サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  >  「ファンキー・ホモ・サピエンス」【70】/【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【70】

【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップと民主党と

+お気に入りに追加

『For the Throne』

1907_FHS_07_JK_230.jpg

(販売元:Columbia)
このアルバムはR&B/ヒップホップ偏重でもないが、それでもリード曲は件の「Power Is Power」。SZAのパートは、ジョン・スノウの叔母にして恋人デナーリス・ターガリエンの胸中を代弁。ビヨンセが送り出した姉妹デュオ・クロイ&ハリーも、ASAPロッキー&ジョーイ・バッドアスも、作品世界に没入したリリックで攻める。

 ウィーケンドが歌う。

「俺は氷と雪から生まれた~冬の狼たちと共に~心臓に刺さったナイフも俺を止められない」

 わはははは、これは『ゲーム・オブ・スローンズ』を見ている者にしかわかるまい! そう、ウィーケンドは主人公のひとり、ジョン・スノウの立場で歌い上げているのだ。

 去る5月。ファンタジー・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が幕を閉じた。「2010年代を定義したテレビシリーズ」とも評される全8シーズン、計73話。世界のエンターテインメント史上、もっとも広範囲に、もっとも熱烈な人気を博したドラマだと思うが、その証明は難しい。そもそも放送局はHBO、つまり有料視聴なのだから(とはいえ、アメリカのほとんどが有料のケーブルテレビだが)、視聴率は意味がないし。ただ同ドラマは……米欧で「大人の一般教養」と化し、劇中に登場する架空言語で「女王」を意味する「カリーシ(Khaleesi)」という名を娘につける親が(なぜかニューヨークで)続出、カタルーニャ独立をめぐる討論で「我々に必要なのはジョン・スノウのような指導者」と言及され、HBOの親会社タイムワーナー(当時)の株価を上昇させた。これだけで証明になりはしまいか。

 この『ゲーム・オブ・スローンズ』、特筆すべきは音楽との距離の近さ。劇中で使われるのは、オーケストラを動員したスコアだが、出演陣(大半がUK勢)に音楽キャリアも歩
んできた面々がやたら多かった。例えば、去勢済み奴隷兵軍団の指揮官グレイワームを演じるロンドン黒人のジェイコブ・アンダーソンは、ラリー・リッチー名義でオルタナティブR&Bシンガー/ラッパーとしても活躍中だ。他にDJ兼業アクターもチラホラ。イドリス・エルバもそうだが、UKではそういう二足のわらじが定番なのか? UKだけあってリリー・アレンの弟(=サム・スミスの従弟)も出演、彼を拷問する男はウェールズのシンガーだし、やたらと人を火あぶりにしたがる女性はオランダのジャズ・シンガーだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』