サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 令和の【日本語ラップ】を考える

――炎上からの発禁や回収を恐れてか、メジャー/インディ問わず、歌詞における自主規制問題が氾濫する昨今。本稿では、過激な内容が飛び交う日本語ラップのリリックに焦点を定め、平成の炎上から令和の流行までをレコード会社のA&Rを招き徹底討論――。すると、旧態依然とした業界の悪しき慣習も浮き彫りとなった。

1906_01_ANARCHY_320.jpg
ANARCHYの登場以降、レペゼン地方ヒップホップの都市名ではなく、「向島団地」などの特定の場所にもスポットが当てられるように。(本誌16年8月号より。写真/cherry chill will)

[座談会参加者]
A…芸能事務所音楽部門勤務
B…インディレコード会社勤務
C…メジャーレコード会社勤務
D…音楽出版社勤務

――令和を迎えたこともあり、幾度もムーブメントを起こした平成時代の日本語ラップにおけるスタイルやリリックの流行り廃りを振り返ってみたいと思います。

A 90年代の日本語ラップは「これぞヒップホップ」という定義をラップしていた印象がありますね。「これが俺たちのやり方」というスタイルで、ヒップホップの文化をエデュケーションする。

B 同感です。90年代~2000年初期はアメリカのヒップホップの影響が色濃く反映された時代で、ある種の啓蒙的側面があったと思います。

C そして、リリックは練りに練られた印象。例えばNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのような、見た目がいかつく、どう見ても一般的には怖い印象を与えるラッパーなのに、リリックはユーモアがあって面白い、というのが日本語ラップが盛り上がった醍醐味のひとつだったように感じます。

D 今でこそ柔和なイメージを持たれているRHYMESTERやZeebraも、当時はハードコアな風貌に見られていたわけで、“揺るぎないかっこよさ”を露呈し、ヒップホップという文化を築こうと鼓舞していたんですよね。その「ヒップホップはこうあるべき」といったエデュケーションスタイルが廃れたわけではないですけど、2010年を前後にリリックの内容にも変化が出てきましたよね。

A 05年以降、SEEDAやANARCHYのデビューでだいぶ変化が起きたんじゃないでしょうか。「生活保護」といった言葉がリリックに登場したり、不遇な環境から抜け出そうと自らを奮い起こす内容がラップされるようになりましたね。

D すべてのラッパーがそうじゃないので語弊があるかもしれませんが、90年代のラッパーのリリックは誇張された夢物語をラップしていた部分もあると思うんですね。高級車に乗りたい、女性をはべらせたい、イリーガルな人生を送っている――。

C 練りに練られた時代のリリックは、考えに考えられた左脳的なものであって、変化が起きた時代からは、そのまま体から自然と出てくる言葉を瞬時的に落とし込む右脳的なものになったと感じています。そういった意味では、SEEDAやANARCHYの台頭があって、特に10年以降はKOHHの登場によって劇的に変わりましたよね。「タトゥー入れたい」(14年)はまさにそうだと思うし、DJ TY-KOHの「バイトしない」(16年)やTajyusaim boyzの「リボで買う。」(18年)なんかもそう。また、彼らが台頭する以前の日本語ラップは、一緒につるんでいる連中を「クルー」と呼んでましたけど、今の若いラッパーたちは「仲間」って言いますよね。それ以前はメンバーや仲間のことをクルーやスクワッドと呼称していましたが、今は「かっこいいことを体現しているのが当たり前」という大前提があるからこそ、背伸びした言葉も用いずに仲間と呼ぶ。気心の知れた仲間と楽しく金を稼ぐ――BAD HOPを筆頭に、今のヒップホップ・グループは、まさにそんな感じじゃないでしょうか。

A 純粋に「ヒップホップを楽しんでいる」ことをラップしてますもんね。

D 確かに一昔前までの日本語ラップのタイトルだと、実際に曲を聞いてみないとどんな内容をラップしているのかわからないものも多かったけど、今のアーティストの曲は、ある程度タイトルから内容を察することができます。

C 逆に廃れた文化は「感謝系」や「家族愛」ラップ、他ジャンルと積極的にかかわろうとする傾向ですかね。90年代に台頭したラッパーは、少なからずロックをはじめとする他ジャンルの影響も受けてますけど、10年代以降のラッパーは物心ついた頃から日本語ラップは存在している。その差は大きいと思います。

B 昔と今じゃ経済状況も違えば、政治の在り方も違いますからね。90年代に20代だったラッパーと、10年代の20代ラッパーの価値観や思考が違うのは当然ですけど、たとえリリックの内容が変わっても「自分らなりの正しい意見を述べる」という根幹はずっと筋が通ってる。

――そうしたスタンスだからこそ、時に過激なリリックが飛び交うこともヒップホップの醍醐味かと思います。アーティストを育成、マネジメントする側としては、どのような言葉にアンテナを立てていたのでしょうか?

A まだインターネットがなかったから炎上することも少なかったんでしょうけど、差別的な言葉は――例えばビッチやホモなど――いちリスナーとしてもあまり好ましくなかったです。帰国子女の友人は「なんで日本は街中やテレビからファックやビッチとかが聞こえてくるの?」と驚いていましたしね。海外のラップはペアレンタル・アドバイザリー【編註:「未成年者に対して相応しくない露骨な内容が含まれている」ということを示す勧告】が当たり前ですけど、ラジオやテレビで流すときは、対象となる言葉をミュートしたりピー音にしたラジオ・バージョンを作成する。でも、日本の場合はそこまで問題意識が定着していなかったこともあってか、普通にゴールデンの番組でキングギドラが「ビッチ」(「F.F.B.」/02年)と歌っていたり、『リンカーン』(TBS系)では「練マザファッカーのみなさん」と普通にテロップで紹介されて出演していたり。しかも、いまだに日本ではテレビもラジオも「ファック」は歌っても構わないとされているんですよ。日本の音楽もグローバル化しているのに、いまだに規制、対処されない不思議さはあります。

D 私はたとえ汚い言葉を用いたとしても、それに確実に意味があるのなら、アーティストの意見を尊重しています。ただ、「かっこつけたいだけ」「なんとなくその言葉がハマる」という理由であれば、「別の言葉でも十分補填できる」と伝える。いずれにしても必ずディスカッションの場は設けていますね。

B 私は「殺す」とかバイオレンスな言葉にはアンテナを立てますね。“ヒップホップあるある”だと思うんですけど、曲はとてもハッピーに聞こえるのに歌ってるリリックはえげつなかったり、逆におどろおどろしいトラックなのにラップしてる内容は超ポジティブといったこともあるので、迂闊に曲調だけで判断できない。また、作品は記録として残るものですから、リリースしてしまったら後戻りはできないわけです。さらに一度炎上してしまったら証拠はネットから消滅することはないので、昔のように回収するだけで済まされない。作品を発表するということは、そういった責任が確実に生じますからね。

A 昔はCDだけだったから、記録として残される場所が「ファンの手元」だったんですよ。でも、今は動画サイトやサブスク(リプション)もあるから、容易に不特定多数へ拡散されてしまう。なので、さっきも話したように、たとえCDでは汚い言葉を使用していても、不特定多数に届くメディアにおいては、ラジオ・バージョンを作っておいたほうが親切だと思います。まだ幼い子どもが「ファック! ファック!」って笑顔で歌っていたら、たとえ自分の手がけたアーティストの曲だったとしても、ちょっと複雑な気持ちになっちゃうので。

D TPOをわきまえることが大事。すべてが右に倣えになってしまったら、「ヒップホップも優等生になったな」と揶揄するリスナーが噴出するのは目に見えてますからね。

リリックがOKでも映像描写に問題!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ