サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【73】/【ライオネル・リッチー】の逆襲
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【73】

【ライオネル・リッチー】老兵は死なず、復活する!?――逆襲のライオネル・リッチー

+お気に入りに追加

『Hello from Las Vegas』

1910_FHS_JK_10_230.jpg

ライオネル・リッチー(販売元:ユニバーサルミュージック)

リチオは00年代だけで3枚のライブ盤を出したが、たいした成績は残せていない。なのに今回は! 今年春夏に敢行した北米「Hello Tour」のラスベガス公演を収めたもの。「全ヒット曲を歌うで~オールナイトや!」という鼻息の荒さが微笑ましい。最後はもちろん「All Night Long」だ! でも白眉はコモドアーズ曲だったりする。

 ミッシー・エリオットのようなイノベイティブなアーティストがカムバックすれば、歓迎されるのは当然だ。

 だが、8月末日付の米『ビルボード』のトップR&B/ヒップホップ・アルバム・チャートを見ていた私の目を奪ったのは、そのミッシーではない。初登場1位のヤング・サグと、3位の(ミーゴスやリル・ヨッティらが所属する)レーベルのコンピレーション・アルバム『Quality Control: Control The Streets, Volume 2』に挟まれた第2位に堂々初登場を成し遂げたアルバム――それはライオネル・リッチーのライブ盤『Hello From Las Vegas』なのだ。

 ライオネル・リッチーが音楽シーンを牽引する役割を担っていたのは80年代前半までだから、今や盛りを過ぎて35年も経過した存在だ。それがランキングにチャートインとは! とはいえ、この週のチャートには例によってボブ・マーリーのベスト盤『Legend』も、2パックの(やはり)ベスト『Greatest Hits』も入っている。しかし! それらはレジェンド勢(しかも故人)のレジェンド作品。ところがライオネルの作品は、今ここにきて新録ライブ盤である。そして堂々のチャートイン、ミーゴスらより上位に初登場! 1949年生まれ70歳の現役感、すごいぞ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』