サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/台湾と内地観光団(下)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

台湾と内地観光団(下)

+お気に入りに追加
1908_P124-127_02_520.jpg
士官学校を見学するタイヤル族ら(1918-1932年頃/著者蔵)

 1897年、台湾総督府は台湾原住民を対象とした内地観光事業を始めた。現地有力者に対して士官学校【上画像】や兵営、軍需工場、軍事演習といった軍都の威容を見せることで、自分たちの無力さを思い知らせ、抵抗の目を摘もうというのだ。あるいは皇居や神社仏閣、近代的な都市、娯楽施設などの見学を通して日本の優越性を知らしめ、感化し、威嚇し、懐柔するというのが、台湾の植民地官僚の企図したところであった。こうした方法は、欧米諸国が植民地や居住地の原住民を都市部に連れてきて、その先進性を見せた後に再び送り帰す、という先例を踏襲していた。

 1930年10月、台湾中部山地の霧社でセデック族約300名が武装蜂起し、霧社公学校の運動会に集まっていた内地人134名と台湾人2名を殺害するという第一次霧社事件が起こり、内地観光事業は一時的に中断されるものの、太平洋戦争の直前まで断続的に続けられている。ここで詳しく述べる紙幅はないが、事件の指導者モーナ・ルダオが内地観光団の参加者であったことは、必ずしもこの事業が為政者側の狙い通りの印象操作ができていなかったことを示しているだろう(山辺健太郎編『現代史資料22 台湾2』みすず書房、1971年)。命じられた観光に対する不満や内地人との不平等性への気づきが反発を招くこともあったのである。また逆に、霧社事件の際に「味方蕃」として討伐に参加した台湾原住民の姿があったことも付言しておこう。

 1912年に上京した第5回観光団一行は、上野公園で開催されていた拓殖博覧会を訪れている。会場では「拓殖」の成果を謳う展示のひとつとして、タイヤル族の家族が柵の中で生活をしていた。観光団一行にこの家族と同郷の者がいたようで、展示されていた女性から自分たちの健康状態の報告や米の取り入れのことについて故郷への伝言を頼まれた、という記録がある(山路勝彦『近代日本の植民地博覧会』風響社、2008年)。同じタイヤル族が柵を隔てて見るものと見られるものに分かれて異国の地で邂逅したわけだが、自分たちが見世物にされ、内地人の好奇の視線を集めていることに対して、双方とも恥じる様子も憤る様子もなく、あたかも日常の延長であるかのように淡々と会話がなされたようだ。

 昭和に入ると、内地観光の参加者の裾野はさらなる広がりを見せるようになる。観光ルートも都市部の軍事施設中心から地方の農村部の農業見学などに比重が移り、渡航費も自己負担に変わる。1930年代頃に発行された袋入りの絵葉書(あるいはブロマイド)には、ポーズや撮影場所に演劇的な要素や笑顔の表情が加わるようになり、台湾東部の平地に居住していたアミ族――より「文明化」が進んでいるとされた台湾原住民――のものが増えてくる。例えば、民族服や洋装で記念写真風に写っているものや、書き割りの背景画のある舞台で写っているもの、楽器を演奏するポーズをしているものなどがある。

 また、絵葉書が入っている袋には、以下のような例がある。「台湾音楽舞踊行脚 台湾人男女内地見学旅行団」「浜松市全国産業博覧会出演 台湾アミ族生蕃内地見学団」「名古屋拓殖博覧会出演 台湾アミ族生蕃内地見学団」「台湾人内地見学旅行行脚」「台湾蓬莱歌舞踊団記念絵葉書」「台湾人内地見学旅行団」。袋の体裁や中身の絵葉書はどれも類似しており、そのほかに観光団参加者の個人名と出身地、「種族」の人口、数詞の読み方なども書かれている。独自の言語を持つ「生蕃」の集団であることと、名前や故郷を持った個人であり、演者であることが同時に示されているのだ。初期の観光団の絵葉書よりも親密さを感じられるような工夫がなされており、そのためか内地人が出会ったとおぼしき台湾原住民の名前が袋や絵葉書に手書きされていることもある。内地の見学に来た台湾原住民を見学する内地人にとって観光団の訪問は、帝国内部におけるエキゾティックな他者と直に接することのできる娯楽的な機会としてあったのだろう。

 1931年の浜松市全国産業博覧会開催の記念として発行されたアミ族の絵葉書の中に、背景画の前に立ち、作り物の首級(討ち取った首)と刀を足元に置いて「首祭」を演じる3人の男が写っている一枚がある。アミ族に首狩りの習俗はなかったとされているから、彼らは内地人が期待する「生蕃」のイメージに応えるべく、カメラの前で「首狩族」を演じたのではないだろうか。この頃の絵葉書では、見る主体かつ見られる客体でもあるという、明治・大正期には曖昧にされていた観光団の性格が、より強調されているように見える。

 ここで思い出されるのが、1862年のロンドン万博の開会式に参加した日本人の図像である。文久遣欧使節団の一員として福澤諭吉を含む一行が万博会場を訪れたときの様子が描かれているのだが、羽織袴と丁髷姿の侍たちは、ほかの来場者から遠巻きにして見られている。福澤らは万博を視察する側であったにもかかわらず、ヨーロッパの来場者にとっては、東洋からの珍客として好奇の視線を集めるような存在にほかならなかった。もしかしたら首狩りの習俗を持つ「野蛮」な異民族として。

 1897年の第1回内地観光団が出発する前、台湾総督代理の立見尚文軍務局参謀長は次のような訓示を与えている。当時、原住民側の長であったタイモ・ミセルが通訳に語った言葉として残されているものだ。

「吾々出発の時総督府にて頭家は告て曰く、汝等首狩を止めよ日本も初めは汝等のごとくなりしも中途其の悪きを感じ互に交通して睦ましくせるを以て此頃は家屋と云い道路と云い諸事万端完全せり。汝等も早く首狩を止めて日本と同様になすことを勉めねばならぬ云々」(「昔の観光(上)」『理蕃の友』1935年7月)

 ここでは、日本人と台湾原住民間のかつての近親性と現在における差異とが同時に語られている。しかし、次第に内地人の多くは、自分たちもかつて同じく首狩りの風習を持っていたという事実を意識の外側へと追いやり、首狩族のイメージを付与した台湾原住民を帝国内の他者として蔑視しつつ、その内部に巧みに包摂していくのである。

 そして、こうした内地観光による視覚的な印象操作は、東アジアの別の地域へと広がりを見せるようになる。1943年にマレーとスマトラから皇居を見学に訪れた男性たちが民族服ではなく、国民服のようなものを着用しているのは、外地での同化政策の成果を内地人に示すためではなかったろうか。「読売ニュース焼付版」の説明文には、次のように書かれている。

「強い日本の本当の姿を見学しようと、マライ、スマトラの原住民訪日視察。団二十五名は八月十五日憧れの帝都へ到着、まづ恭々しく宮城を遥拝した」

 玉音放送のちょうど2年前、刻々と戦況が悪化していく中、帝都への観光を通して「強い日本」を見せようとしていたのである。

 内地観光のような植民地政策は、東アジア全域に天皇の赤子たる臣民を誕生させたが、それは内地人を頂点として序列化されたものであった。外地人に対する差別を伴う同化政策によって、例えば台湾では、住民の志願兵から編成された 高砂義勇隊のような、内地観光事業後の立案者にとってみれば理想的な集団が生まれた。しかし、高い身体能力を生かしながら南方で過酷なゲリラ戦を戦った高砂義勇隊の勇敢さは、日本人のナルシシズムを満たしてくれる美談や「親日」という文脈で語られるべきではないだろう。むしろ、従軍看護婦として銃後から皇軍兵士を支え続けた沖縄の学徒隊の献身性や対日戦争中にアメリカへの忠誠を示さねばならなかった日系アメリカ人の第442連隊戦闘団の活躍などと同じ地平で語られるべき存在なのではないだろうか。なぜなら、彼ら・彼女らは外地と内地の狭間で、あるいは国家と国家の狭間で、差別と同化という矛盾するベクトルの中で引き裂かれながら、母国となった国の戦争に身を投じなければならなかった人々なのだから。(おわり)

小原真史
映像作家、キュレーター。監督作品に『カメラになった男―写真家中平卓馬』がある。著書に『富士幻景―近代日本と富士の病』、共著に『森の探偵―無人カメラが捉えた日本の自然』などがある。IZU PHOTO MUSEUM研究員として荒木経惟展、宮崎学展、小島一郎展、増山たづ子展などを担当。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ