サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > ヒロインは美人だけじゃない【1】/【ブス作品】とルッキズムの関係

――“美人”の対義語として、広く使われている“ブス”という言葉。特に女性の容姿を侮蔑する表現として非難のやり玉に挙がる一方で、近年では“ブス”をヒロインとした作品も多く生まれ始めている。こうした一種の“ブス”ブームの背景にあるものとは、一体なんなのだろうか? 女性識者らの意見と共に探っていく。

1903_obusu_coloured_fixed_320.jpg
(イラスト/しまはらゆうき)

 今回の特集テーマは“美人”だが、本稿ではその対義語とされている“ブス”という言葉や概念に着目してみよう。というのも、近年、日本のコンテンツ業界、特に女性向けの分野では“ブス”を主要なキーワードとして扱う作品がじわじわと増えつつある。中でも、主人公であるヒロインが“ブス”という設定の作品が存在感を発揮し始めているのだ。

 特に顕著なのがマンガ作品においてで、冴えない容姿のヒロインがクラスの人気者の男子と距離を近づけていく『ブスに花束を。』(KADOKAWA)、やはり“不細工”な女子がヒロインの『圏外プリンセス』(集英社)といったタイトルが挙がる。

 また、原作人気から実写化されるマンガ作品も多い。醜いヒロインが美しい女と顔を入れ替えながら女優としての成功を目指す『累』(講談社)は昨年、実写映画化され話題に。同じように、容姿端麗な少女と「ブス」と呼ばれる少女が体を入れ替える『宇宙を駆けるよだか』(集英社)も、昨年Netflixにてオリジナルドラマとして公開された。

 こうした“ブス”作品はマンガだけにとどまらない。小説界隈からも、「自他ともに認める“絶世のブス”ながら、気立ての良さでウェディングプランナーとして活躍する」女性がヒロインのライト文芸『Bの戦場』(集英社)がヒットし、今年3月には実写映画の公開を控えている。

 このように、ヒロインが明確に“ブス”“不細工”と表現される作品が人気を博し、人気女優や女性芸人が主演を務めるメディアミックスの対象にもなっている、という事実は興味深い。

“ブス”は炎上と隣合わせ! ルッキズム批判という潮流

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』