な"2号"の女

―― ──“ちょいワル”AVメーカーの社員監督が一般女性とセクハラ対談!!

常に忙しくしている女性は可能性あり!? 後腐れもなく別れられる理想的な
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【2】

喫煙率は半世紀前の半分以下に減少!? データから見るタバコと喫煙をめぐる規制と現状

―― 本稿では、たばこをめぐる規制の是非とその展望について述べたが、当欄では「喫煙率」「販売量」「販売価格」の推移など、各所からのデータから規制を見てみたい。

喫煙率は半世紀前の半分以下に減少!? データから見るタバコと喫煙をめぐる規制と現状
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【1】

喫煙者多数の「サイゾー」だからこそ問う! タバコ規制から考える、行政と社会のあり方

―― ここで語るまでもないが、喫煙による人体への影響は、必ずしも良いものではないだろう。だが、行政が商品を規制し、国民の生活の一部や民業を圧迫しているとしたら……。喫煙者が多い編集部の私情もふまえ、タバコ規...

喫煙者多数の「サイゾー」だからこそ問う! タバコ規制から考える、行政と社会のあり方
連載
下着と水着の考証学 第15回

[常に勝負下着な女]杉本彩──下着は、時間をかけてゆっくり脱がすべきです。

―― 水着を着ることって若い頃は多かったけど、今はリゾート地で着るくらいですね。ビキニは全身を焼きたかった20代前半までで、最近ではワンピース型のものばかり。ボディーラインがきれいに見えて、泳ぐにも支障がな...

[常に勝負下着な女]杉本彩──下着は、時間をかけてゆっくり脱がすべきです。
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第1回

「FRIDAY」はガチすぎて嫌い!それでも「雑誌」にはまだまだ価値がある

―― あんなニュースやこんなニュースの裏側を知りたければ、まずはその当事者に直接聞いたほうが早いはず。というわけで、あんな話からこんな話まで、内部の人間だからこそ語れる激ヤバトークをコッソリご開帳いたします...

「FRIDAY」はガチすぎて嫌い!それでも「雑誌」にはまだまだ価値がある
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第48回

グーグルの”横串”があらわにした、日本が「ビッグデータビジネス」で負ける理由

―― 日本は再び世界のIT市場で後れを取る──不吉な予言は、昨今話題の「ビッグデータビジネス」に端を発している。日本企業の躍進を阻むものは何か? グーグルのプライバシーポリシー変更から火がついた、”プライバ...

グーグルの”横串”があらわにした、日本が「ビッグデータビジネス」で負ける理由
第2特集
雅子妃の本当のご病状【5】

雅子妃ご病気の経緯とともに考察 「24時間電話相談」はかえって悪影響の可能性あり!?

―― 前章までで論じた、雅子妃の「ご病状」に関するメディア分析。本章ではそれを踏まえ、現役精神科医に雅子妃の症状を分析してもらった。雅子妃の担当医である大野裕医師による治療の妥当性も含め、雅子妃ご回復の可能...

雅子妃ご病気の経緯とともに考察 「24時間電話相談」はかえって悪影響の可能性あり!?
第2特集
雅子妃の本当のご病状【4】

「適応障害」なる語が意味するものとは? 現役精神科医が徹底分析する「雅子妃の”気分変調症”と皇室の未来」

―― メディアが雅子妃をどう報じ、雅子妃にどんな影響を及ぼしてきたかについては前ページまでで論じた通りだ。雅子妃を今日のような苦境に追い込んだ責任と批判を、メディアは回避し得ないだろう。

「適応障害」なる語が意味するものとは? 現役精神科医が徹底分析する「雅子妃の”気分変調症”と皇室の未来」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第56回

教師も法も役に立たない“イジメ”という現実

―― フィッシュ・フェイス。オハイオ州に住む12歳の少年アレックスは、学校でそう呼ばれている。顔が魚に似ているからだ。彼は未熟児として生まれ、軽度の自閉症でもある。中学への通学バスは彼にとって地獄だった。イ...

教師も法も役に立たない“イジメ”という現実
第2特集
雅子妃の本当のご病状【3】

筋金入りの行動派右翼が特別寄稿! マスコミは貴人の日常を覗き見せずに、回復を神にお祈りするべし

―― 雅子妃のご病状問題について、長年、皇太子、雅子妃両殿下を見守り続けてきた右翼・真橘道義氏に、マスコミ報道のあるべき姿について、その思いを聞いた──。

筋金入りの行動派右翼が特別寄稿! マスコミは貴人の日常を覗き見せずに、回復を神にお祈りするべし
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第65回

市民に求められる「参加と自治」の態度

―― 12年目を迎えた『マル激トーク・オン・デマンド』。メインパーソナリティであるビデオジャーナリスト・神保哲生と社会学者・宮台真司の2人が、迷走を続ける日本社会の問題を看破する。

市民に求められる「参加と自治」の態度
第1特集
雅子妃の本当のご病状【2】

「もう雅子妃は擁護しきれない」マスコミ報道がご病状に影響を与えた? 週刊誌別・雅子妃バッシングの傾向

―― 宮内庁が”雅子妃のご病状に影響を与えた”というマスコミの報道。その裏にはどのような構造が隠れているのだろうか?ここでは、皇室報道の内実と雅子妃報道の各誌の傾向について分析する。

「もう雅子妃は擁護しきれない」マスコミ報道がご病状に影響を与えた? 週刊誌別・雅子妃バッシングの傾向
第2特集
雅子妃の本当のご病状【1】

8年間も”適応障害”というのはあり得ない!? 朝日の報道がまねいた雅子妃の”本当の”ご病状

―― 皇太子妃雅子殿下(以下、雅子妃)の「適応障害」が正式に発表されたのは、2004年7月30日のこと。それからおよそ8年間、雅子妃は東宮御所における接見を除いて、公務にほとんど出席されていない。医師団から...

8年間も”適応障害”というのはあり得ない!? 朝日の報道がまねいた雅子妃の”本当の”ご病状
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第25回

「橋下徹現象について考える」

―― 大阪の橋下徹市長と彼の率いる政治団体「大阪維新の会」について、意見を求められることが最近とても増えた。市民運動団体の機関紙から大新聞まで、バラエティは様々だけれども、質問内容はいつも一緒だ。彼らは氏の...

「橋下徹現象について考える」
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.02

ネットも”現場”と化したヒップホップ界”擬装”したラッパーたちが歌うリアリズム

―― クラブやストリートを神聖視するヒップホップという文化。ラッパーたちは、そんな”現場”で大仰に握手しながら、ローカルな絆を深めてきたように見える。ところが現在、ネットもラッパーたちの現場となった。そして...

ネットも”現場”と化したヒップホップ界”擬装”したラッパーたちが歌うリアリズム
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「“差別”かやむなき”区別”か」

―― 京都・祇園で発生した自動車暴走事故で、容疑者が免許更新の際に持病のてんかんを申告していなかったことで、患者の免許取得、てんかんという病気そのものへの非難が増えているそうです。以前からてんかんへの偏見・...

人気エントリー定点観測@はてな 「“差別”かやむなき”区別”か」
第1特集
ネットワークビジネスの違法性を問う【3】

「“アムウェイ成功者”に俺はなる!」年収2000万円も夢じゃない!? ディストリビューターの野望

―― では、ディストリビューターたちにとって、ネットワークビジネスの魅力とはなんなのか?アムウェイのディストリビューターたちにお集りいただき、その仕事内容と、会員同士の”つながり”について、話を聞いた──。

「“アムウェイ成功者”に俺はなる!」年収2000万円も夢じゃない!? ディストリビューターの野望
第1特集
ネットワークビジネスの違法性を問う【2】

被害者の会・加藤直隆教授が警鐘! 「アムウェイは、若者に”夢”を見せるビジネス」

―― 今ではHPなどでも”合法”であることをアピールし、過去のイメージからの脱却を図るアムウェイ社。しかし、「その本質は変わっていない」と、専門家は語る──。 私は1998年に、アムウェイビジネスによる被害...

被害者の会・加藤直隆教授が警鐘! 「アムウェイは、若者に”夢”を見せるビジネス」
第1特集
ネットワークビジネスの違法性を問う【1】

東幹久も応援中!? マルチ商法からネットワークビジネスへ移行するアムウェイは合法か? 違法か?

―― 東幹久のアムウェイCM出演に、楽しんごのモナヴィー販売員疑惑と、”マルチ商法”といわれる企業の存在がにわかに目立ちはじめている。過去の問題は”なかったこと”のように広まるこのビジネスモデル。果たして、...

東幹久も応援中!? マルチ商法からネットワークビジネスへ移行するアムウェイは合法か? 違法か?
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

沖縄「復帰」後の40年が問う忘却と本質

―― 2012年5月15日、沖縄の日本への「復帰」から40年目を迎える。が、国土面積の約0・6パーセントにすぎない沖縄に在日米軍基地が集中する状況に変わりはない。ベトナム戦争の前線基地となっていた40年前の...

沖縄「復帰」後の40年が問う忘却と本質
連載
アダルトグッズのすゝめ【3】

【花津ハナヨ】──風俗嬢に手コキを習って試したら、彼氏に引かれました……

―― アダルトグッズによる性の普及を提唱するエースゼロワンの担当者が、自信を持ってオススメする今月のアダルトグッズは、セックスの楽しさをレクチャーする大ヒットDVD『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス...

【花津ハナヨ】──風俗嬢に手コキを習って試したら、彼氏に引かれました……
第1特集
メガバンク新規開拓の苦悩【2】

さらなる合併でどうなる、みずほ!? 行内恋愛事情付きメガバンク3行の最新状況早わかり!

―― 各企業に大きな影響力を持つ大銀行。当の彼らの会社としての状況はどうなのか? あらためて整理してみた。

さらなる合併でどうなる、みずほ!? 行内恋愛事情付きメガバンク3行の最新状況早わかり!
第1特集
メガバンク新規開拓の苦悩【1】

みずほのシステム障害はまた起きる!? 融資したくない企業はどこだ? メガバンク3行の苦悩を聞く

―― 金融機関なくしては成り立たない現在の企業社会で、融資の最前線に立つ銀行員たちが思う、「本当はお金を貸したくない企業」はどこだ !? ITベンチャー等の成長株を見極めきれない、肥大化した銀行側が抱える限...

みずほのシステム障害はまた起きる!? 融資したくない企業はどこだ? メガバンク3行の苦悩を聞く
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.1

『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』──夢の共演映画から考える、特撮モノの歴史と未来

―― テレビ朝日毎週日曜7時半~8時のスーパー戦隊シリーズと、同じく8時~8時半の仮面ライダーシリーズ。共に40年余りにわたって続いてきた、東映が手がける2つの特撮ドラマが、今春劇場で大激突!ある種の”お祭...

『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』──夢の共演映画から考える、特撮モノの歴史と未来
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.02

「全摘」とは私の生き方、そしてすっぴんをさらす女優・水川あさみのことである

―― 4月22日、母校の静岡県立掛川西高等学校の同窓会掛川支部総会で1時間ほど講演をした。松井三郎・掛川市長をはじめ約200名ほどの同校OBが集まった。掛川での講演会はこれで4回目だ。母校でかっこつけてもし...

「全摘」とは私の生き方、そしてすっぴんをさらす女優・水川あさみのことである
第1特集
使い捨て社員急増中のブラック企業研究【5】

維新の会躍進でブラック企業が増加!? “抜け穴”だらけの労働基準法

―― ブラック企業からか弱き労働者を守るべき我がニッポンの法律は、いかに機能しているのか?労働基準法をはじめとする労働諸法の運用実態とその”穴”について、数々の労働裁判に携わってきた弁護士に話を聞いた。

維新の会躍進でブラック企業が増加!? “抜け穴”だらけの労働基準法
第1特集
使い捨て社員急増中のブラック企業研究【4】

キャリアコンサルタントが匿名で語る 転職のプロが選ぶ「”働きたくない”会社はココだ!」

―― 今まで見てきたように、ブラック企業は星の数ほど存在する。そこで、実務経験5年、計2500人以上の転職相談を受けてきたキャリアコンサルタントに、”働きたくない”企業を聞いた。

キャリアコンサルタントが匿名で語る 転職のプロが選ぶ「”働きたくない”会社はココだ!」
第1特集
使い捨て社員急増中のブラック企業研究【3】

「死ぬまで働け!」「勝てば官軍」「弱い兵士は守らない」 経営者の名言で見るブラック企業

―― 特集【1】でも述べたように、メディアで華々しく発言するような社長の経営する企業が、実はブラックであることも多い。そこで、ブラック企業が多いといわれる3業種の、カリスマ的経営者たちの名言(迷言?)から、...

「死ぬまで働け!」「勝てば官軍」「弱い兵士は守らない」 経営者の名言で見るブラック企業
第1特集
使い捨て社員急増中のブラック企業研究【2】

企業乗っ取りも当たり前!? ブラック企業アナリスト・新田龍氏が選ぶ“社会的”ブラックな有名企業

―― 特集【1】では社員にとってのブラック企業について、論を進めてきた。ここではあまたあるブラック企業の中でも、目に余る悪行を行っている企業を、新田龍氏に選出、解説してもらった。

企業乗っ取りも当たり前!? ブラック企業アナリスト・新田龍氏が選ぶ“社会的”ブラックな有名企業
第1特集
使い捨て社員急増中のブラック企業研究【1】

ワタミにユニクロまで!! 不況下で伸びている企業はキケン!? “黒い会社”を生み出す日本型雇用の限界

―― 過酷な労働や違法性の高い事業などを行う、いわゆる「ブラック企業」は、これまでも幾度となくネットや週刊誌などで注目を集めてきたが、こうした企業がなくなる気配はない。なぜ、現在の日本において「ブラック企業...

ワタミにユニクロまで!! 不況下で伸びている企業はキケン!? “黒い会社”を生み出す日本型雇用の限界
ニュース
機長が骨折したまま運航することも!!

JALの事故放置、退職者量産で”ハゲタカ”企業再生支援機構が大儲け!?

―― 4月24日、植木義晴・日本航空(JAL)社長は定例会見で、2012年3月期決算(5月14日発表予定)について「予想として示している営業利益1800億円は、大幅に超えると推測している」と胸を張った。6月...

JALの事故放置、退職者量産で”ハゲタカ”企業再生支援機構が大儲け!?
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第47回「クマに捧げるレクイエム」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第47回「クマに捧げるレクイエム」
インタビュー
CMディレクターが見る3.11後の"日常"

【市村幸卯子】ドイツで発刊された、原発事故後の日本の『不謹慎』な生活を綴ったマンガ絵日記

―― 原発事故後の東京の”日常”を絵日記で綴った書籍が、ドイツで刊行された。同書に込められた日本人クリエーターの思いとは?東日本大震災発生からわずか3日後。南ドイツ新聞・電子版にて、東京在住のCMディレクタ...

【市村幸卯子】ドイツで発刊された、原発事故後の日本の『不謹慎』な生活を綴ったマンガ絵日記
第1特集
魑魅魍魎うごめく芸能プロの真価

バーニングは防弾チョッキ必須!? 芸能マネージャーが選ぶ”本当に働きたい”芸能プロ

―― 大手から中堅まで、男女5人の芸能マネージャーが集結。給与、勤務時間、仕事量、抱えているタレントの質、芸能界における力の発揮しやすさ、さまざまな観点から「オレらが本当に働きたい芸能プロ」「本当に働きたく...

バーニングは防弾チョッキ必須!? 芸能マネージャーが選ぶ”本当に働きたい”芸能プロ
ニュース
プロのサッカー選手でも年収300万!?

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ

―― 本誌5月号でも既報だが、朝日新聞のスクープに端を発した読売ジャイアンツの契約金問題や、タレント・猫ひろしのカンボジア国籍問題など、ロンドン五輪を前に、露呈したスポーツ界の不正報道。

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第二回】その会社は本当にブラックなのか!? 「逆転のオセロ浄化」で社内改革を起こせ!

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~ 第2回

【第二回】その会社は本当にブラックなのか!? 「逆転のオセロ浄化」で社内改革を起こせ!
ニュース
報道の裏を読む芸能記者覆面座談会

紳助復帰はあの番組!? 次に狙われる塩谷瞬と加藤茶妻の怪しい過去

―― 「島田紳助久々登場」から「二股男騒動」まで、ここ1カ月に話題になった芸能ネタを、週刊誌記者(A)、スポーツ紙記者(B)、フリーライター(C)が振り返りつつ、その舞台裏を明かす座談会を開催。なぜ塩谷瞬は...

紳助復帰はあの番組!? 次に狙われる塩谷瞬と加藤茶妻の怪しい過去
ニュース
ごり押しCMでも話題!

酷評の嵐吹き荒れるNOTTVをテレビ業界が推進させたいワケ

―― 4月1日にスマートフォン向けのマルチメディア放送局「NOTTV」がスタートした。AKB48のメンバーが登場するテレビCMや全国紙での全面広告など、大規模なプロモーションを展開したことから「名前は知って...

酷評の嵐吹き荒れるNOTTVをテレビ業界が推進させたいワケ
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.78

【今月の教訓】バカと自動翻訳は使いよう

―― 今は消されているが、以前ウィキペディアに「英語は話せない」とわざわざ書かれていたぐらい英語が苦手な私である。先日も、神と崇める元阪神のバース様に会う機会があったのに、「サイン・プリーズ!」とかしか言え...

【今月の教訓】バカと自動翻訳は使いよう
インタビュー
現役ヤクザ作家の提言を聞け!

【茶話康朝】獄中記を綴った”侍”による、渡世と暴排条例の本質とは?

―― 30代のほとんどを刑務所で過ごした、現役ヤクザの獄中本。出版の経緯、そして暴力団排除の流れをどう読んでいるのか?2011年に全都道府県で施行された暴力団排除条例に続き、今国会では暴力団対策法の改定案も...

【茶話康朝】獄中記を綴った”侍”による、渡世と暴排条例の本質とは?
第1特集
ソーシャルゲーム業界の裏側【3】

元「切込隊長」がソーシャルゲーム業界を語る「異常な収益性を支える歪な構造の放置は危険」

―― 山本一郎氏は、ブログ等でたびたびソーシャルゲーム業界に対する叱咤激励を行ってきたひとりだ。自身も業界にかかわる氏の目に映る、今の業界の問題点とは?

元「切込隊長」がソーシャルゲーム業界を語る「異常な収益性を支える歪な構造の放置は危険」
第1特集
ソーシャルゲーム業界の裏側【2】

ジャーナリストがソーシャルゲーム業界を語る「成長力の正当評価のため、ビジネスモデルの修正を」

―― 批判を覆すために、今必要なものは何か? デジタルコンテンツ業界を取材し続けてきたジャーナリストが、プラットフォーム2社に期待することとは──。

ジャーナリストがソーシャルゲーム業界を語る「成長力の正当評価のため、ビジネスモデルの修正を」
第1特集
ソーシャルゲーム業界の裏側【1】

GREE、DeNAの2強支配は続くのか? ソーシャルゲーム業界が抱える「○と×」

―― 昨今、日本社会を騒がせているソーシャルゲーム業界。リアルマネートレードの存在や、いわゆる「ガチャ」の射幸性の高さなどに対する批判も噴出しているが、沈みかけていたゲーム業界に活気を取り戻し、海外展開にも...

GREE、DeNAの2強支配は続くのか? ソーシャルゲーム業界が抱える「○と×」
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』