サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > ヒップホップ作品が量産される理由【2】/傑作【ヒップホップ】動画10選
第1特集
ヒップホップ作品が量産される理由【2】

スヌープ・ドッグがスポーツの熱血コーチに!――Netflixのオリジナル動画傑作10選

+お気に入りに追加

――豪華な出演陣だけに頼らぬ、独自の視点と物語の奥深さがヒットの鍵! ※()内は公開日

1812_01_The_Get_Down_250.jpg

■ヒップホップのタブーにも挑む
『ゲットダウン』
原題『The Get Down』(16年8月)

1977年のニューヨーク・ブロンクスを舞台に繰り広げられる青春ドラマであり、壮大なヒップホップ・オペラ的作品。『華麗なるギャツビー』などで知られるバズ・ラーマンが企画・制作総指揮を務め、まだ“ヒップホップ”という言葉が誕生する以前の、これから新しいムーブメントが始まるという期待と高揚感を見事に映像で表現している。時代考証などもほぼ完璧で、70年代のブロンクスの街並みを忠実に再現するために、セットや衣装などにも高額の予算を投入している。

1812_02_HipHop_Evolution_250.jpg

■星野源も太鼓判を押す高水準さ!
『ヒップホップ・エボリューション』
原題『Hip-Hop Evolution』(16年9月)

もともとはカナダのHBOにて放映されたヒップホップの歴史を追ったドキュメンタリーであるが、その後、ネットフリックス・オリジナルとして独占配信し、今年からシーズン2も公開されている。ラッパーやDJ、プロデューサーなど、当事者のインタビューを中心に構成され、ヒップホップ誕生から進化への過程も描き、さらにロサンゼルスやマイアミ、ベイエリアなどへの広がりを経て、最後は90年代のニューヨークへ戻る流れはお見事。『ゲットダウン』とセットで見ておくべき作品だ。

1812_03_Luke_Cage_250.jpg

■音楽としてのヒップホップの芸術性
『Marvel ルーク・ケイジ』
原題『Marvel's Luke Cage』(16年9月)

『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』などマーベルコミックスを原作とした人気シリーズの一環として制作されたアクションヒーローもの。物語の舞台はハーレムで、ヒップホップ・カルチャーが絶妙なスパイスとして機能している。中でも特筆すべきは音楽で、ア・トライブ・コールド・クエストのアリ・シャヒードとプロデューサーのエイドリアン・ヤングが手がけるサントラは絶品。さらに本文でも記した通り、ヒップホップ、R&B、ファンク、レゲエ、ジャズなどのライブシーンも必見だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』