サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 令和の【日本語ラップ】を考える

――炎上からの発禁や回収を恐れてか、メジャー/インディ問わず、歌詞における自主規制問題が氾濫する昨今。本稿では、過激な内容が飛び交う日本語ラップのリリックに焦点を定め、平成の炎上から令和の流行までをレコード会社のA&Rを招き徹底討論――。すると、旧態依然とした業界の悪しき慣習も浮き彫りとなった。

1906_01_ANARCHY_320.jpg
ANARCHYの登場以降、レペゼン地方ヒップホップの都市名ではなく、「向島団地」などの特定の場所にもスポットが当てられるように。(本誌16年8月号より。写真/cherry chill will)

[座談会参加者]
A…芸能事務所音楽部門勤務
B…インディレコード会社勤務
C…メジャーレコード会社勤務
D…音楽出版社勤務

――令和を迎えたこともあり、幾度もムーブメントを起こした平成時代の日本語ラップにおけるスタイルやリリックの流行り廃りを振り返ってみたいと思います。

A 90年代の日本語ラップは「これぞヒップホップ」という定義をラップしていた印象がありますね。「これが俺たちのやり方」というスタイルで、ヒップホップの文化をエデュケーションする。

B 同感です。90年代~2000年初期はアメリカのヒップホップの影響が色濃く反映された時代で、ある種の啓蒙的側面があったと思います。

C そして、リリックは練りに練られた印象。例えばNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのような、見た目がいかつく、どう見ても一般的には怖い印象を与えるラッパーなのに、リリックはユーモアがあって面白い、というのが日本語ラップが盛り上がった醍醐味のひとつだったように感じます。

D 今でこそ柔和なイメージを持たれているRHYMESTERやZeebraも、当時はハードコアな風貌に見られていたわけで、“揺るぎないかっこよさ”を露呈し、ヒップホップという文化を築こうと鼓舞していたんですよね。その「ヒップホップはこうあるべき」といったエデュケーションスタイルが廃れたわけではないですけど、2010年を前後にリリックの内容にも変化が出てきましたよね。

A 05年以降、SEEDAやANARCHYのデビューでだいぶ変化が起きたんじゃないでしょうか。「生活保護」といった言葉がリリックに登場したり、不遇な環境から抜け出そうと自らを奮い起こす内容がラップされるようになりましたね。

D すべてのラッパーがそうじゃないので語弊があるかもしれませんが、90年代のラッパーのリリックは誇張された夢物語をラップしていた部分もあると思うんですね。高級車に乗りたい、女性をはべらせたい、イリーガルな人生を送っている――。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』