サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 1案件100万!YouTuberの【PR案件】
第1特集
儲かるのは本人より窓口会社?

儲かるのは本人より窓口になる会社?――1案件で100万円以上! YouTuberのPR(裏)案件

+お気に入りに追加

――YouTubeの世界で「企業案件」もしくは単に「案件」と呼ばれる企業タイアップ動画。有名YouTuberになると、そのギャランティは1案件あたり数百万円になるとされている。今回YouTuberやインスタグラマーを使った商品PRを手がける人物に、その裏側や、商品PRにおけるYouTubeの立ち位置の変化などを聞いた。

2005_youtubekoukoku_200.jpg
『改訂 YouTube 成功の実践法則60』(ソーテック社)

 YouTuberが企業の依頼を受けて制作・公開するタイアップ動画。「家電などの商品の特徴を使用レポートとして紹介するもの」「化粧品を使ってメイク方法を教えるもの」「商品を使って『○○してみた』などのネタ動画に仕上げるもの」など種類はさまざまだ。こうしたタイアップ動画の存在は、YouTubeを熱心に視聴する若い世代にも認知されており、タイアップ動画を指す「企業案件」という言葉はネット上で広く使われている。

 そうしたタイアップ動画のギャラは、当然のことながら一般に公開されていない。人気YouTuberのシバターが、『誰も言わないなら俺がYouTuberのギャラ相場を教えます』という動画で「相場はチャンネル登録者数の1・5倍」「某大手事務所の場合はさらに金額が上がる」と話していたが、詳細は不明な点が多かった。

 編集部では今回、大手YouTuber事務所のタイアップ動画の見積もり資料を入手。その資料では、チャンネル登録者数が約150万人の某有名YouTuberの場合は、制作費用が350万円と記載。そのほか約180万人のYouTuberは280万円、約50万人のYouTuberは60万円といった金額が列挙されていた。個人によりバラツキは見られたが、「1案件の費用はチャンネル登録者数の1~2倍強程度の金額」という相場が存在すると考えてよさそうだ。この金額については、YouTuberを使った企業タイアップ案件を手掛けるPR会社社員も「実際の相場感と同じ印象です」と話す。

「有名なYouTuberだと100万円、200万円という金額が提示されることはごく普通です。特に大手事務所のUUUMなどは金額が高い印象ですね。美容系YouTuberの相場も驚くほど高く、世間的にはさほど有名ではない人でも、依頼をしたら『350万円』という金額を提示されたことがありました」

 その金額に見合う宣伝効果があるのか……と聞くと、PR会社の社員は首をひねる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報