サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【69】/大奥
連載
オトメゴコロ乱読修行【69】

マンガ『大奥』の完結!――SF歴史大河ドラマが浮かび上がらせた令和の現実

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

2105_P072-073_ooku_1c_200.jpg

 2021年は「母の機能」をメインテーマに据えた2つの長期シリーズが大団円を迎えた。ひとつは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。もうひとつが『大奥』である。著者は『きのう何食べた?』で知られるよしながふみ。江戸時代を舞台に、「歴代徳川将軍をはじめとする要人がもし女性だったら?」というSFじみた設定のもと、ほぼ史実どおりに明治維新までが描かれる。

 江戸城にある「大奥」とは、将軍の正室(本妻)や側室(2番目以降の妻)をはじめとした将軍家の子女や、女中たちが住むスペース。つまり本来は「女の園」だが、本作では三代将軍・家光の時代に「男の園」に変わったことになっている。

 その理由について作中ではいろいろと説明されるが、詳細は割愛。大事なのは、男女逆転設定のまま実際の歴史をたどることで、ジェンダー(社会的・文化的に規定された男女の役割)の諸問題を鮮やかに浮かび上がらせ、“既得権益者”たる男性たちの鼻先に突きつける、その気迫にある(作者がBL畑出身、すなわち男性同士の恋愛が主題の作品を多く描いてきた点もまた、味わい深い)。

 例えば、本作では男子が貴重なため、子供が欲しい女は男を買う。女が男に「懇願してセックスさせてもらう」構図、この見事な批評性。

 男は大切な子種なので働かず、経済の担い手は女。将軍や老中などもすべて女。したがって有力な地位に就く女が「男性差別」を働くことも少なくない。劇中最強最悪のヒール、徳川治済(女性)は言う。「そもそも男など、女がいなければこの世に生まれ出でる事もできないではないか」「男が政に口を出してはならぬ」。このセリフの「男」と「女」を入れ替えたら?

 そんななか、幕府は諸外国に対して「女が将軍である」ことを隠すべく鎖国する。女が国のトップを担っているのは「恥」だ(と考えた)からだ。八代将軍吉宗(女性)はそのことについて「そこまで気を遣って隠さねばならぬほど、女が国を治めているという事は恥ずべき事か」と疑問を持つ。

 架空のSF設定下ですら、現実と寸分違わぬ本質を伴って目覚めるフェミニズム。まるで、どんな土地でどんな育ち方をした女子も、必ず年頃になれば初潮を迎える必然のごとし。

 男女逆転という突飛な設定ながらも――驚くべきことに――物事はちゃんと歴史の教科書どおりに進行していく。綱吉(女性)は生類憐れみの令を出し、吉宗(女性)は倹約を推し進め、家定(女性)は黒船来航に奮闘する。それぞれの行動原理にやや“女性ならでは”のアレンジが施されているものの、招かれる結果は史実と変わらない。

 なぜよしながは、架空の設定で架空の歴史を描かず、架空の設定で現実の歴史を描いたのか? それは、「歴史を担うプレイヤーの能力と性別は無関係」だと言いたかったからではないか。女だろうが男だろうが、愚鈍は愚鈍だし有能は有能。状況さえ許せば歴史の表舞台には女性も立てたはず、という確信めいた仮説を物語の構造レベルで提示したかった……のだとすれば、なんと知的で骨太で健気なフェミニズムだろうか。

 物語終盤、幕末の世にさしかかると、開明的な何人かの男女によって「ジェンダーフリー」が叫ばれていく。女だろうが男だろうが、能力のある者が国を牽引すればよいというわけだ。坂本龍馬(とおぼしき人物、男性)は言う。「女だって腕っぷしの強いのもおるし、学問や政に向いちゅうもんもおる。政に男も女も、みんないっしょに力を合わせて参加するゆうのは、実は時代遅れじゃのうて、欧州よりはるかに進んじゅうゆうって事がやないじゃろうか!?」

 実に好ましく喜ばしい、政治的に正しい展開。しかし、そうは問屋が卸さない。幕府を降伏させて明治維新の立役者のひとりとなる西郷隆盛(男性)が、ここで超絶的な男尊女卑を振りかざす。

 西郷は、日本が世界から遅れたのは女将軍が国を治めていたからだと主張。「女に政はできん」と言い切り、徳川の治世を「女に作られた恥ずべき歴史」とまで断言する。そして江戸城を無血開城させた際には、過去に将軍が女であった証拠をすべて焼却するのだ。

 つまり、幕末にせっかくジェンダーフリーの機運が高まったにもかかわらず、西郷が膳立てをした明治新政府は結局、欧米列強同様の男性優位社会を基礎とする体制に塗り固められてしまう(ことを示唆して終わる)のが、『大奥』という物語なのだ。近代国家・日本は、そして我々の住む令和日本は、その延長線上にある。

 ただ、最終話ではささやかな希望の種が撒かれた。明治4年、サンフランシスコ行きの船(岩倉使節団)の船上に、まだ6歳の津田梅子がいるのだ。梅子は日本の女子教育の先駆者にして津田塾大学の創設者。男女平等を謳い続けた、いわば『大奥』という作品の落とし前を一身に背負ったような存在だ。梅子の登場をもって大団円とした本作を、希望に満ちたハッピーエンドと評する向きは多い。喜ばしき女性活躍の予感バンザイ、と。

 しかし、これは手放しで喜んでよいのか。

 振り返ってみれば『大奥』とは、「子作り」の物語だ。史実の徳川家と同様、子ができないことで政情が揺れ、世継ぎ問題で血みどろの権力争いが200年以上も繰り広げられていた。そこで常に犠牲になったのは、「母=子を産む機械」として期待されていた女将軍たちだ。その点は史実と変わらない。史実における正室や側室の役割が、『大奥』では将軍にスライドしただけだ。

 そんな「子作り」をメインプロットとする『大奥』のラストに登場し、“女子の明るい未来”を担わされた梅子は――皆様よくご存知のとおり――生涯未婚だった。子を産まない人生を選択したのである。この高度な皮肉、強烈な意趣返し。

 西郷が口火を切った男尊女卑ベースの明治維新と、それによって(『大奥』の世界線では)退化してしまったジェンダーフリー。新生日本きっての才媛・津田梅子が、日本の結婚観に辟易して生涯未婚を誓ったという事実。「子種」の所有者である我々男性陣は、そんな『大奥』のラストについてよくよく考える必要がある。いまだ女性首相が誕生しない日本に生きる我々は、どうあがいても西郷の言った「女に政はできん」の世界線に生きている。これはSFではなく、現実だ。

『大奥』は異色歴史マンガとしても出色の完成度を誇る。権謀術数はびこるパワーゲームは『島耕作』シリーズ的なダイナミズムも彷彿とさせよう。それだけに、女性向けマンガ誌連載作ながら、文化系おじさん連中の受けもいい。「教養として読んでおくべきマンガ」として、今後10年、20年、必ずやカウントされるであろう作品だ。

 しかし、男どもが女性に『大奥』を読んだと告げる際には、相応の覚悟を決める必要がある。それは、ドイツ人がユダヤ人に『アンネの日記』を読んだと告げるのと同じくらいの覚悟であり、真珠湾で血縁者を亡くしたアメリカ人に「太平洋戦争についてどう思う?」と話題を振るのと同じくらいの覚悟だ。

 いつもの調子で「BL出自の作家が将軍を女体化~」などと浮かれれば、即刻張っ倒されるのが『大奥』の持つ重みにして品格。『シン・エヴァ』で「俺たちもようやく大人になった」などと浮かれているサブカルおじさんが次に身につけるべきは、『大奥』が男どもの鼻先につきつけてくる、大人としての覚悟ではなかろうか。

稲田豊史(いなだ・とよし)
編集者/ライター。著書は『「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く』(イースト・プレス)、『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。編集担当書籍は『押井言論 2012-2015』(押井守・著/サイゾー)、『団地団~ベランダから見渡す映画論~』(大山顕、佐藤大、速水健朗・著/キネマ旬報社)など。

『大奥』
(よしながふみ・著/白泉社、全19巻)
存在感のある女将軍としては、三代将軍家光、八代将軍吉宗、五代将軍綱吉、十三代将軍家定あたり。これは一般的な徳川将軍の知名度とも一致する。一方、比較的マイナーな十四代将軍家茂を人望の厚い名将軍として描いたり、どちらかと言えば切れ者という認識が浸透している十五代将軍慶喜(彼だけは史実どおり男性)が人望のないダメ野郎として描かれている点は興味深い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ