サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【51】/南米訪問で束の間の解放【眞子様】の心中を思う
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【51】

南米訪問で束の間の解放――ハイテンションにサービスした眞子様の心中を思う

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1909_Makosamananbei_520.jpg

 ご両親のものいいたげな視線がまとわりつき、弟からは「よからぬあだ名」で呼ばれる日々。そんな気詰まりな日本から出国した途端、眞子様はお元気になられ、明るくテンションも高まられました。お気持ちわかります。7月、南米のペルーとボリビアを公式訪問された眞子様の美しいお姿は、連日ニュースで報じられました。毎日違うファッションで、和服からワンピース、パンツスーツまで完璧に着こなしておいでです。平民が海外旅行に行くと肌荒れしたり硬水で頭がボサボサになりがちですが、眞子様に限ってはそんなことはなく、常に美肌で艶のあるロングヘアは一本も乱れておらず、日本女性のハイレベルな女子力を南米にアピールすることができました。ペルーでは標高2400~3400mという高地に行かれていましたが、見た感じ高山病になられたりせず、顔色も良いです。驚いたのはボリビアのラパスという標高3640mの地で着物をお召しになられていたこと。富士山の頂上よりも高い場所で、帯で締めた和服姿で笑顔……眞子様の皇族としてのポテンシャルに畏れ入りました。位置的に常に高いポジションにおられるので、高地にも自然に順応できるのかもしれません。

 今回の旅行では、普段日本ではされないような言行が話題になりました。

 まずはペルーにて、日本人の移住120周年記念式典にご出席された眞子様は、現地の子どもたちの歓迎を受けて、着物姿で投げキッス。しかも2回もされていました。こんなノリの良い眞子様、初めてです。もしかして距離的に小室さんと近づいたからでしょうか……。もしくは飛行機内でディズニーの実写版『アラジン』をご覧になり、こそ泥の青年がプリンセスと結ばれるストーリーに鼓舞されたのかもしれません。テレビ越しに小室さんはその投げキッスをしっかりと受け取られたと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』