サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 令和の【日本語ラップ】を考える

――炎上からの発禁や回収を恐れてか、メジャー/インディ問わず、歌詞における自主規制問題が氾濫する昨今。本稿では、過激な内容が飛び交う日本語ラップのリリックに焦点を定め、平成の炎上から令和の流行までをレコード会社のA&Rを招き徹底討論――。すると、旧態依然とした業界の悪しき慣習も浮き彫りとなった。

1906_01_ANARCHY_320.jpg
ANARCHYの登場以降、レペゼン地方ヒップホップの都市名ではなく、「向島団地」などの特定の場所にもスポットが当てられるように。(本誌16年8月号より。写真/cherry chill will)

[座談会参加者]
A…芸能事務所音楽部門勤務
B…インディレコード会社勤務
C…メジャーレコード会社勤務
D…音楽出版社勤務

――令和を迎えたこともあり、幾度もムーブメントを起こした平成時代の日本語ラップにおけるスタイルやリリックの流行り廃りを振り返ってみたいと思います。

A 90年代の日本語ラップは「これぞヒップホップ」という定義をラップしていた印象がありますね。「これが俺たちのやり方」というスタイルで、ヒップホップの文化をエデュケーションする。

B 同感です。90年代~2000年初期はアメリカのヒップホップの影響が色濃く反映された時代で、ある種の啓蒙的側面があったと思います。

C そして、リリックは練りに練られた印象。例えばNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのような、見た目がいかつく、どう見ても一般的には怖い印象を与えるラッパーなのに、リリックはユーモアがあって面白い、というのが日本語ラップが盛り上がった醍醐味のひとつだったように感じます。

D 今でこそ柔和なイメージを持たれているRHYMESTERやZeebraも、当時はハードコアな風貌に見られていたわけで、“揺るぎないかっこよさ”を露呈し、ヒップホップという文化を築こうと鼓舞していたんですよね。その「ヒップホップはこうあるべき」といったエデュケーションスタイルが廃れたわけではないですけど、2010年を前後にリリックの内容にも変化が出てきましたよね。

A 05年以降、SEEDAやANARCHYのデビューでだいぶ変化が起きたんじゃないでしょうか。「生活保護」といった言葉がリリックに登場したり、不遇な環境から抜け出そうと自らを奮い起こす内容がラップされるようになりましたね。

D すべてのラッパーがそうじゃないので語弊があるかもしれませんが、90年代のラッパーのリリックは誇張された夢物語をラップしていた部分もあると思うんですね。高級車に乗りたい、女性をはべらせたい、イリーガルな人生を送っている――。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs
    • 日本で【SDGs一大ブーム】の理由
    • SDGsの【17項目】のおさらい
    • SDGsを推し進めるのは【戦コン】?
    • 【ユニクロ】ファッションと人権問題
    • 【米中関係】から見るウイグル問題
    • 世界のサステナブル【大麻ビジネス】
    • 大麻政策のための【2030アジェンダ】
    • 【古坂大魔王】SDGs推進の内幕
    • 【SDGsソング】寸評会
    • SDGs曲【Lige goes on】制作秘話
    • 【SF思考】が世界で注目を集める理由
    • 【ジブリ】を見れば、17目標がわかる!?
    • スタジオジブリ作品の【持続可能性】
    • 【高畑勲・宮崎駿】と若手監督との違い
    • 【マーベル】の新ヒーロー像
    • 貧困に肉薄する【ドキュメンタリー】
    • 【グレタさん叩き】と日本の社会意識
    • アジェンダ21と【陰謀論】
    • SDGs関連の【国連】陰謀論

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報