サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【69】/【ニプシー・ハッスル】R&Bは絶滅へ向かう
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【69】

【ニプシー・ハッスル】ラッパーが歌う19年と「R&B」という絶滅危惧種

+お気に入りに追加

『Victory Lap』

1906_FHS_06_JK_230.jpg

ニプシー・ハッスル(販売元:Atlantic Records)

そんなチャートの中で際立つのは「ラッパーらしいラッパー」、ニプシー・ハッスルだ。05年からミックステープを連発してきたが、実はこれが初の正式アルバム。「Rap Niggas」を聴けば、彼が「西海岸らしい西海岸ラッパー」でもあることがわかるだろう。現代では稀なリリシズムを感じる傑作。これからという時期に、嗚呼。

 昨年6月、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』にて。私がかけた防弾少年団「Love Maze」を聴いたあと、佐々木士郎(君たちが呼ぶところのRHYMESTER宇多丸)は、「今やアメリカでも廃れちゃった部類の、みんなが好きなR&B」と評した。

 そう、「廃れちゃった」のである。

 というわけで前号に引き続き、「アメリカにおけるR&Bの危機」について考える今回。まずは、5月初頭の「ビルボード」トップR&B/ヒップホップ・アルバム・チャートを見てみよう。

 1位はカリード『Free Spirit』、2位はビヨンセのライブ・アルバム『Homecoming: The Live Album』。3位がニプシー・ハッスル(合掌)の最初にして最後(嗚呼)の正式アルバム『Victory Lap』を挟んで、4位はジュース・ワールド『Death Race For Love』、5位はまたもビヨンセで『Lemonade』。

 と、ここまではR&B勢が多数派を占める。私が主張する「R&Bの危機」が絵空事のように映るかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』