サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 技術革新で変わる採取と新種の発見
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「今こそ“昆虫”を考える」

世界的な“むし”の権威が語る!――技術革新で変わる採取と新種の発見

+お気に入りに追加

(構成/里中高志)

 昆虫好きなら誰もが知る昆虫専門誌、それが「月刊むし」(むし社)だ。

 1971年創刊の同誌は、論文中心の硬派な作りながら、日本中の昆虫マニアから絶大な支持を得てきた。社内には昆虫ショップも併設され、虫かごや昆虫図鑑、標本が所狭しと並ぶ。昆虫マニアにとってはまさに宝の山であり、日本中どころか、コロナ禍前は世界各国からも昆虫ファンが訪れていたという。

 そんなむし社の社長で、「月刊むし」の編集長が、藤田宏氏(67)。虫マニアでは知らない人のいない、虫界の巨人と言われている。

202009_gekkanmushi_01_520.jpg
「月刊むし」の藤田宏編集長。

 昆虫に囲まれたむし社の編集部で藤田宏編集長に、奥深い虫の世界についてインタビューを行った。

「『月刊むし』は、1971年に、4人の大学生によって創刊されました。当時はちょうど東大紛争の時代で、彼らは団塊の世代。ひとりは東大生、2人が都立大で、ひとりが立教でしたが、みんな虫が大好きで、この雑誌を創刊したんです。私はその頃高校生で、編集長と虫仲間になったことが縁で編集部に入りました。大学は文学部で虫と全然関係なかったんですけど、虫を採りに行くのに忙しくて中退しまして(笑)、本当は家業の着物屋を継ぐはずだったのですが、着物よりも虫が好きだったので、虫を仕事にすることになりました」

 藤田編集長の専門はカミキリムシとクワガタムシ。今は雑誌の編集は主に編集部員に任せ、月の半分は新しい図鑑を作る作業をしている。藤田編集長が発見した新種や新亜種の虫はなんと百数十にものぼるというまさに世界的な虫の大家である。

「クワガタだけで世界に2000種類くらいいますから、これが新種のクワガタだと論文に書くためには、その2000種類のクワガタが頭の中に入っていないといけない。自宅には標本が500箱くらいと、大量の文献があって、標本を一日中顕微鏡で見ながら、ああでもない、こうでもないと考えています」

 藤田編集長の実家は上野にあるが、東日本大震災のときに標本を入れた棚が倒れてしまったため、大工を呼んで壁に標本棚を埋め込み、貴重な虫の標本を保存しているという。

202009_gekkanmushi_02_520.jpg
編集部には数多くの標本が。

「虫の魅力とは、やっぱり未知なるものの面白さですよね。昆虫を研究対象にしている人は、大体日本に1万人くらいいるんですけど、クワガタの愛好者はその10倍以上いるんです。むし社でも、『ビー・クワ』というクワガタ専門誌を季刊で出しています。商業誌で虫の雑誌が出ている国は世界でも日本だけで、こんなに虫が好きというのは特殊な国民性ですよね。日本人のノーベル賞受賞者でも、子どもの頃昆虫採集が大好きだったという人は結構います」

 今は技術進歩によって、フェロモンを染み込ませたカーテンをトラップとして使った昆虫採集法が可能になったり、図鑑もデジカメの性能が上がって深度合成によるピンぼけもまったくない、柵や手すりに止まっている虫の鮮明な写真が使えるようになり、進化しているという。そんななかで虫マニアから絶大な信頼を集めるむし社のショップには日本中の虫マニアをはじめ、哀川翔などの虫好き芸能人も訪れるが、そんな藤田編集長の妻は虫嫌いだというから面白い。

「巨大なゴキブリが会社にいるよ、といったらゴキブリ嫌いの女房は二度と会社に来なくなりました。自宅でも、私たちが食べる野菜などが入った冷蔵庫の中に虫の標本も入れていますけど、早くなくせと妻や娘から文句を言われています(笑)」

 百数十種類の新種や新亜種を発見したという藤田編集長だが、毎日カミキリムシやクワガタムシを見続けていてもわからないことがたくさんあるという。そんな藤田編集長は、分類の研究者は、最終的には「種とは何か?」という根本的な疑問に必ずつきあたると話す。

「種のほかにさらに細かい分け方である亜種というのもあるんですけど、別の種か確認するために、昆虫の後部にある交尾器という器官を抜いて、その形を確認したりする。ところがその種の分け方がだんだん細かくなって、前は同じ種だと見なしていた微妙な違いも、今では別の種だとみなされるようになったりもする。大きく分ける人と小さく分ける人の二種類がいて、それはどちらの研究者が正しいとも言えないんです。また、新種だと思っていたのにすでに名前がついていたなんていうことはよくあります。なにしろ、昆虫は何百万種類もいるのですから、それをすべてきちんと把握することは、誰にもできないでしょう。それにしても私が50年以上昆虫を研究していて今になって感じるのは、これは別の種だとか同じ種だとかいうのは人間が勝手に区分けしているのであって、こいつらは別に我々に分類してほしくて生きているわけではないだろう、ということです。種というのも勝手に人間が自分たちの概念の中で作り上げているだけなのではと、そんなふうに感じることがありますね」

202009_gekkanmushi_03_520.jpg
数多くの標本は、将来的に国立科学博物館に寄贈するという。

 藤田編集長が保有している500箱くらいの標本は、もし藤田氏が亡くなったら国立科学博物館に寄贈し、研究者たちに役立てることがすでに決まっている。そんな藤田編集長だが、元気なうちにあと3冊は図鑑を完成させたいと意気込みを語る。その瞳はまるで少年のようで、昆虫という世界に魅せられた人生がいかに幸福かを私たちに教えてくれるようだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ