> 原発の検索結果

原発 の検索結果

ニュース
「電気を大切にね!」ってまた言うの?

東電が原発再稼働に向けて奇策発動!? でんこ復活の怪情報

――  東日本大震災による避難者がうつ病となり自殺し、福島第一原子力発電所事故との因果関係をめぐって争っていた自殺賠償訴訟で、8月26日、損害賠償命令が下った東京電力。なりふり構わぬ手段で赤字回避を目指して...

東電が原発再稼働に向けて奇策発動!? でんこ復活の怪情報
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第82回

東電・政府の”制御下”にない汚染水漏洩問題

―― ――今年4月に発表された福島第一原発での汚染水漏洩問題は、いまだ収束の気配を見せていない。先のオリンピック招致でのプレゼンテーションにおいて、安倍晋三首相が「The situation is unde...

東電・政府の”制御下”にない汚染水漏洩問題
第1特集
サイゾー的 現代美術家ガイド!【2】

体を張るChim↑Pomに反原発デモを逆走する丹羽良徳…キケンな芸術家10選!

―― 【1】金氏徹平 1978年生まれ。おもちゃやコーヒーの染みなど身の回りのものを用い、モチーフの境界を溶かすような造型物などを制作。2009年に横浜美術館での個展を最年少で実現した。写真家・梅佳代らとの...

体を張るChim↑Pomに反原発デモを逆走する丹羽良徳…キケンな芸術家10選!
第1特集
サイゾー的 現代美術家ガイド!【1】

サイゾー的アーティスト・ガイド! この美術家がヤバい!タブーに挑む最尖端芸術

―― ――村上隆、奈良美智、会田誠といった現代美術家は一般的に名が知られているが、彼ら以降の世代にも刺激的な作家たちがいる! 2010年代の今、本誌がタブーに挑んでいると見なすのが、この10名のアーティス...

サイゾー的アーティスト・ガイド! この美術家がヤバい!タブーに挑む最尖端芸術
第1特集
各業界の"本職"に聞く「オレたちのタブーを破った映画」【1】

ジャーナリスト・武田徹が推挙 メディアの矛盾と欺瞞を突くドキュメンタリー映画

―― ジャーナリストが『チョムスキーとメディア』に見るマスコミの欺瞞性、元警察官が『踊る大捜査線』に見る本部と所轄署との関係性、さらには精神科医が『クワイエットルームにようこそ』に見る精神科閉鎖病棟のリアル...

ジャーナリスト・武田徹が推挙 メディアの矛盾と欺瞞を突くドキュメンタリー映画
ニュース
大企業の労働組合関係者がずらり!!

民主党を崖っぷちに追い込んだ「勲章狙いで閣僚入り」民社協会の正体

―― 「野田首相は、小沢グループが民主党からごっそり飛び出していったことにおじけづき、情けないまでの守りに入ってしまったね。政権浮揚につながるラストチャンスだった10月の内閣改造を姑息な論功行賞におとしめ、...

民主党を崖っぷちに追い込んだ「勲章狙いで閣僚入り」民社協会の正体
ニュース
死にゆく計45万匹以上の家畜

殺された街、牛、心…福島警戒区域内で積み上がり続ける”屍”

―― 福島第一原発から半径20キロ圏内は警戒区域に指定され、同区域内への立ち入りは法律で厳しく制限されている。原発事故前、同区域では牛約3500頭、豚約3万頭、鶏約44万羽が飼育されていたが、事故後は、鶏は...

殺された街、牛、心…福島警戒区域内で積み上がり続ける”屍”
第1特集
反原発デモの現場で起きる"過激派"との衝突の真相

新左翼がオルグしている!? 大手マスコミでタブー視される首相官邸前反原発デモの現場

―― この1年余り、国内各地で行われている反原発デモ。その中で、今もっとも参加者を集めるのが、毎週金曜夜に首相官邸前で行われる抗議活動だろう。しかし、その現場には、いわゆる「過激派」と呼ばれる新左翼系セクト...

新左翼がオルグしている!? 大手マスコミでタブー視される首相官邸前反原発デモの現場
ニュース
放射線量は「100ミリシーベルトだって大丈夫」!?

野田政権がゴリ押し!「原子力規制委員会」のトンデモな面々たち

――  野田政権は7月26日、原発行政を監視する新組織「原子力規制委員会」のメンバーに、内閣府原子力委員会の田中俊一・元委員長代理をトップとする5人の委員を内定した。だが、すでに指摘されているように、この田...

野田政権がゴリ押し!「原子力規制委員会」のトンデモな面々たち
ニュース
宣伝効果は数億円にまで上る!?

約10日出社で即退社! あの山本太郎を雇った若手社長の胸算用とは?

―― 4月、「反原発の闘士」として知られる俳優の山本太郎が、太陽光発電の施工事業を展開する企業「ソーラーリフォーム」 に入社するというニュースが話題になった。 ところが、一部で既報の通り、山本は7月17日付...

約10日出社で即退社! あの山本太郎を雇った若手社長の胸算用とは?
ニュース
原発近くで音楽フェスを開催する理由は?

高い放射線量を計測したロックインジャパンと激安会場費の関係

―― 8月3日~5日、音楽出版社のロッキング・オンが企画制作する「ROCK IN JAPAN FES.2012」が茨城県の国営ひたち海浜公園で行われた。 このフェスに関しては、福島第一原発の事故が起こった2...

高い放射線量を計測したロックインジャパンと激安会場費の関係
ニュース
大手企業の工場も撤退の噂!?

原発共存市長の再選で再び揺れる浜岡原発と御前崎市の現状

―― 野田佳彦首相が、福井県大飯原発を6月下旬に再稼働させると発言し世間を賑わせているが、全炉停止中の中部電力浜岡原発でも、再稼働をめぐる議論が再燃し、市民から不安視されている。

原発共存市長の再選で再び揺れる浜岡原発と御前崎市の現状
インタビュー
CMディレクターが見る3.11後の"日常"

【市村幸卯子】ドイツで発刊された、原発事故後の日本の『不謹慎』な生活を綴ったマンガ絵日記

―― 原発事故後の東京の”日常”を絵日記で綴った書籍が、ドイツで刊行された。同書に込められた日本人クリエーターの思いとは?東日本大震災発生からわずか3日後。南ドイツ新聞・電子版にて、東京在住のCMディレクタ...

【市村幸卯子】ドイツで発刊された、原発事故後の日本の『不謹慎』な生活を綴ったマンガ絵日記
第1特集
原発労働と地元の深~いかかわり【4】

「東電社員イジメも、明日は我が身!」“大飯原発”再稼働問題を電力会社社員が語る

―― 日本で3番目の発電量を持つ福井県の大飯発電所。11年に原子炉を停止した同発電所の再稼働問題が騒がしい。この問題によって、世の中の関心は東京電力から関西電力へと向けられているが……そんな中、地方の電力会...

「東電社員イジメも、明日は我が身!」“大飯原発”再稼働問題を電力会社社員が語る
第1特集
原発労働と地元の深~いかかわり【3】

東電から訴えられる!? 誰も知らない、 原発スラップ裁判の実態

―― 「スラップ=SLAPP」とは、「市民の公的意見表明の妨害を狙って提訴される民事訴訟」のこと。これまでも、上関原発の反対派住民を中国電力が提訴した件など、電力会社は、“裁判”という形で市民の言論を封じて...

東電から訴えられる!? 誰も知らない、 原発スラップ裁判の実態
第1特集
原発労働と地元の深~いかかわり【2】

アウトローが語る原発労働の実態 久田将義×鈴木智彦「東電はヤクザを黙認している」

―― 自ら福島第一原発に潜り込み、混乱する内部の様子を克明に書き記した、ジャーナリスト鈴木智彦氏による『ヤクザと原発』(文藝春秋)。原発を地元の産業として受け入れながら育ち、自らもそこで働く若者に迫ったルポ...

アウトローが語る原発労働の実態 久田将義×鈴木智彦「東電はヤクザを黙認している」
第1特集
原発労働と地元の深~いかかわり【1】

事故処理の下請けはヤクザだけじゃない!! 原発お膝元のイビツな利権構造

―― 福島原発の事故により東京電力の経営実態が明るみになってきたが、依然として原発事故処理の実態が大手メディアで報じられることはない。原発の経営と同様に、原発事故処理は、電力会社と裏社会だけが行っているので...

事故処理の下請けはヤクザだけじゃない!! 原発お膝元のイビツな利権構造
第1特集
東電とメディアの癒着とその本質【2】

マスコミの体たらくから食料不足まで!各国が報じた”Fukushima”の真実

―― 東電とマスコミの癒着は本文で触れるとして、世界各国では福島原発事故をどのように報じたのだろうか? 日本にはほとんど伝わってこない、各国の主要新聞やテレビ報道の中身を、国の大小問わず取り上げてみたい。

マスコミの体たらくから食料不足まで!各国が報じた”Fukushima”の真実
第1特集
東電とメディアの癒着とその本質【1】

東電の広告支配で原発報道は歪曲されてきたのか? 癒着の構造とその背景にある政治利用の真相

―― ネットを中心とした言論空間では、電力会社の出稿により批判記事が封じられているという言説が流れているが、果たしてそれは正しいのだろうか? 広告代理店関係者、現役の新聞記者らの弁からその構造、さらには原発...

東電の広告支配で原発報道は歪曲されてきたのか? 癒着の構造とその背景にある政治利用の真相
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【9】

反原発アイドル・藤波 心が語る孫正義──孫正義のリツイートが14歳に与えた衝撃

―― 原発事故が起こって10日余り過ぎた11年の3月23日に、自分のブログ「ここっぴーのへそっぴー」に、『批難覚悟で…』というタイトルの記事を書いたんです。原発事故の汚染について、その危険性を伝えることが”...

反原発アイドル・藤波 心が語る孫正義──孫正義のリツイートが14歳に与えた衝撃
ニュース
震災復興の裏にある魑魅魍魎の思惑

"東電国有化"は総選挙対策!? 背後に控える「孫正義の野望」

―― 「東電帝国」(文春新書)。  2011年暮れから、「東京電力の国有化」をめぐる新...

ニュース
狙うは自民党利権崩壊と"新たな利権"

九州電力を叩きまくる枝野経産相の「東電解体」の野望

―― 『東電解体』(東洋経済新報社)。 「いったい何を考えているのか、理解不能だよ、あ...

九州電力を叩きまくる枝野経産相の「東電解体」の野望
第1特集
裏社会が群がる復興シノギ【3】

裏社会がないと復興事業も成り立たない? ヤクザが狙う復興シノギの"今"と"これから"

―― ──多くの実話誌や一部週刊誌で話題になっている「復興ビジネス」には一体どんなもの...

裏社会がないと復興事業も成り立たない? ヤクザが狙う復興シノギの
第1特集
特別対談 原子力を求めたフクシマの悲劇【2】

「原子力モナカ」「回転すしアトム」......原発と共存した地方の"中毒症状" とは?

―― ――ここでは、対談内では紹介しきれなかった、開沼氏の興味深い論考である、原発をめ...

「原子力モナカ」「回転すしアトム」......原発と共存した地方の
第1特集
特別対談 原子力を求めたフクシマの悲劇【1】

ノンフィクション作家・佐野眞一×社会学者・開沼 博 ニッポンが抱え続ける〈原発問題〉の盲点

―― ──ノンフィクション界の巨匠と、注目の若手社会学者が至近のテーマに選んだのは、〈...

ノンフィクション作家・佐野眞一×社会学者・開沼 博 ニッポンが抱え続ける〈原発問題〉の盲点
ニュース
「被害者への鎮魂歌になれば」

【樋口健二】──原発被ばく労働者の真実をひたすら追い続ける"売れない写真家"

―― (写真=江森康之)  福島原発の事故をきっかけに、ある報道写真家に注目が集まって...

【樋口健二】──原発被ばく労働者の真実をひたすら追い続ける
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【7】

「一時の感情で動いても意味がない!」現代芸術家・ヤノベケンジが説く"反原発のために芸術がすべきこと"

―― ──「アトムスーツプロジェクト」をはじめ、20年にわたり独自の視点から"反原発"...

「一時の感情で動いても意味がない!」現代芸術家・ヤノベケンジが説く
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【6】

30万ダウンロードで寄付は4800万円......でも、反原発作品は儲からない? 反原発運動とお金のカンケイ

―― 写真左/斉藤和義の「ずっと好きだった」。オリジナル曲のオリコン週間最高順位は8位...

30万ダウンロードで寄付は4800万円......でも、反原発作品は儲からない? 反原発運動とお金のカンケイ
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【5】

ガンダムの生みの親・富野由悠季が語る「モビルスーツの動力となる原子力と表現活動の脆弱」

―― 『機動戦士ガンダム』から、新著『「ガンダム」の家族論』まで、多くの場面で原子力の...

ガンダムの生みの親・富野由悠季が語る「モビルスーツの動力となる原子力と表現活動の脆弱」
第1特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【4】

「今、『"フクシマ"には行きたくねえ』と歌えるか?」ラッパー・ECDが語るデモの意義と福島原発事故

―― ──反原発を歌った楽曲とともに、デモにも積極的に参加しているECD氏。氏が語る8...

「今、『
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【3】

「岡本太郎のやってることが普通だよ!」アートディレクター・若野桂が語る"反原発"ってイイじゃん!

―― ──ツイッター上で原発を痛烈に批判し、自身の作品でも原子力への嫌悪感を露にする若...

「岡本太郎のやってることが普通だよ!」アートディレクター・若野桂が語る
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【2】

「『反原発』の映画を撮っても誰も見てくれない!」映画監督・鎌仲ひとみが語る反原発作品

―― 「反原発」作品をアーティストたちはどうとらえているのか? 原発関連の映画を製作す...

「『反原発』の映画を撮っても誰も見てくれない!」映画監督・鎌仲ひとみが語る反原発作品
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【1】

「芸術は、爆発だ!?」......反原発を訴えた"大御所"による歴史的作品群

―― (絵/管 弘志)  3月11日、東京電力福島第一原子力発電所において、原子力事故...

「芸術は、爆発だ!?」......反原発を訴えた
ニュース
利権にまみれた原発問題に解決策はあるのか?

民主党と知事の蜜月が生んだ福島発 "原発立国ニッポン"への道程

―― ――「東電の社長が、お詫びに伺いたいと言ってきた。でも、県民の不安や怒りを察する...

民主党と知事の蜜月が生んだ福島発
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』