サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【68】/幽霊、プロ野球はろくでなし動物園。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【68】

純粋一辺倒でないから面白い……幽霊、プロ野球はろくでなし動物園。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2106_sarashina_2106_200.jpg
先日、鶴岡一人の孫が逮捕されたが、野村克也と沙知代を追放して守った少年野球利権の末路がこれか。因果は巡り巡るのか。

 三浦大輔新監督の下、再び暗黒時代突入と評論家たちも大喜びの横浜DeNAベイスターズの惨状だが、この球団は生え抜き監督になると必ず最下位転落するのが宿命(秋山登、土井淳、近藤昭仁、山下大輔)なので、それ自体に驚きはない。その中でも最低だった山下大輔級(4月末で5勝。三浦は6勝)というのは、昨年秋に他誌(「ZAITEN」2020年12月号)で書いた予想を少しばかり上回っていたが、そもそも常敗球団の選手に監督を任せるのが間違っている。球団自体、TBS時代には社内政争の敗者流刑地として冷遇された挙げ句、消滅寸前へ追い込まれ、読売ジャイアンツの衛星球団となることで生き残った、まるでアメリカの核の傘の下で卑屈に立ち回ってきた「日本」を体現した球団だ。もっとも「宗主国」の巨人も毎年、孫正義と王貞治のホークスに瞬殺されているから、笑うに笑えないのだが。

 かつて大阪近鉄バファローズが消滅した時、『プロ野球ニュース』でデーブ大久保が「近鉄の選手はぎりぎりプロのレベルのラインだった」と発言して、近鉄OB会長だった関根潤三に睨まれており、「じゃあ、近鉄より弱い横浜はプロ以下か」と苦笑いしたものだが、当時の筆者はまだ呑気だった。先日完結した『進撃の巨人』は、最先端の現代思想である反出生主義をテーマとすることで大ヒットしたが、横浜大洋時代から「ゲイとペドフィリアの球団」と他球団のファンに蔑まれてきたことを考えると、反出生主義は正しいのだな、と思わざるを得ない。まあ、ゲイはたまたま口髭の選手(斉藤明夫、屋鋪要)が多いところにフレディ・マーキュリーのエイズ死があったからだが、中山裕章の「投げる宮崎勤」事件はその通りで反論のしようがない。野球選手に暴力や金銭、女性関係のトラブルは日常茶飯事だが、幼女への連続強制わいせつというのはかなり前代未聞の珍事だ。

 そういえば、今月号は「犯罪」特集と聞いたが、思い出すのは『5時に夢中!』土曜版で玉袋筋太郎とライムスター宇多丸が選んでいた「不祥事プロ野球選手ベストナイン」だ。強盗殺人でプロ野球選手唯一の無期懲役囚に輝く小川博や未成年への強姦で禁錮45年のメル・ホールなどのリアル犯罪者に混じって、夏の甲子園優勝でタニマチに堀之内のトルコ風呂を貸し切ってもらった暴走族と高校球児の二刀流でリアル『バツ&テリー』こと愛甲猛などが挙がっていたが、そんなヨタ高(横浜高校)閥に牛耳られていたベイスターズが強くなるはずもなく。BCリーグに神奈川フューチャードリームスという隔離球団ができたので少しはマシになるかと思ったら、4月11日の平塚開幕戦ではハマスタヤクザの名誉会長こと藤木幸夫が延々とサッカーをdisっていた。御年90歳。

 タニマチと言えば、山口俊はベイスターズ時代、高知東生と親友だったが、その高知は神奈川県警伊勢佐木署から100メートルにも満たない場所のラブホでキメセク中に逮捕された。山口も巨人移籍後、泥酔状態でわざわざ病院へ行って暴行事件を起こしたが、巨人の力でも隠し方が不自然だったので、百歩譲ってオピオイド中毒なんだろうな、と思っていたら、すぐにメジャーへ高飛びして行方不明になった。確かにアメリカでは合法だが。プリンスは死んでしまったけど。

 薬物と言えば、江夏豊の覚醒剤52g所持も規格外だった。それはどう見てもプッシャーだろ、と思うのだが、逮捕の数カ月前、クアラルンプールのホテルで偶然、女連れの江夏を見かけていたので、日本で逮捕されてよかったな、とつくづく思った。マレーシアでの麻薬所持は極刑になるからだが、父親に話したら「お前はもっと子供の頃に江夏と会っているはずだが?」と言われた。柴田勲の兄が経営していた本牧の雀荘に子供連れで行ったら、面子足らずで呼ばれた卓に江夏がいたのだそうだ。なお、あと二人は藤木幸夫と鶴岡博だったらしい。嫌すぎる。

 基本、粗暴な体育会系の上に金遣いが荒いのがプロ野球選手なので、その手のネタには事欠かないし、実はヤクザになってから逮捕された者も多いのだが、ここまで書いて、ちょうど良い本が出たことを知った。『日本プロ野球犯罪事典 球界刑事事件史』(浦田盛一・吉田亮太/編)だ。立件された犯罪はこの本があれば網羅できるはずだが、表沙汰にならなかった不祥事はもっと膨大であるのもまた事実。そもそも少年野球の監督からして、表の稼業は不動産屋とかで後見人ビジネス目当ての元高校球児なヤクザが多いので。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。好きな業界は純粋であるべきという狂信で提灯記事を書くのがジャンルライターだが、アニメやマンガと違い、野球は純粋一辺倒でないから面白い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ