サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【東電】による広告支配で原発報道が歪曲!?

──ネットを中心とした言論空間では、電力会社の広告出稿により批判記事が封じられているという言説が流れているが、果たしてそれは正しいのだろうか? 広告代理店関係者、現役の新聞記者らの弁からその構造、さらには原発の政治利用という側面を考えてみたい──。

1206_az_touden_.jpg
『東電帝国』(文春新書)

「新聞・テレビなど大手メディアは、電力会社から多額の広告費をもらっているがゆえに、原発について本当のことを伝えていない」

 福島第一原発事故が起こるや、このような言説がツイッターを中心に流れ始め、リツイートによって瞬く間に拡散していったことは、記憶に新しいだろう。

 11年5月13日に行われた東京電力の清水正孝社長(当時)の国会答弁によれば、同社の09年度の広告費は91億円。競争相手のいない地域独占企業でありながら、これだけの金額を使って何をアピールしていたかといえば、「原発の安全性、エネルギー効率の優位性、環境性といったもの。例えば、東京電力のCMにアナウンサーの草野仁、中部電力のCMには経済評論家の勝間和代、弁護士の北村晴男といった文化人が登場し、広告塔を務めていた」(大手広告代理店社員)。

 賢明なサイゾー読者であれば既知だろうが、メディアは広告主の意向に沿うコンテンツ作りを求められており、広告主の批判はご法度。だとすれば、東電をはじめとする電力会社の広告は、メディアの原発批判を封じる役割を果たしてきたことになる。もちろんこれは、新聞やテレビといった大手メディアに限った話ではない。前出の広告代理店社員が声をひそめる。

「91億円もの広告費は、広報部経由による、新聞やテレビといった大手メディアへの広告料。で、雑誌の場合は、総務部が窓口になります。本来大手企業では、総会屋やコワモテのクレームは総務部が引き受けることになっているのが常識ですが、東電にとって雑誌というのはいわば、彼らと同じ扱いだということ(苦笑)。まあ、東電の場合、年間10億円の使途不明金があるといわれていますが、こうしたお金が総務部を通じて、政治献金や雑誌メディアに流れるという構図ですね」

 老舗の経済週刊誌DやTも例外ではないと代理店社員は続けるが、こうした広告主との関係はメディアにおいては常識で、広告主の横やりで批判記事を差し止めるのは日常茶飯事だという。

「大手経済系新聞ではスポンサー企業におもねって、株価が上がるような記事作りをすることすらあるようですから、メディアの公平性などあってないようなものなのです。原発関連でいえば、まったく売れてないのになぜか廃刊にならないSというエコロジー系雑誌がありますが、これは東電がバックについている、原発を推進する隠れた御用メディアなんですよ」(同)

 現在は大っぴらな原発推進広告は姿を消しているが、広告費とは別の会計で、電力会社からメディアに以前から金が流れ始めていたということだ。それでいて電気料金値上げを推進しようとしているのだから、自家撞着も甚だしい。

 こうした中、3・11直後には、原発事故が起こっているのに東京電力の原発広告が掲載されてしまい、混乱を来したメディアもあったようだ。「週刊朝日」(朝日新聞出版)もそのひとつ。原子力リサイクルをPRする広告の掲載の取り消しが間に合わず、版元の朝日新聞出版では、抗議の電話を受けた場合は、すべて広告部の担当者に回すようにという指示と共に、想定問答集が社内メールで全社員に送付されたという。

 冒頭のように、こうしたメディアに対する疑心暗鬼が広がったのが3・11後のネット空間だったワケだが、「ニューズウィーク日本版」(阪急コミュニケーションズ)副編集長の長岡義博氏は当時、「『安全デマ』の深すぎる病根」や「震災取材はどうあるべきか」といった記事で、その“雰囲気”をこう解説した。

「新聞やテレビには、本当に原発は危険なのに、安全だと“安全デマ”を垂れ流していると批判が浴びせられた。その一方で、批判された記者や学者は、相手側を“危険デマ”だと応酬した。原発事故後しばらくして、東電社員の被ばくの深刻さを否定する記事を書いた朝日新聞記者と評論家の東浩紀氏がツイッター上で議論したのはその典型的な例で、どこまでも両者の溝は深まるばかりだった。社会学者の宮台真司氏は原発情報を積極的にリツイートしていたひとりだったが、それは東電や政府の発表は愚民政策に基づいて真実を伝えていないという考えに基づいたものだった──」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』