サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 崩壊寸前!?【出版業界】の立て直し方

――出版不況といわれて何年もたつが、実際のところはどうなのだろうか? そこで出版取次、版元の書店営業、そして書店員の若手に集まってもらい、改善したほうがよい出版業界の古すぎる慣習、現場の人間だからこそわかる最近の売れ筋本について語ってもらった。

1807_P038-041_13974_520.jpg

[座談会参加者]
A…元・取次社員(26歳)
B…中堅出版社営業(25歳)
C…大型書店書店員(30歳)
D…個人書店書店員(29歳)

1807_P038-041_1st_300.jpg
(絵/かつまたひでゆき)

A: どうして、「本」の特集で巻頭企画がこれなの? そもそも、取次がどんな仕事をしているのか、一般の人は興味ないでしょ。

B: 書店員と出版社の営業はまだわかるけど、取次は「出版社と書店の間をつなぐ流通業者、つまり問屋ですよ」といわれても、裏方の仕事だから見当もつかないだろうね。

C: でも、こうして取次、営業、書店員が普段一堂に会することはないから、良い情報交換の場かも。この業界、若い人が少ないから、企画は置いといて普通に友達になりましょう。

D: イマドキの子は本は読んでも、書店には来ないからね。

A: それで自分はこの業界に絶望して辞めちゃいましたよ(笑)。だって、ぜんぜん本が売れない!

D: そうなんだよね。上の世代が言う、「本が売れていた時代」という、共同幻想を我々は知らない。

C: そんな慢性的に不況な業界に入ってきた我々が若手なりにこの業界について思うところと、そんな中でも売れている本を挙げていくというのが、今回の座談会の目的なんだよね? そうじゃないと、取引先が目の前にいるのにめったなこと言えないよ(笑)。

A: じゃぁ、冒頭から業界の地獄絵図を話しても明るくならないから、最近売れている本から始めようよ。

C: 『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)【1】は、シリーズ3冊とも好調だよね。

B: あっ、『続々ざんねんないきもの事典』は、次の重版が7月にずれ込むらしいよ。高橋書店が決算期の売り上げを良くするのと、在庫を抱えないのが目的なんだって。

C: えー! もったいぶってないで早く出してよ。もう、バカぁ。

D: あとは、やっぱり今年の本屋大賞の『かがみの孤城』(ポプラ社)【2】、下重暁子の『極上の孤独』(幻冬舎)【3】は、どこの書店もレジ前で大きく展開している。

1807_P038-041_13966_300.jpg

B: 産経新聞論説委員・河合雅司の2作目、『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』(講談社)【4】も予想通り順調だね。あと、最近、プロモーションがうまいと思ったのは『横浜駅SF』(KADOKAWA)【5】。いつも工事中の横浜駅が増殖していくというライトノベルなんだけど、KADOKAWAは実際に横浜駅で小説のように横浜駅が増えていく様子をAR化したんだよ。しかも、横浜駅周辺の書店は改札口なんかを置いたりして、相当プロモーションしたから、かなり売れたらしい。

C: 実用書になっちゃうけど『Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!』(Linkage Club)【6】は書店での販促が上手。お店で実際の音源を流しているんだけど、質問を出しても答えは言わずに「正解は何ページ」みたいに宣伝するから気になっちゃう。品出ししながら聞いていると「あれ? わかんない」ってなるよね。

B: しかも、結構煽る。「初級レベルだと、これくらいならわかりますよね?」みたいな(笑)。

C: それと、いまだに『信仰の法』(幸福の科学出版)なんかの新宗教の本も、ベストセラーの上位に入ってしまうよね。

A: ただ、『人間革命』(聖教新聞社)は最近、信者がSEIKYO onlineで注文するから、書店の受注数は減っている。それを減らさないために取次は、わざわざ刊行される際は聖教新聞社の説明会に出て頭を下げているんだ。

D: 新宗教系の本って大型書店は「どんな本でも広くそろえていますよ」と、アピールするために置くけど、逆に小さな書店だと目立つから、置き過ぎると信者なのかと思われるかも。

A: 本にかかわる人はよく「文化」って言葉を出すけど、我々の給料はそういう本に支えられているわけだし、我々にとって本は特別な物かもしれないけど、多くの人にとってはそうじゃないことをもっと認識すべきだよ。

C: 給料でいうと、書店員のバイトは基本的に最低賃金だし、最低賃金が上がると経営が厳しくなるといわれているぐらい、よくない。

B: 書店に限らず、業界全体がそういう状態だから、倒産する出版社も出てくる。それで、ある出版社が潰れそうだという噂が流れると、書店はその版元の本を、取次の定めた返品期限内に必死で返すんだよね。

C: でも、それで戻せなかったら、不良在庫として書店で買い取ることになっちゃう。それをバーゲンセールなんかで売るしかないんだけど、それでも売れないから書店の倉庫には、いわゆるバーゲンブック、B本の棚がある。

D: あと、書店員が毎年苦しむのは、販売ノルマが課せられる『新春すてきな奥さん』(主婦と生活社)。これを1冊買うとおまけで何冊もB本が入った、福袋みたいなのが付いてくるんだけど、なんで、これまだやっているの?

B: それと、他誌で余った付録とかね。今年は『おそ松さん』の付録が多かった。

A: 当然売れないんだけど、版元はなんとしてでも売れと報奨金までかけている。しかも、買い切りだから書店も頑張って売るしかないわけだけど、ノルマ達成できなかったら、店長が買い取ることになり、逆にノルマを達成すると翌年はさらに冊数を上乗せされるので地獄。

C: まぁ、売る分には別にいいよ。それよりも、いまだに万引き被害が大きい。本の粗利率は20%くらいだから、1冊盗まれたら5冊売らないと補填できない。

1807_P038-041_13958_300.jpg

A: その話でいうと、是枝裕和監督の映画『万引き家族』のノベライズ版【7】。予告映像で、ちょこちょこ万引きするシーンがあるんだけど、それを販促映像として書店で流すことで「万引きを誘発するのでは?」と、書店員が不安がっているらしい(笑)。

D: 一方で、刑務所に入りたくて万引きする人もいる。軽犯罪を重ねて、捕まえてほしいからわざとわかりやすいように盗むんだよね。

A: もう、それは出版不況というよりも、ただの貧困だよ……。

Amazonは敵じゃない? 改善すべきは古い慣習

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ