サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 美ー子ちゃんも御指南【1】/日本語ラップ【ラブソング】の変遷

――今や当たり前のように受け入れられている日本語ラップの「ラブソング」。しかし、日本語ラップ黎明期から成熟期を迎えるまでは、それを歌おうものならディスの対象にも。本稿ではラブソング氷河期を体験してきた現役のラッパーのコメントを交えながら、マンガ家・服部昇大先生の描き下ろしマンガ込みで、その歴史と変遷をたどる。

2006_P060-065_manga001_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(服部昇大/マンガ)

「当時、ラブソングを歌うことはタブーであった」――そう聞けば、まるで文明から隔たれた奥地に潜む民族でもイメージするかもしれない。しかしながら、これは少し前の日本の出来事。本稿は、日本のラップミュージックにおいて禁忌とされていた“ラブソング”が、いかに一般化してきたのかを、現役で活躍し、かつ過渡期にラブソングを発表したラッパーのコメントを交えながら振り返っていきたい。本誌ではおなじみ、服部昇大先生によるマンガでの解説も、合わせてぜひ。

エデュケーションから変化――転換期は日本語R&Bブーム

2006_P060-065_manga002_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(服部昇大/マンガ)
2006_P060-065_img001_320.jpg
今回取材に協力してくれたGAGLEのHUNGERとKEN THE 390の両氏。

 日本にヒップホップ、およびラップの曲がリリースされるようになったのは1980年代半ば頃から。今でこそどんな音楽か容易に想像できるものの、当時はあまりに未知のジャンルだった。もしラップによるラブソングが生まれているならば、この時代だったかもしれないが、筆者が知る限り、陽の目を浴びた曲はない。そして当時の日本のラップシーンは厳格な男社会。パブリック・エネミーをはじめ、ビッグ・ダディ・ケインやランDMC、ビースティ・ボーイズなど、日本人がラップをすることに大きく影響を与えた海外のラッパーたちのスタイルも相まってか、タフな男たちがラップ・ミュージックというジャンルを形成。ゆえに、そこへラブソングという概念は入る隙さえなかったように思える。

 そんな日本語ラップ黎明期を、仙台を拠点に活動するヒップホップ・グループ〈GAGLE〉のMC、HUNGER氏はこう振り返る。

「その時代は海外と比較して、差別などの社会問題が少ない分、『何をラップするか?』という意識が強かった。仮にラブソングがあったとしても、きっと今あるようなストレートなラブソングではなかったでしょうね。それこそ90年代中盤~後半から顕著になるような恋愛をネタ、もしくはブラック・ミュージックに影響を受けたきわどい性表現、女性との駆け引きを描写する内容のものだったかと思います」

 自らを誇張するボースティングと、ヒップホップがなんたるかを広めるエデュケーションがラップの主なトピックであり、女性が登場する曲があっても、そのどちらかのトピックとして収められてしまう。実際に洋邦を問わず、この頃のラップにラブソングはおろか、たとえ女性が登場したとしても、男性を奉仕する“アイテム的”にしか扱われていなかったのだ。

 時は進んで90年代。94年3月にリリースされたスチャダラパーと小沢健二による「今夜はブギー・バック」と、同年8月にリリースされたEAST END×YURI「DA.YO.NE」。ラップをJ-POP界に初めて送り出したこの2曲は、ラブソングではないものの、男女のコミュニケーションをカジュアルにラップした曲だった。当然、ハードコアなラップに衝撃を受けて、地道にヒップホップの啓蒙活動をしてきた者たちからすれば、これら2曲のヒットには相当悔しい思いを強いられたに違いない。しかも、この2曲で国民的に認知されたラップは、彼らが人生を捧げているラップとは別のスタイルである。それでもヒットの甲斐あって「ラップ/ヒップホップ」という新たなブラック・ミュージックの形が認知されるに至った。そして98年、宇多田ヒカル「Automatic」と、MISIA「つつみ込むように…」がヒットチャートを席巻し、ラップに続き「R&B」が空前の大ブームを巻き起こす。この現象こそ、ラップの表現力の枠を押し広げたひとつの要因となる。そう、シンガーたちがこぞって日本語ラップシーンで活躍するMCたちを迎えて曲をリリースしたからだ。

 例えば、Suger Soul「今すぐ欲しい feat. ZEEBRA」は、女性の性欲を赤裸々に描き、ラップの持つ俗っぽさ、欧米らしいオープンセックスな価値観に至極ハマった。J-POPのチャートまで食い込むヒットにはならなかったものの、今なお愛されるクラシックとして受け継がれている曲だ。このほかにもDouble「BED (DOUBLES) feat. Mummy-D & KOHEI JAPAN」、Tina「Magic feat. OSUMI」など、シンガーがラッパーをフィーチャリング、またはフックアップする形で名曲が続々と誕生している。しかし、ラッパーによる国民的なヒットソングは、またも意外な角度からヒットチャートへ送り込まれた。

 その曲こそ、現在も活躍するミクスチャー・ロック・バンドであるDragon Ashが99年にリリースした「Grateful Days feat. ACO, ZEEBRA」であり、“ラッパー×シンガー”という鉄板の雛形をJ-POPシーンに残すことになる。

着うたブームで大量生産! ディスられるラブソング

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ