サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > ヒロインは美人だけじゃない【2】/傑作【ブス主人公】作品レビュー

――“ブス作品”が描き出そうとしているものとは一体なんなのか? 『人生を狂わす名著50』(ライツ社)などで知られる書評家の三宅香帆氏に“ブス作品”4作の短評を執筆してもらった。

1903_P054-059_column001_230.jpg

[小説] 木嶋佳苗事件がモチーフに
【1】『BUTTER』

著者:柚木麻子
出版社:新潮社
価格:1728円(税込)
刊行年:2017年

『ランチのアッコちゃん』(双葉社)や『ナイルパーチの女子会』(文藝春秋)など、女性性をテーマに据えた作風で知られる作家・柚木麻子氏による長編小説。週刊誌の記者として働く町田里佳は、かつて交際していた男性3人の殺害容疑で逮捕された梶井真奈子、通称「カジマナ」への取材を試みるも、面会を通じて徐々に「カジマナ」の影響を受けていき……。なお、本作について木嶋佳苗は自身のものとされるブログ上で批判を展開している。第157回直木三十五賞候補作。

[三宅評]
本書には、通称「婚活殺人事件」の犯人である木嶋佳苗氏をモデルにした「カジマナ」という女性が登場する。ブスだけど色気がある、ブスだけどモテる……本書の中では、カジマナに対して「なんでブスなのに愛されてるの?」と男性も女性も疑問を抱く。実際、カジマナを愛する男性たちは、カジマナを崇拝しつつどこかで「ブスなのに俺は好きになってやった」と蔑視を向ける。そしてカジマナ自身も「こんな技に引っかかるなんてちょろい」と男性たちを下に見る。恋愛とはそもそも対等な関係の延長線上にあるはずだが、「容姿に恵まれない女性が愛されている」だけで、そこに上下の関係を作り出してしまう人々がいることを、『BUTTER』は発見している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』