サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 三代目JSB【ELLY】の七変化
第1特集
LDHから稀代の"開拓者"が登場

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE【ELLY】7つの顔――グラビア的“男性美”を考える

+お気に入りに追加
1910_190829_cyzo_0070_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

――グラビア特集恒例の「男性グラビア」に今回被写体として選抜したのは、三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマー・ELLYだ。普段はダンサーとしてだけでなく、ラッパーとしても活躍する彼がそのアーティスト性を遺憾なく発揮し、七変化を魅せた。

1910_190829_cyzo_0304_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

 脱がずともわかるボリューム感に富んだ身体に、どこか退廃の匂いがする衣装をまとってELLYが立つ。三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマーにして、あの大ヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」の振り付けを考えた人物でもある。青森県出身、父はプロボクサー。学生時代は野球に打ち込み、プロを目指して大学に進学するも、ダンスと出会い、現在の道へ――。プロフィールをまとめるとそうなるが、それだけでは伝わらない美しさと魅力を持つ男だ。

「ライブの時期は追い込みますけど、それ以外は、ほとんどトレーニングはしないですね。ダンスに必要な筋肉は、ひたすらダンスしてつけたほうがいい。野球をやっていた頃も同じ考え方でした。イチロー選手も『全然鍛えない』って言ってて、そういうところで参考にしている部分はありますね」

1910_190829_cyzo_0372_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

 そんな考え方だけに、特に人の肉体に憧れることもないという。

「それよりは女性も男性も、内面から何か出ている人のほうが魅力的だと思います。例えば、友近さんとか『セクシーだな』って思っちゃう。体型も、モデルのような痩せた体型よりも、自然体なほうがいい。グラビアでいっても、過剰に体を作り込んだ海外のものに比べると、日本の自然体なグラビアはいいですよね」

1910_190829_cyzo_0604-_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

 あくまで女性は“自然体”が魅力的だという、なんともハンサムな回答。では同性では、どんな人物に惹かれるのか?

「男性は『俺ってこうだけど、だから何?』みたいな人がすごくかっけぇなって思います。それはどんなジャンルでもそうで、例えば孫(正義)さんとか箕輪(厚介)さん(幻冬舎の編集者)みたいなビジネスマンにも感じるし、ロックやってる人たちにも思うし、木村拓哉さんもやっぱりそうです。あとは海外だとジョニー・デップ。共通してるのは、芯がある感じがするところですよね」

1910_190829改_cyzo_0512_520.jpeg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

 そう語るELLY自身も、芯が通りまくった男のひとりだ。パフォーマーでありながら、ラッパー“CrazyBoy”としても活動し、すでに配信アルバムを4枚リリースしている。2018年には単独で全国ツアーも行った。その実現までの道のりは、決して簡単なものではなかったという。

「『パフォーマーがマイク持つ? ダメだよ』みたいなことも言われたけど、『CDが出せないなら配信でやる』と決めて実現しました。反対されても、叶えるための手段を探すんです。数字とか気にしたら動けなくなるから、自分のやりたいことをやる、開拓者だと思ってこれからも挑んでいきたい」

1910_190829_cyzo_0203_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

 肉体に閉じ込めきれない美学と自分流を突き通し、男の美しさを体現していく。

1910_190829_cyzo_0857_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/前原哲也)

(文/斉藤 岬)
(写真/前原哲也)
(スタイリング/髙田勇人)
(メイク/MIHO EMORI・KiKi Inc.)
(ヘア/Dash Kimura)
(PROPS NOW/撮影協力)

ELLY(えりー)
1987年9月21日、青森県出身。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーであり、「CrazyBoy」名義でラッパーとしても活動。また、役者としても『HiGH&LOW』シリーズなどに出演。さらに、今年7月にはゲーマーとして、米・ニューヨークのアーサー・アッシュスタジアムで開催されたeスポーツの世界大会「フォートナイトワールドカップ」に出場し、賞金2万ドルを獲得した。8月にはCrazyBoyとして配信シングル「PINK DIAMOND」をリリース。現在は、5大ドームツアー「RAISE THE FLAG」を公演中。

[衣装協力]
〈画像1枚目〉シャツ 40000円、スカート 84000円、タイ 13000円、スティック 100000円、ブーツ 148000円(すべてヨウジヤマモト)
〈画像2枚目〉ジャケット 170000円(ヨウジヤマモト)
〈画像3枚目〉シャツ(スタイリスト私物)
〈画像4枚目〉ジャケット 462000円(ヨウジヤマモト)、ハット(スタイリスト私物)
〈画像5枚目〉ジャケット 448000円、ニット 54000円、パンツ 130000円(すべてヨウジヤマモト)
〈画像6枚目〉ジャケット 316000円、シャツ 40000円、スカート 84000円、タイ 13000円、グローブ 49000円(すべてヨウジヤマモト)
〈画像7枚目〉ジャケット 80000円、エプロン 76000円(共にシュウ.オムフェム)、アクセサリー(すべて本人私物)

[問い合わせ]
ヨウジヤマモト プレスルーム/03-5463-1500、SYU.HOMME/FEMM ATELIER/080-5357-9583

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ