サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 山田邦子が感じた動画配信とテレビ出演の差

 本誌2020年5月号「芸能人とYouTubeの親和性」企画において、〈YouTuber・山田邦子〉として登場してもらってから早1年強。昨年の2月に開設した「山田邦子 クニチャンネル」では、芸能人ながらコンスタントに動画を公開し(現在でおよそ160本)、芸能界の裏話をはじめ、趣味の釣りやプロレスに関する動画も積極的に配信している。そんなクニちゃんに動画配信を継続して得られたことや、タレントとしての意識の変化、そして先ごろ発売された著書『生き抜く力』についても、いろいろと語ってもらいました。
(取材・文/佐藤公郎・編集部)
(写真/前原 猛)

2106_01_XSCF9379.jpg

――まず、YouTubeチャンネルを1年継続してみての率直な感想からお聞きします。

山田邦子(以下、山田) あっという間でしたが、この1年でYouTubeにも大きな変化が起きましたよね。コロナ禍という要因もあったと思いますけど、人気芸能人たちが続々とチャンネルを開設して、まさかジャニーズのような現役のトップアイドルまで参入してくるとは、考えてもいませんでした。でも、みんなテレビとは違う形で楽しんでやっていますよね。私も開設してから変わらず続けてはいるんですけど、ちょっとテコ入れといいますか、企画会議をしまして、今後はどんどん新しいことにチャレンジしていこうと思っています。

――具体的にどんなことに挑戦を?

山田 そもそも私自身がYouTubeについて真面目に考えすぎていて、「芸能人がYouTubeチャンネルを持つ=どこか秘密めいた内容でなければならない」という固定概念があったんです。でも、実際はそうじゃないし、1年間続けてみて「私のやるべきことをやったほうがいい」という考えにシフトしてきてる。例えば、もっと華やかで楽しく、かつて私がやっていたようなテレビ番組のような演出で番組を作ってもいいんじゃないかな、って。

――制作スタッフを増員すると?

山田 長く仕事をしている制作会社の方が名乗り出てくれたこともあるんですけど、動画制作専門のスタッフを抱えようと思ってます。制作のプロを投入することで新しいパワーになるし、アイデアも生まれる。ほかにも細かなデータも収集できると思うので、チャレンジの一環としてやってみようかなと。まだスタートしてないけど、ロケに出たり、街に出て収録というのも新鮮ですからね。「こんなこともやっていいんだ!」と思えたことだけでも、だいぶ肩の荷が下りました。ただ、制作スタッフを入れたところで特に何も変わらなかったら、やめるけど(笑)。

――そもそも1年間、続けられるとは思っていましたか?

山田 自信はありましたよ。だって、のんびりやってたから(笑)。「毎日更新しないと!」という焦りも特になく、私なりのペースで続けられたので。継続して得られたことと言ったら、新しいファンの方ですね。

――それは邦子さんをもともと知っていたけど、YouTubeチャンネルの存在を知ったファン、ということですか?

山田 そういう方もいらっしゃったけど、それ以上に「おばちゃん、誰?」と、私のことをよく知らない、まったく知らない若い世代の子たち。動画のコメントに「え、あんた何者?」とか書かれたりするんだけど(笑)、もともとの私のファンの方が「山田邦子でググれよ!」とかコメントしてくれたり。けなし合っているかと思ったら、いつの間にかお互いに励まし合っていたり、新旧のユーザーが建設的なコミュニケーションを図ったりしているんですよ。まるで駅の伝言板みたいなやりとりなんですけどね(笑)。

 ほかにも、趣味で釣りに行くんですけど、離島に行ったときに若い漁師さんから「YouTube、見てますよ!」って声をかけてもらったり。「え、おばちゃんのこと知ってるの?」と返すと、「もちろん、山田邦子さんですよね」「いくつ?」「17歳です!」とか、もうホントいい子。こうした素敵な出会いが生まれるのもYouTubeを始めたおかげなんだな、って感じる。ただ、そうした若いファンの方ができる一方で、登録者数や再生回数の伸びには悩んでます。思った以上に苦戦してる。ただ、「ひとりしゃべりでよくやってるほうだよ」と褒められることもあるので、話芸で40年間やってきた甲斐は出ているのかなと。

2106_02_XSCF9549.jpg

――「タレント・山田邦子」としての意識の変化はありましたか?

山田 歳を取ったな、と思いました。動画では芸能ニュースを取り上げることが多いんですけど、深夜に大きなニュースが飛び込んできても、「へえ、そうなんだ」って飛び付き方が鈍くなってる(笑)。だからもっとワクワクしないとね。今は自分の冠番組もないし、テレビ出演もご無沙汰しちゃってる。だからこそできることって、たくさんあるんですよ。忙しかった時代を振り返れば、マックス20年間は浦島太郎状態だったわけです。Suicaという便利な(IC)カードを利用し、バスに乗っていろんなところに行ったり、運転免許も取得しましたから。

――そもそも「スイカ」と言ったら、邦子さんですからね。ちなみに現在の動画1本の製作費というのは、おおよそどのくらいですか?

山田 基本はゼロ。ゲストを呼べば、その出演料が製作費になるかもしれないけど、こないだ出てもらった松村(邦洋)はタダだし(笑)。ただ、これからは制作スタッフを構えての構成にしていく予定なので、お金はかかってくるでしょうね。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ