サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 揺らぐニセモノとホンモノの境界線【2】/インスタグラム【パクリ暴露】アカ
第1特集
揺らぐニセモノとホンモノの境界線【2】

実はリスペクト!? インスタグラムのパクリ暴露アカウント

+お気に入りに追加

――ブランドのパクリをズバズバと指摘していくインスタグラムの人気アカウントが存在する。しかし、ファッション業界は恐れおののくばかりではなく、奇妙な関係も生まれていた。

1906_P082-087_column001_320.jpg
「Diet Prada」のアカウントより。

 前記事でも触れた通り、グッチの袖が膨らんだファージャケットと、ダッパー・ダンがデザインしたジャケットがそっくりだと指摘したインスタグラムのアカウント「Diet Prada」。2014年12月に開設されて以来、さまざまなブランドのアイテムに対して、過去のデザインとの類似点を皮肉たっぷりのコメントと共に容赦なく暴露してきたため、ファッション業界関係者から恐れられているのだ。運営しているのは、自らも業界関係者であるトニー・リューとリンゼイ・スカイラーの2人。フォロワーは1300万人を誇る(5月初旬時点)。

 ほかに暴露の例を挙げると、18年、韓国のブランドであるブラインドネスのアイテムがシャネルの1991年秋冬コレクションのものとそっくりであることを指摘。あるいは19年、アメリカのインフルエンサーが販売するバッグがヴァレンティノのパクリであることを投稿した。

 さらに、パクリの暴露だけにとどまらない。18年、ドルチェ&ガッバーナがインスタで公開した、アジア系モデルが箸で苦戦しながらイタリア料理を食べるという動画が、人種差別的だと指摘。それによって大炎上し、予定されていた上海でのドルガバのショーが中止に追い込まれたのだった。

 こうした指摘に有名ブランドの多くは戦々恐々としているが、グッチはあえてそれを逆手にとり、18年春夏シーズンに「Diet Prada」をショーに招待したこともある。そして、同ブランドのインスタの公式アカウントにおける情報発信を任せる、というユニークな試みを行い、話題となった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号