> マルサの女の検索結果

マルサの女 の検索結果

連載
マルサの女

【小倉優香】基本的に不摂生なんです。

―― 前回の表紙登場時は、グラビアでブレイクしたばかりだった小倉優香さん。この1年はいかがでしたか?

【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。

―― 表紙4回目と過去最多登場かもしれない都丸紗也華さん。そろそろおしゃべりするネタも尽きてきましたが、最近痩せました? 顔つきがシャープになった気が。

【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
連載
マルサの女

【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。

―― 「この1年でとうとうハタチになって、お酒を飲み始めました」

【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
連載
マルサの女

【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。

―― 「肉じゃがとか筑前煮が好きなんです」と話すのはハーフ美女・日向カリーナさん。この度は純日本家屋で梶芽衣子をイメージした、バーチャル女サソリのようなビジュアルに挑戦していただきましたが、普段はティーン向...

【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
連載
マルサの女

【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。

―― 「目立ちたくないんです」と話すのは、17年に雑誌の表紙でデビューを飾ったアンジェラ芽衣さん。「黒騎士と白の魔王」や「ふんわりルームブラ」のCMガールといえばご存じの方も少なくはないでしょう。エキゾチッ...

【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
連載
マルサの女

【澤北るな】男の人が苦手なんです。

―― 東洋と西洋のミクスチャー「シャンパリ(上海×パリ)」の世界観で、人間離れしたアンドロイドを演じていただいたのは、2017年デビューするなり各誌表紙を総なめにしたグラビアアイドルの澤北るなさん。サイゾー...

【澤北るな】男の人が苦手なんです。
連載
マルサの女

【園都】ウナギが好きなんです。

―― 「昭和のエロス」「第2の壇蜜」とのパブリックイメージから一転、キュートで挑発的な"サイバーエロリスト"を演じていただいたのは、グラビアアイドルの園都さん。なかなかぶっ飛んだ衣装に、寒い中での撮影でした...

【園都】ウナギが好きなんです。
連載
マルサの女

【わちみなみ】ビキニで人生変わったんです。

―― 昭和のアイドルを彷彿とさせるヘアスタイルと水着で、磯の香り漂うアナクロビジュアルにご協力いただいたのは、平成生まれグラビアアイドル・わちみなみさん。今日はイモい髪形をさせてしまってすみません。

【わちみなみ】ビキニで人生変わったんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】毎日体形が変わるんです。

―― ニットや水着などを脱いだり着たりを繰り返す動きがちょっとセクシーな、今月の巻頭ビジュアルにご登場いただいたのは、グラビアアイドルの都丸紗也華さん。本誌表紙はこれにて3回目と、もはや常連さんですが、今日...

【都丸紗也華】毎日体形が変わるんです。
連載
マルサの女

【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。

―― 往年の映画女優然としたドレッシーな装いで巻頭グラビアを飾っていただいたのは、昨年のNHK大河『真田丸』での細川ガラシャ役の記憶も新しい、女優の橋本マナミさん。本日の撮影は、いかがでしたか?

【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
第2特集
マルサのオンナ【特別編】

歴代カバーガールグラビア傑作選――サイゾーが選んだ8人のイイ女たち

―― これまで数々の女性タレントが表紙&巻頭グラビアを飾ってくれたけども、そんな彼女たちを「もう一度誌面で見たいな~」と思いませんか?そこで、ここ3年ほどの間にご登場いただいた、マルサのオンナたちの中でも、...

歴代カバーガールグラビア傑作選――サイゾーが選んだ8人のイイ女たち
連載
マルサの女

【今野杏南】これで最後なんです。

―― けだるさを感じさせるランジェリー姿で家具とからんでいただいたのは、女優の今野杏南さん。実はこの夏にリリースしたDVDを最後に本格女優へと舵を切ったから。本誌3月号に登場いただいた際にはグラビア界を背負...

【今野杏南】これで最後なんです。
連載
マルサの女

【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。

―― 「2年ぶりにサイゾーさんの表紙に出させていただいて、やっぱりおしゃれだなっていうか……すごく手間がかかってるなって思いましたね」と話すのはIカップの猫娘系ロリ巨乳グラドル・青山ひかるさんです。

【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
連載
マルサの女

【小倉優香】運気上がってるんです。

―― 「仕事がグーン!と増えて、休みがなくなりました」と話すのは、この春生まれて初めてのグラビアで「週刊ヤングマガジン」(講談社)の表紙を飾り、「あの子は誰?」と業界を騒然とさせた女優の小倉優香さん。自身を...

【小倉優香】運気上がってるんです。
連載
マルサの女

【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。

―― 「一番びっくりしたのは地毛を一切使わない撮影だったってところです」と興奮気味に話すのは、6秒動画投稿サービス「Vine」のカリスマとして人気を集め、現在はグラビアアイドルとして活躍しているRaMu(ら...

【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
連載
マルサの女

【冨手麻妙】けっこうノーブラなんです。

―― 「サイゾーさんの表紙が大好きで、ずっとやりたいって思っていたんです!」。そう話すのはAKB研修生を経て、現在は女優として、とりわけ園子温作品で活躍中の冨手麻妙さん。今年1月公開の主演作『アンチポルノ』...

【冨手麻妙】けっこうノーブラなんです。
連載
マルサの女

【本郷杏奈】方言がまだ抜けないんです。

―― さまざまな食材をデコったビジュアルにご出演いただいたのは昨年グラビアデビューを果たしたばかりの本郷杏奈さん。本日の撮影はいかがでした?

【本郷杏奈】方言がまだ抜けないんです。
連載
マルサの女

【山地まり】きっと太っていたんです。

―― 美と筋肉がテーマの本誌特集にちなみ“ビューティー&マッチョ”なアートワークにご協力いただいたのは、山地まりさん。今回の撮影、いかがでしたか?

【山地まり】きっと太っていたんです。
連載
マルサの女

【忍野さら】親には黙っていたんです。

―― 実験をテーマに、マッドでキュートなビジュアルワークに出演いただいたのは、2016年夏にグラビアデビューしたばかりの新人グラドル忍野さらさん。昨年末は、雑誌グラビアや表紙をジャックしたと言っても過言では...

【忍野さら】親には黙っていたんです。
連載
マルサの女

【今野杏南】映画、撮りたいんです。

―― 女の子の大好きな着せかえ人形をモチーフにしたミステリアスなアートワークにご協力いただいたのは、表紙では実に5年ぶりの登場となる今野杏南さん。久しぶりのカバー、いかがでした?

【今野杏南】映画、撮りたいんです。
連載
マルサの女

【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。

―― 新年らしく「視点を変えて世界観を変えてみよう!」というコンセプトのもとに、真下から堂々と女の子を覗いた刺激的なフォトセッションに挑戦していただいたのは、元AKB48で現在は舞台、映画、グラビアで活躍中...

【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
連載
マルサの女

【筧美和子】ひとりで寂しいんです。

―― イリュージョンをお題に、グラマラスでポップなグラビア撮影にご協力いただいたのは、本誌表紙へは3年ぶりの登場となった筧美和子さん。前回は『テラスハウス』(フジテレビ)でのブレイク前夜で初々しい印象でした...

【筧美和子】ひとりで寂しいんです。
連載
マルサの女

【久松郁実】女子力低下してるんです。

―― 色気ムンムンの踊り子から、元気なフラフープガール、そしてハリウッドセレブ風まで千変万化の銀幕スターを演じていただいたのは、本誌2015年5月号以来の再登場となる久松郁実さん。

【久松郁実】女子力低下してるんです。
連載
マルサの女

【菅井美沙】根暗で地味なんです。

―― ポップでキュートなビジュアルで表紙とグラビアを飾っていただいたのは、この春グラビアデビューを果たしたばかりの期待の新人・菅井美紗さんです。

【菅井美沙】根暗で地味なんです。
連載
マルサの女

【永尾まりや】最初は断ったんです。

―― ユーザーの好みに合わせてあらゆるジャンルを網羅する動画サイトをイメージし、テーブルの上で何にでも変身できる女性を演じていただいたのは、今年5月にAKB48を卒業したばかりの永尾まりやさん。現役時代は本...

【永尾まりや】最初は断ったんです。
連載
マルサの女

【長澤茉里奈】出戻りなんです。

―― ブラインドからのぞくブリッブリのFカップボディを披露してくれたのは、アイドルグループ“放課後プリンセス”の候補生“放プリユース”の長澤茉里奈さん。こってりとしたメイクの下はハタチと思えぬほどの童顔で、...

【長澤茉里奈】出戻りなんです。
連載
マルサの女

【橋本マナミ】なんで大河が決まったかわからないんです。

―― 小誌京都特集にちなみ往年の東映映画をモチーフにしたファッショナブルでセクシーな撮影にご出演いただいたのは、「愛人にしたい女NO.1」として一躍ブレイクした女優・タレントの橋本マナミさん。本日の撮影いか...

【橋本マナミ】なんで大河が決まったかわからないんです。
連載
マルサの女

【西岡葉月】ポロリは1回までなんです。

―― エロ特集に真っ向勝負を挑むかのごとく、シーツの上で暴発寸前の豊満なボディを披露していただいたのはグラビアアイドルの西岡葉月さん。バラエティ初出演の『ゴッドタン』(テレビ東京)収録中に“ポロリ”事故を起...

【西岡葉月】ポロリは1回までなんです。
連載
マルサの女

【橘花凛】衣装は自前なんです。

―― 黒人の女性R&Bシンガーや女性ラッパーをイメージした、セクシーな衣装を身にまとっていただいたのは新潟産Hカップのグラドルとして人気急上昇中の橘花凛さん。本誌がラップ特集ゆえのビジュアルだったんですが、...

【橘花凛】衣装は自前なんです。
連載
マルサの女

【柳ゆり菜】あのポスターは貴重なんです。

―― スキャンダルの瞬間よろしく、全身でフラッシュをバシャバシャ浴びていただいたのは、ドラマ『マッサン』(NHK)の劇中ヌードポスターのモデルとして登場するや「あの子は誰?」と脚光を浴びた柳ゆり菜さん。放送...

【柳ゆり菜】あのポスターは貴重なんです。
連載
マルサの女

【石川恋】けっこうドMなんです。

―― ピンナップ調のカラフルでキュートな衣装に身を包み、ガーリーな世界観のフォトシューティングに登場いただいたのは『ビリギャル』表紙モデルでおなじみの石川恋さん。現在は「週刊プレイボーイ」「ヤングジャンプ」...

【石川恋】けっこうドMなんです。
連載
マルサの女

【早乙女ゆう】イカついおっさんが好きなんです。

―― 透明なヴェールに包まれアンニュイな水着姿を披露してくれたのは、「週刊プレイボーイ」(集英社)で謎の美少女だと話題を呼んでいる早乙女ゆうさん。普段は女優の卵として、舞台、映画、広告で活動されているそうで...

【早乙女ゆう】イカついおっさんが好きなんです。
連載
マルサの女

【奥仲麻琴】焦っていたんです。

―― 野菜や果物で作られた兵器を手に孤軍奮闘するも、とうとう凶弾に倒れる美少女。でも実は……というビジュアルワークにいただいたのは、昨年1月1日に、5年間在籍したガールズロックユニットPASSPO☆を卒業し...

【奥仲麻琴】焦っていたんです。
連載
マルサの女

【葉月あや】不死身なんです。

―― 空から降ってきたのか、あるいはバトルの真っ最中か。思わず想像力をかきたてられるマンガ的噴煙のなかから現れたのは、グラドルの葉月あやさん。プロフィール写真ではロリ巨乳って感じでしたが、今日はかなり大人っ...

【葉月あや】不死身なんです。
連載
マルサの女

【犬童美乃梨】家に帰りたくないんです。

―― 美少女のおっぱいは地球よりも重い!(断言)とばかりに地球形ケーキと見事なGカップを天秤にかけたキテレツなビジュアルワークにご登場いただいたのは、グラビアアイドルの犬童美乃梨さん。「ヤングマガジン黒BU...

【犬童美乃梨】家に帰りたくないんです。
連載
マルサの女

【松本愛】変身願望があるんです。

―― 裏社会をモチーフに、オモテとウラを行ったり来たりするボーダレスなビジュアルに挑戦していただいたのは、今秋から『王様のブランチ』(TBS)レポーターに抜擢されたファッションモデルの松本愛さん。この春『ロ...

【松本愛】変身願望があるんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】お城で結婚したいんです。

―― 建機や重機のパーツを体中に装着し、汗と油でギトギトの肉体労働系ビジュアルに挑んでいただいたのは、アイドルグループFYT(ファイト)に所属している都丸紗也華さん。本日の撮影はいかがでしたか?

【都丸紗也華】お城で結婚したいんです。
連載
マルサの女

【小松美咲】人生初BBQがやりたいんです。

―― 本誌特集のマツコ・デラックスをイメージしたかしないでか、ムチムチのビッグバルーンにむぎゅっと挟み込まれるビジュアルワークにご協力いただいたのは女優の小松美咲さん。本日の撮影いかがでしたか?

【小松美咲】人生初BBQがやりたいんです。
連載
マルサの女

【片山萌美】女優に興味はなかったんです。

―― 純白の世界で本をめくる無垢な美少女といった趣のビジュアルワークにご協力いただいたのは、女優の片山萌美さん。実は2012年ミス日本ネイチャーに選ばれた経歴もお持ちだそうですが、それも3年前の話。結構ブラ...

【片山萌美】女優に興味はなかったんです。
連載
マルサの女

【青山ひかる】アイドルには負けられないんです。

―― 真っ黒に日焼けしたグンバツなボディのナオンが、灼熱の砂浜でキンキンに冷えたジョッキ片手に笑顔を振りまく、昔懐かしいビールポスター。昭和の居酒屋を思わせるアナクロ感満載のビジュアルワークにご協力いただい...

【青山ひかる】アイドルには負けられないんです。
連載
マルサの女

【久松郁実】毎日ミラーレス持ち歩いてるんです。

―― 写真特集にからめ、自身の超特大ポスターとフォトセッションに臨んでいただいたのは、モデル、女優、タレントに加えグラビア活動も展開するなど、多方面で活躍中の久松郁実さん。本日の撮影はいかがでしたか?

【久松郁実】毎日ミラーレス持ち歩いてるんです。
連載
マルサの女

【夏江紘実】日本語ラップが大好きなんです。

―― IT特集にちなんで「ネットの網にからめ取られた女子」というわかりやすいビジュアルに挑んでいただいたのは、テレビタレント、ラジオパーソナリティとして活動する夏江紘実さん。今日の撮影いかがでしたか?

【夏江紘実】日本語ラップが大好きなんです。
連載
マルサの女

【小瀬田麻由】戦隊ヒロインになりたいんです。

―― 「久しぶりに洋服を着た撮影でした」と話すのは、明るみになるタブーをテーマに、蛍光灯を使ったフォトセッションにご協力いただいた小瀬田麻由さん。2月に発売された初の写真集『抱きしめたい』では「最初で最後か...

【小瀬田麻由】戦隊ヒロインになりたいんです。
連載
マルサの女

【朝比奈彩】やって後悔したいタイプなんです。

―― マンガまみれになったスタイリッシュな美女、というシチュエーションを演じきっていただいたのは、ファッション雑誌「Ray」(主婦の友社)で専属モデルを務める朝比奈彩さん。読者にはまだ馴染みが薄いかもしれま...

【朝比奈彩】やって後悔したいタイプなんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】銭湯に行ったことないんです。

―― 古き良きニッポンの銭湯で元気いっぱいのむっちりボディを披露してくれたのは、雑誌グラビアやCMなどで話題を集めている新人アイドルの都丸紗也華ちゃん。

【都丸紗也華】銭湯に行ったことないんです。
連載
マルサの女

【小間千代】「脱ぎすぎやよ」って言われるんです。

――  ストレスフルな毎日を送るOLさんがお昼休みにほっとひと息ついた。そんなショットに挑戦してくれたのは、人気番組『アウト×デラックス』のカウンターガールとして注目を浴びている、グラビアアイドルの小間千代...

【小間千代】「脱ぎすぎやよ」って言われるんです。
連載
マルサの女

【柳ゆり菜】“初キャバ嬢”なんです。

―― 所狭しとお宝玩具やフィギュアがぎゅうぎゅう詰めになった、オタクの聖地・中野ブロードウェイのまんだらけ中野店でのグラビアシューティングに挑戦してくれたのは、昨年デビューしたばかりの柳ゆり菜ちゃん。

【柳ゆり菜】“初キャバ嬢”なんです。
連載
マルサの女

【清野菜名】負けず嫌いなんです。

――  コインランドリーにたたずむ謎の美少女、といった風情で巻頭グラビアを飾ってくれたのは、あの園子温監督の最新作『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢された女優の清野菜名さん。自身のキャリアは雑誌「ピ...

【清野菜名】負けず嫌いなんです。
連載
マルサの女

【澤田夏生】実は通学焼けなんです。

―― 「難しい本ばかりで『私に理解できるのかな?』って思っちゃいました、エヘヘ」と屈託のない笑顔で話すのは、この春グラビアデビューしたばかりの澤田夏生ちゃん。今回、「古本屋と水着少女」というやや倒錯したコン...

【澤田夏生】実は通学焼けなんです。
連載
マルサの女

【吉本実憂】お父さんが好きなんです。

―― 「グラビアを撮っていただくときは、自分なりにストーリーを頭に描きながら表情やポーズを作っています」こう語るのは、7月から初めてのドラマ『獣医さん、事件ですよ』に挑戦している新人女優の吉本実憂さん。ただ...

【吉本実憂】お父さんが好きなんです。
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』