サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 日本で翻訳された世界の移民文学【2】/増加する【脱北者】文学
第1特集
日本で翻訳された世界の移民文学【2】

差別を受ける人の決死の訴え――増加する脱北者文学

+お気に入りに追加
1907_dappokusya_200.jpg
『日本に生きる北朝鮮人 リ・ハナの一歩一歩』(アジアプレス出版部)

――北朝鮮から逃げ出した人たちが、この問題に対する警鐘を鳴らすため、はたまた生活の糧として書籍を書くことがある。こうした脱北本とも呼べる書籍が徐々に生まれつつあるようだ。

 移民本としては北朝鮮から他国に亡命した脱北者の実情を描いた、いわゆる「脱北本」も見逃せない。脱北者の数はすでに3万人以上にのぼっており、世界各地で生活を営んでいる。彼ら自身が描いた移民本、もしくは第三者や関係者も関与した「脱北文学」が徐々に生まれつつある。

 三辺氏は、日本で生活している脱北者の実情をブログに綴り、それをまとめた『リ・ハナの一歩一歩』(アジアプレス出版部)から、内面や心境が浮かび上がると言う。

「著者は北朝鮮にいる時、いつも周りの人が自分をどう思っているかを常に考えなければならず、その習慣が身についてしまったと書いています。実際、ブログからも周囲の目や、人にどう捉えられているかにとても敏感になっている印象が。とはいえ、内容自体は80%くらいが普段の生活の話。とても読みやすい一冊です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』