サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > YouTuberが教育界に与える衝撃【2】/人気の【教育系YouTuber】
第1特集
YouTuberが教育界に与える衝撃【2】

各教科で支持されているチャンネルとは?――人気の教育系YouTuberたち

+お気に入りに追加

――中田敦彦以外にも人気を集めている教育系YouTuberは存在し、代表的なのがこのあたりである。支持される秘訣を探るべく、それぞれのチャンネルの特徴をざっと見ていこう。

【1】穴埋め問題を想定したホワイトボード
葉一

2005_P058-061_kyouiku_img002_230.jpg

[チャンネル名]「とある男が授業してみた」
[チャンネル登録者数]約84万人
[教科]数学、理科、英語、社会など

元人気塾講師で、書籍も出版している葉一は、小中高校生向け(主に高校受験生)向けに数学、理科、英語、社会の講義や勉強法、受験の心構えに関する動画を配信。穴埋め問題を想定した文章を板書したホワイトボードを映し、語りながら単語を埋めていく。教科書準拠のわかりやすい講義で人気に。

【2】ホリエモンも注目する!
ヨビノリたくみ

2005_P058-061_kyouiku_img003_230.jpg

[チャンネル名]予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」
[チャンネル登録者数]約36万人
[教科]物理、数学など

元予備校講師のヨビノリたくみは、物理と数学、一部に化学と生物の解説動画を配信。文系でもわかる「中学数学からはじめる微分積分」「中学数学からはじめる相対性理論」の動画がバズり、書籍化。また、AI人材が学ぶべき大学数学をわかりやすく解説し、ホリエモンなど著名人からも注目される。

【3】年号を極力使わない世界史
ムンディ先生

2005_P058-061_kyouiku_img004_230.jpg

[チャンネル名]Historia Mundi
[チャンネル登録者数]約7万人
[教科]世界史、日本史

現役公立高校教師のムンディ先生こと山﨑圭一は、「年号を極力使わない」「全体の流れがわかる」をモットーに構成した世界史の講義をアップして注目される(のちに日本史・地理動画も)。それらのエッセンスをかいつまんで出版した歴史入門書は、“大人の学び直し”需要とマッチしてベストセラーになった。

【4】白髪のオジさんが解説する数学
鈴木貫太郎

2005_P058-061_kyouiku_img005_230.jpg

[チャンネル名]鈴木貫太郎
[チャンネル登録者数]約10.8万人
[教科]数学

昭和の海軍大将で総理大臣も務めた同姓同名の人物がいるが、それとは無関係の数学YouTuber。白髪交じりのオジさんがホワイトボードに数式などを書き、雑談を挟みつつ問題を解いたりしていく地味な動画を配信する。しかし、その中身はしっかりしているので、高校数学学習者には人気が高い。

【5】英語話者とトークしながら解説
ATSU

2005_P058-061_kyouiku_img006_230.jpg

[チャンネル名]Atsueigo
[チャンネル登録者数]約23.1万人
[教科]英語

日本生まれ日本育ち、オーストラリアで会計士として働き、自ら英語スクールを開校したATSU。その英語チャンネルでは、ネイティブや中国人の英語話者、日本語のわかるアメリカ人、帰国子女などが登場し、彼らとトークしながらポイントを解説する動画が多い。受験英語やTOEIC絡みのネタもあり。

【6】予備校講師よりYouTuberに
Morite2

2005_P058-061_kyouiku_img007_230.jpg

[チャンネル名]Morite2 English Channel
[チャンネル登録者数]約7.4万人
[教科]英語

元東進ハイスクール講師(河合塾では今も講師)で、TOEIC本も出しているMorite2(もりてつ)こと森田鉄也。予備校講師とYouTuberを天秤にかけ、後者を選んだ人間。難関大学の試験問題を講評する動画などが人気。東進辞職時に「無料で予備校レベルの講義動画を発信する!」とぶち上げた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ