サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【48】/時代は【オンライン】で盆踊り
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【48】

アフターコロナをどう盛り上げるか……時代はオンラインで盆踊り

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

アフターコロナをどう盛り上げるか……時代はオンラインで盆踊りの画像1
オマツリジャパンの代表取締役を務める加藤優子氏(写真左から2番目)。新型コロナウイルスの影響によって開催できない全国各地のお祭りを、オンラインで楽しむ企画を打ち出している。(写真/大石慶子)

「オンライン祭り・盆踊り」と聞くと、コロナ以前であれば「どこかの代理店が仕掛けたひと夏限りの企画モノ?」と、あまり好ましくないイメージを持ったかもしれないが、リアルの盆踊りや祭りの再開が見えない今、オンラインでの展開は祭り関係者の間で数少ない希望の光となりつつある。なにせ日本三大盆踊りのひとつに数えられる伝統の郡上おどり(岐阜県郡上市八幡)ですらオンライン開催を検討しているほど。未曾有の事態を乗り越えるため、どの主催団体も藁をも掴む思いでオンライン化に乗り出している。

 そんな昨今、いくつかのオンライン祭り・盆踊りを企画して注目を集めているのが、「お祭りサポート専門会社」を謳うオマツリジャパンだ。祭りコンサルティングや祭りの場を通じた企業プロモーションに関わる同社がコロナ禍に入って最初に企画したのが、普段見ることのできない神事をリアルタイムで配信する「エアかなまら祭」。また、ツイッターで「#好きな祭りの話をしよう」というハッシュタグをつけて自分の好きな祭りに関して投稿する企画をスタートさせると、こちらは1カ月で約1500件の投稿がアップされた。そのほかに「WEB盆踊り大会」「オンラインセルフ祭」「エア阿波おどり」など、コロナ禍ならではの企画を次々と打ち出している。

 多くの祭り・盆踊りが中止になっている現状について、オマツリジャパン代表取締役の加藤優子氏はこう話す。

「この夏は、どこも喪失感が大きいですよね。国から再開にあたってのガイドラインがはっきり示されているわけでもないので、再開のメドが立っていないのも大きい。みなさんどうしていいのかわからない状態というのが本当のところだと思います」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』