サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【47】/【コロナ禍】を糧とする意地
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【47】

新たなマツリが生まれてくる?――コロナ禍を糧とする意地

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

2006_MF_06_ph_230.jpg
日本民踊・盆踊り「鳳蝶流」の鳳蝶美成氏がYouTube上で展開している“ウェブ盆踊り大会”。振り付けも丁寧に教えてくれるので、在宅が続くこんな時期だからこそ、動画でお祭りに参加するのも一興だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月12~15日に開催が予定されていた徳島県徳島市の阿波おどりが戦後初めて中止されることになった。同市の阿波おどりが中止されることは、そうあるものではない。なにせ徳島市の約62パーセントが焼失した、徳島大空襲があった昭和20年にこそ開催が取りやめられたものの、市民の間で阿波おどりに対する欲求が高まったことから昭和21年には、早くも再開に漕ぎ着けたという土地柄である。そんな徳島ですら阿波おどり開催を断念したというのだから、明らかな異常事態だ。

 同県のみならず、各主催団体はクラスター発生への警戒を高めており、青森県青森市のねぶた祭、高知県高知市のよさこい、秋田県秋田市の秋田竿燈まつりなど、全国的に知られる祭りが中止されたほか、博多祇園山笠(福岡県福岡市)や三社祭(東京都台東区)は見送ることを発表。京都府京都市の祇園祭は山鉾巡行や神輿渡御を取りやめ、神事のみ行われることになった。

 これら日本を代表する祭りが中止になったことによる経済的損失は莫大なものだ。いずれの祭りも各地の観光の目玉。京都や福岡のように経済的地盤がしっかりした都市ならともかく、祭りが吹き飛ぶことにより街の経済そのものが揺らぐところも出てくるはずだ。

 また、祭りは各地の人々にとってアイデンティティのひとつであり、単に「ひと夏のイベントがなくなった」という以上の意味も持つ。例えば、青森ではコロナの影響が深刻になる数カ月前からねぶたの制作が進められてきたが、制作はストップ。ねぶたの制作小屋も解体されてしまったという。青森に何度も足を運んできた筆者からすると、「ねぶた小屋のない夏の青森」というのはちょっと想像ができない。いわば通天閣のない新世界、浅草寺のない浅草のようなものである。

 だが今回のコロナ禍によって、より大きなダメージを受けるのは、主催団体の高齢化が進む地方の祭りや盆踊りだろう。祭り関係者の間でよく言われるのは、「一度途絶えた祭りや盆踊りを再開するのは難しい」ということ。運営の解散やメンバーの離散、なにより一度途切れたモチベーションを立て直すのは非常に難しい。今回のコロナ危機は存続が危ぶまれてきた小規模の祭りや盆踊りに最後のトドメを刺す可能性すらあるのだ。

 一方、オンラインを有効活用し、この時期をなんとか乗り切ろうとしている団体もいる。近年ボン・ジョヴィやクイーンがかかる盆踊りとして話題になっている中野駅前大盆踊り大会(東京都中野区)の実行委員長、鳳蝶美成(日本民踊鳳蝶流家元師範)はオンライン会議ツールやYouTubeを使用した“ウェブ盆踊り大会”を企画。4月19日に初開催され、海外からの参加者も含む計900名以上で盛り上がった。緊急事態宣言が発令されて以降、鳳蝶美成は盆踊り動画をアップし続けているほか、ゴールデンウィークも連日ウェブ盆踊り大会を開催。コロナ時代における盆踊りのあり方を模索している。

 また、本連載でも以前取り上げた川崎の奇祭「かなまら祭り」は関係者のみで神事を執り行う形で開催されたが、お祭りポータルサイト「オマツリジャパン」が、現地からその模様をツイッターでレポート。過去のかなまら祭りの写真や動画がハッシュタグつきで投稿されるという「エアかなまら祭り」が繰り広げられた。

 詳細は現段階では不明ながら、先月号で紹介した現代音頭作曲家、山中カメラ氏は8月15日にオンラインでの疫病退散ボンダンス大会の開催を予告しており、続報が待たれるところだ。

 コロナ以降の世界において「密」そのものである盆踊りや祭りはどのように生き残るのだろうか。騒音問題が俎上に載れば、イヤホンをつけて踊る無音盆踊り(愛知県東海市)が発案されるなど、近年の盆踊り・祭り団体はなかなかタフ。この逆境すら糧にしようという雰囲気がある。だいたい祭りや盆踊りを生き甲斐とする各地の関係者・祭りフリークたちが、黙ってやりすごすとは考えにくい。実際、今夏に向けていくつかのプロジェクトが立ち上がっているという噂もあり、まさに歴史の転換期を迎え、新たな盆踊り・祭りのスタイルが生まれてくる気配がビンビンに漂っている。案外「マツリ・フューチャリズム」な時代はコロナ以降にやってくるのかもしれない。

大石 始(おおいし・はじめ)
旅と祭りの編集プロダクション「B.O.N」のライター/編集者。07年より約1年間をかけ世界を一周、08年よりフリーのライター/編集者として活動。国内外の文化と伝統音楽、郷土芸能などに造詣が深い。著書に『ニッポン大音頭時代』(河出書房新社)、編著書に『大韓ロック探訪記』などがある。新刊『ニッポンのマツリズム 盆踊り・祭りと出会う旅』(アルテス・パブリッシング)が発売中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ