サイゾーpremium  > 特集  > IT  > スラムと【マフィアとグロ動画】
第1特集
動画共有サイトにはびこるマフィア動画

日本で“100万PVを稼ぐ動画”の正当性――現実を映すことは正義か非道か、マフィアと過激動画の真実

+お気に入りに追加

――本誌2016年10月号でリポートした『なぜ、人はグロ動画に惹きつけられるのか? 死刑から事故、死体動画まで網羅“世界一過激な動画”サイトの世界』では、一部の好事家から支持されるグロ動画をメディア論の文脈から趨勢をひもといてきた。今回は“マフィアがアップロードするグロ動画”のそれを見ていきたい。

1805_mafia1_300.jpg
過激動画がアップされることで有名な「Best Gore」。

 上半身裸の状態で拘束されている2人の男性。目隠しを外されたのは父親、さるぐつわをかまされているのは息子で、2人は共に警察官だという。取り囲む男たちはまず父親を棒で殴打し、ナイフで喉を切り裂く。さらには息子の横で、その首を胴体から切り離す。

 残酷な所業はこれだけでは終わらない。父親の首なし死体の横に転がされた息子は、全身をナイフで抉られ、内臓を引き出されていく。その心臓とほかの臓器をつなぐ血管が切れたところでようやく息子は事切れ、取り囲んでいた男はその心臓にナイフを突き立てる──。 

 これは、決して映画の残虐シーンではない。海外の過激動画サイト「Best Gore」に掲載された、実際に起こったとされる残酷動画である。撮影されたと見られているのは、メキシコのゲレーロ州。メキシコでは、「麻薬カルテル」と呼ばれる犯罪組織が、巨大な勢力を持っている。警察がカルテルと癒着し、腐敗している一方で、カルテルに逆らう警察官を標的にした、動画のような残酷な処刑をする事件が後を絶たない。さらに、最近ではその動画をネットにアップし、世界中の人々の目に触れさせるやり方が、当たり前のようになっている──。

 このような動画を数多く、発掘、紹介しているのは、ハイグレードなエキサイティングメディア「トカナ」の編集者である大澤優貴氏。過激動画の背景について次のように語る。

「こういった動画は、YouTubeでは規制にひっかかるため掲載することができません。過激な動画をそのまま配信することで知られる『LiveLeak』などのサイトにアップされ、そこから広まっていくことが多い」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』