サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > "グラビア"は女性にとって悪か?【2】/女子大生が作った【がるびあ】とは?
第1特集
"グラビア"は女性にとって悪か?【2】

今後は出るのか……女子大生が作った『がるびあ』とは?

+お気に入りに追加
1910_P072-075_img005_320.jpg

「女性向けグラビア」をコンセプトに、グラビアの美しさを世の女性たちに伝えるため、企画から制作までをすべて女子大生のみで行う――。それが、グラビアフォトブックの『がるびあ~Girls Gravure~』である。

 2017年3月に創刊号が発売され、同年8月に第2号が刊行。従来の「グラビア=卑猥なもの」という概念を覆し、「エロ」ではなく「色気」を、さらに女性の「真の美しさ」を写真で表現すべく、撮影においてはモデルが撮られたいように撮ることを心がけているという。そして創刊から約1年後、本の制作費を募ったクラウドファンディングで160万円を集め、18年4月に第3号が発売された。

 しかしながら、それ以降、公式ホームページの更新は止まっており、公式ツイッターも同年7月を最後にツイートが途絶えている状況だ。青山学院大学総合文化政策学部の学生(現在は卒業)でプロデューサーを務めてきた吉田みおさんは、自身のツイッターにて19年9月4日に「写真集つくりて~~」とつぶやいているが、果たして第4号は制作されるのだろうか……。

「偽フェミニストだ!」大論争を巻き起こしたエマ・ワトソンの露出

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』