サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【50】/輝きを取り戻した【雅子様】のインペリアルオーラ
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【50】

輝きを取り戻した雅子様――そのインペリアルオーラに世界が賞賛の嵐に

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1908_Masakosama_520.jpg

「令和」は、厳しい寒さのあとに訪れる春を連想させる年号だそうですが、雅子様にとっても春が来たようです。2003年に長期療養に入られてから、適応障害のご病状は一進一退で、皇后様になられた後もご公務の遂行が危ぶまれていました。しかし、杞憂だったようです。天皇皇后陛下というお立場になられると、皇祖神が降りてきて宿るのかもしれません。本気を出された雅子様の輝きは半端ないです。

 まず、即位の儀式に向かわれるときの車の中での笑顔をテレビで拝見し、「雅子様、ご復活された」と目頭が熱くなりました。トランプ大統領夫妻をお迎えされた際の、メラニア夫人をエスコートする自然な動作や、「通訳なし」がトレンド入りするほどだった安定の英会話力、「第七十回全国植樹祭」での自然な笑顔など、どの瞬間も美しく輝いていらっしゃいました。以前のこわばった表情から比べると別人のようです。ご成婚された頃、キャリアウーマンの雅子様に憧れたことを思い出しました(と同時に、当時20代で数十万円のコートを着用されていた雅子様の存在に、初めて格差社会を痛感いたしました)。その当時、池袋かどこかで雅子様をお見かけし、呼びかけたら手を振っていただいたことを思い出します。あの頃の笑顔に戻られたようです。辛い試練を乗り越えられたためか、瞳に慈愛と優しさが宿っていらっしゃいます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』