サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【67】/幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【67】

伊集院光、呉座勇一を見て考える――幽霊、ラジオスターとイキリオタク。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2105_sarashina_2104_200.jpg
これは筆者が企画編集した最初のバージョン。良くも悪くも褒められすぎて道を誤った感はあるのだけど、まあ、良いマンガです。

『とくダネ!』『グッとラック!』が終了し、『スッキリ』の加藤浩次は吉本興業からエージェント契約を解除され、この春のテレビ番組改編は珍しく朝のワイドショー枠が注目されている。テレビやラジオの低予算化と大手芸能事務所の地殻変動で世代交代の流れが生じているのだが、「仕方なく」なので、終わった番組に代わる展望はなく、終わらない番組の歪みも目立つ。

 例えば、「日刊SPA!」に載った「ラジオの(裸の)王様」伊集院光批判の記事がそうだ。TBSラジオの『深夜の馬鹿力』で、朝ワイドの『伊集院光とらじおと』のスタッフがLINEで陰口を言っていたことを晒し上げ、キングギドラばりに公開処刑した伊集院を「仕事仲間の無礼を、公共の電波を私物化し、実名を名指しで告発したのだ。自分のパワハラぶりを、世間に公開しているだけだ」と批判していたのだが、記事の署名に驚いた。放送作家の椎名基樹だったからだ。確かに放送作家の立場からしてみればたまったものではないだろうが、90年代からの深夜ラジオリスナーにはなかなか衝撃であった。初期の伊集院はニッポン放送がホームグラウンドで、椎名が参加していた『電気グルーヴのオールナイトニッポン』と盟友関係だったからだ。加えて、記事公開のタイミングも『ちびまる子ちゃん』一時間スペシャル『ちびまるラジオにちよう七福神』のゲスト声優に伊集院が招かれた直後だった。フジ系の『ちびまる子ちゃん』に「ラジオの王様」として認められたということは、いまだ遺恨のあるニッポン放送へのこれ以上ない意趣返しだったはずだ。一方の椎名は、放送作家のレギュラー仕事だった『しょんないTV』(静岡朝日テレビ)をピエール瀧の逮捕で打ち切られたが、他の記事はすべて普通のゆる目な芸能ウォッチだ。「一将功成りて万骨枯る」で成り上がったラジオスターの高慢が、よっぽど腹に据えかねたのだろう。実際、TBSで「王様」になれば、死ぬまで食いっぱぐれないのは、最近もBSでの放送継続が決まった『噂の東京マガジン』の森本毅郎が証明している。

 27年前には「女子大生から人妻まで8日で4人」の絶倫で世間を驚かせた森本も御年81歳だが、まさに対極の事件でNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の時代考証を辞退する羽目になったのは、『応仁の乱』などのベストセラーで知られる歴史学者の呉座勇一だ。ツイッターの鍵アカで英文学者の女性をdisって大炎上したのだが、ミソジニーな反フェミニズム主義者として糾弾されたことよりも、鍵アカとはいえ、4000人以上が見ていたアカウントで学者仲間や担当編集者と陰口めいたdisリプを投げ合っていたことに首を傾げた。そんなんどう考えても誰かが密告するだろ、と思うのだが、男子校出身者というものはなぜか、ホモソーシャルな党派性を堅牢に考えている。しかも、その中に面識はないが知っている名前があった。今は実証史学の小出版社を経営しているらしい「彼」はかつて、筆者が企画編集した『マフィアとルアー』というマンガ単行本を文庫化した編集者だ。文庫化は作者の意向だから問題ないが、「彼」は企画の経緯を記した「解説」をわざわざ追加しつつ、もともとの企画編集者であった筆者の存在を丁寧に抹消し、歴史を捏造した。版元の社長(当時は副社長)とは講談社からの独立時に絶交していたから、上司の意向に沿ったのだろうが、そのような「実証史学」の編集者が問題の党派にいたことで、今回の件はいろいろと腑に落ちた。

 フェミニズム云々というよりは、エリート男子校出身者にありがちなイキリオタクの問題なのだ。実際、呉座の出身校の出身者一覧を見ると、小谷野敦、春日太一といった名うてのネットバトラーの名前が次々と出てくる(康芳夫、徳光和夫まで行くと、もはや異世界という感もあるが)。排他的で独善的なエリート意識で部外者を叩いて結束する性質も、あちこちのイキリオタク向けサブカルチャーの最前線で見られる現象だが、エリート意識に起因しているので、足をすくわれても反省は難しい。自身の青春時代とアイデンティティを否定することになるからだ。なお、ここから高学歴という要素を引くと「映画秘宝」の存続問題になるし、イキリオタクが自身の青春時代とアイデンティティを否定すると筆者のような腑抜けの幽霊になる。2009年に「批評家」を廃業したのはそういうことで、エリートではないし友人もいないから捨てたのだが、筆者はそれで良かったと思う。すべて虚名でしかないのだから。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト & 〈 元 〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。転地療養中、Kindleで10円セールだった「週刊大衆」を延々と読んで、名は体を表す大衆性に心が洗われた。筆者もかくありたいと思った。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ