サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 大コケ【NOTTV】の裏には既得権益だらけ?
1206_nottv_hp.jpg
NOTTVの公式サイトには、「新しいTVの楽しみ方を提供します」との文字が踊るが……。

 4月1日にスマートフォン向けのマルチメディア放送局「NOTTV」がスタートした。AKB48のメンバーが登場するテレビCMや全国紙での全面広告など、大規模なプロモーションを展開したことから「名前は知っている」という人も多いはずだ。

 NOTTVとは、専用チューナーを搭載したスマートフォンやタブレットで見ることのできる一種のテレビ放送で、現在は関東、東海、関西、北九州などで視聴することができる。初年度のユーザー数は100万人を目標としており、放送エリアも2015年には全国へ拡大し、世帯カバー率も90%を超えることを目標に掲げている。

 しかし、大々的なプロモーションを展開しているものの、実際にNOTTVを視聴したことがあるというユーザーとなると、ほとんどいないのが現状だ。なぜなら、NOTTVを見ることができる端末は現在のところ、NTTドコモから発売されているシャープ「AQUOS PHONE SH-06D」と、NECカシオ「MEDIAS TAB N-06D」の2機種のみで、しかも視聴に当たっては月額420円の有料契約が必要とされるからだ。

MEMONOTTV
今年4月1日にスタートした、スマートフォン向けのマルチメディア放送局のこと。東京・六本木のミッドタウン・タワーに本社を置く「mmbi」なる会社が運営し、AKB48メンバーをCMに出演させるなど、大々的なプロモーションを行ってはいるが……。

「肝心の番組内容はというと、3つあるチャンネルのうち、2つがドラマやバラエティ、スポーツ中継を中心にした総合チャンネルで、1つはニュース専門チャンネルとなっています。総合チャンネルのほうは、AKB48が出演するオリジナル番組をウリにしているものの、そのほかはJ-POPやK-POPのミュージックビデオを流すだけの番組、BS・CS放送番組の再利用などが中心。ニュースチャンネルも、CSのニュース専門チャンネルであるTBSニュースバードと日テレNEWS24から流用したものとなっています。つまり、NOTTVでなければ見られないという特別な番組もなければ、スマホで見ることを意識した番組作りもなされていないんですよ」(ITジャーナリスト)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載