> 特集3
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【5】

幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選

―― ドラマシリーズの総集編として5月に2周間限定で劇場公開された『ROAD TO HiGH&LOW』。その舞台挨拶の際、九龍グループ家村会の幹部役を演じた橘ケンチ氏(EXILE THE SECOND所属)...

幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【4】

『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!

―― 『HiGH&LOW THE MOVIE』の中で1番印象に残るシーンといえば、世紀の大決戦シーンである。SWORDと呼ばれる5つの不良チームの前に、今作のヒールであり絶対無敵の琥珀(AKIRA)、さらに...

『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【3】

俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!

―― 藤谷 映画本編の話に戻すと、2000年代以降の不良マンガ、たとえば『QP』や『莫逆家族』、『サムライソルジャー』がそうだったように、不良のグループでカリスマだった人が大人になれないというストーリーって...

俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【2】

『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。"EXILEへの偏見"が、かえって映画への没入を加速させた!

―― 今夏、元来のLDHファンのみならず、一部の層にやたら突き刺さった映画『HiGH&LOW THE MOVIE』。一体、何が我々をそんなに惹きつけたのか……? ヤンキーマンガや映画を長年見続けてきたライタ...

『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。
第3特集
今年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【1】

EXILEがオタクを殴り倒した夏――興行収入だけでは測れない!映画『HiGH&LOW』ムーブメントに迫る

―― 『シン・ゴジラ』に『君の名は。』と、メガヒットに恵まれた今夏の邦画界。その2作に興行収入こそ及ばないが、局地的にヒットしているある大作をご存じだろうか。そう、『HiGH&LOW THE MOVIE』...

EXILEがオタクを殴り倒した夏――興行収入だけでは測れない!映画『HiGH&LOW』ムーブメントに迫る
第3特集
現役社員が語る"我が社のタブー"【8】

【プレミア限定】[マスコミ編2]作家離れにゲイ編集長、広告だらけのテレビ番組......様変わりするマスコミの嘆き

―― 「集英社」の公式HPより。 登場企業──[講談社]           [集英社]           [小学館]           [報知新聞社]           [東京ニュース通信社]   ...

【プレミア限定】[マスコミ編2]作家離れにゲイ編集長、広告だらけのテレビ番組......様変わりするマスコミの嘆き
第3特集
ビジュアル系ブーム再熱の理由【6】

V系のドンダイナマイト・トミーが吠えた!「今のV界の若いヤツらはコミュニケーション能力が低すぎ!!」

―― ──ビジュアル系黎明期にカリスマとして活躍し、"ビジュアル界のジャニーズ事務所"PS COMPANYとはガチンコ裁判でやりあったこともあるというこの方に、昔と今のビジュアル系の違いについて話を聞いた。...

V系のドンダイナマイト・トミーが吠えた!「今のV界の若いヤツらはコミュニケーション能力が低すぎ!!」
第3特集
【独占インタビュー】球界の元祖番長が語る、あの話──

清原和博独白!! 「ピアスに込めた怒りと巨人の裏切り、そして伊良部の死」

―― (写真/江森康之) 「ひとりぼっちのガキ大将」──出版プロデューサー・高須基仁は清原和博をそのように表した。18歳、巨人入りを切望するも、ドラフトで巨人はPL学園同期の桑田真澄を指名。振り返れば、その...

清原和博独白!! 「ピアスに込めた怒りと巨人の裏切り、そして伊良部の死」
第3特集
3D映像は世界を変えるのか!?【4】

【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こんな"3D"ってアリなんですか!?」

―― ──昨年来のブーム以前から存在する雑誌の付録やグラビア、謎の3D文房具まで、映像作品以外の3D関連グッズもご紹介!! 『フェイク・3D・サングラス』。肝心の3D映像には対応していないらしい。  3D技...

【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こんな
第3特集
読まずには語れない"新"アイドルPV論【7】

「CureDoll」編集長兼アイドルが語る地下アイドルとメジャーアイドルのPVの違いとは?

―― ──最近、アイドルへの敷居は非常に低くなっている。地下アイドルの活動が活発化する中、当然PVを作るインディーズのアイドルも増えており......PVにおけるメジャーとインディーズの違いはどんなものなの...

「CureDoll」編集長兼アイドルが語る地下アイドルとメジャーアイドルのPVの違いとは?
第3特集
大人のためのヒップホップ講座【5】

佐々木敦が語る"ラッパー小説"における私性の行方と言語表現

―― ──ラッパーが綴った小説たち。そこには、ラップとはまた異なる言語表現があるのだろうか? 音楽レーベルHEADZを主宰し、『絶対安全文芸批評』『文学拡張マニュアル』の著者でもある批評家・佐々木敦が、そ...

佐々木敦が語る
第3特集
知られざるニューエコノミー"ギャル"の生態系【5】

「彼氏と知り合ったのはモバゲー(はーと)」現役読者モデルのセキララ座談会!

―― ──ギャル誌やギャルブログの人気を象徴しているのが、1000人以上いるといわれる読者モデル。現在のギャル市場の活況になくてはならない存在だ。ギャルの世界を知り尽くしたキュートな3人の現役読者モデルから...

「彼氏と知り合ったのはモバゲー(はーと)」現役読者モデルのセキララ座談会!
第3特集
有名企業が謳う"エコ"に異議アリ!【4】

国際青年環境NGO活動家を直撃!!「エコイベントに金を落とす大企業の巧妙な戦略とは?」

―― ──国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」で活動する鈴木 亮氏に、エコイベントのカラクリやメディアの責任について話を聞いた。  企業に限らず、政府やNGOを含めた日本のエコ活動は、どんどん悪い...

国際青年環境NGO活動家を直撃!!「エコイベントに金を落とす大企業の巧妙な戦略とは?」
第3特集
EXILE 大人気のナゾに迫る!【5】

15人目登場!? "タクザイル"からHIROへのアドバイス

―― ──この新メンバーの正体は、なんと...... ...

15人目登場!? 
第3特集
"美人すぎる"キャスターたちがテレビに出まくる本当の理由【6】

ブラウン管に映らない"素顔"を制作スタッフが赤裸々に暴露!

―― ──今後需要が高まると思われる女性キャスターだが、彼女たちの最大のクライアントであるテレビ局のスタッフは、その働きぶりをどう見るのか──? [座談会出席者] A......フジ番組制作スタッフ B.....

ブラウン管に映らない
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」